« ヘドウィグ・アンド・アングリー・インチ | トップページ | 10月の旅行(長泉) »

スーパー歌舞伎『ワンピース』

スーパー歌舞伎II(セカンド) 『ワンピース 』
新橋演舞場

原作 尾田栄一郎
脚本・演出 横内謙介
演出 市川猿之助
スーパーバイザー 市川猿翁

出演:
尾上右近 市川右團次 坂東巳之助 中村隼人
坂東新悟 市川寿猿 市川右近
市川弘太郎 坂東竹三郎 市川笑三郎 市川猿弥
市川笑也 市川男女蔵 市川門之助
平岳大 嘉島典俊 浅野和之

大変な事になってしまった『ワンピース』ですが、本当に本当に面白かった!
猿之助さん不在でも、変わらぬ感動を与えてくれる。
若手からベテランまで、みなが芝居をしっかり担っている。

素敵な時間が過ごせました。ありがとうスーパー歌舞伎!

スーパー歌舞伎といえば、宙乗りや本水のイメージが強いが、私にとっては旗と大ゼリ。
昔『ヤマトタケル』を観て、震える程格好良かった演出に、今も変わらず魂撃ち抜かれてます。

2年前の新橋演舞場の初演。
「ワンピースが歌舞伎?はぁ?」だったであろう大半の観客を、その圧倒的な魅力で捻じ伏せたワンピース歌舞伎。
演舞場、松竹座、博多座との航海を経てからこその、更に練り上げられた作品力と制作側の自信。

今回の非常事態を乗り越えようとしているのは、この芝居の底力であろう。

この芝居はオープニングとエンディングが良い。
もちろん派手な演出、アクションも見所だが、OPとEDが何とも言えない切ない気持ちにさせてくれる。
本編があれだけ忙しい内容なのに、凄く余韻のあるエンディングなのだ。
だからこそ何度も見たくなるし、熱狂的な観客を生み出したのだろう。

複数回見るので簡単に感想。

尾上右近くんのルフィ。
麦わらの挑戦の筈が、とんでもない大挑戦になりましたが、溌剌とした少年らしいルフィ。

特に二幕が良い。
可愛すぎる市川右近チョッパーとのやり取り。
生き生きとした宙乗り。
宙乗りの時の笑顔は無敵だ。

今回から参加、坂東新吾くん。ナミさん美脚すぎ。
可愛く健康的なお色気があって、原作のイメージに近い。

巳之助くん、安定の三役。
今回は特にスクアードが良い。
ボンちゃんはもはや至高。

隼人サンジの名乗りの台詞が初演と変わっている。
Mr.プリンスは原作の流れを受けて?
名乗りの台詞、全員分覚えたい。

隼人くんは三役になった事で、水の立ち廻り、宙乗りと大忙し。

皆さん一生懸命で嬉しいが、怪我なく2ヵ月乗り切って欲しい。

三幕。白ひげ海賊団が大ゼリに乗って登場する場面は、鳥肌ものの格好よさ。
スーパー歌舞伎は何と言っても大ゼリ!

スーパー歌舞伎の伝統、炎を表現する旗アクション。
照明といい、更にパワーアップ。

照明は原田保さん。
豊洲の髑髏城が劇場の機構の為か、いつもの新感線より照明が物足りないのですが、スーパー歌舞伎で原田さんの照明の凄さを満喫出来ます。

2017年版のワンピース歌舞伎も、とてもとても面白い。
また見に行くぞ!

« ヘドウィグ・アンド・アングリー・インチ | トップページ | 10月の旅行(長泉) »

芝居・歌舞伎、古典等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スーパー歌舞伎『ワンピース』:

« ヘドウィグ・アンド・アングリー・インチ | トップページ | 10月の旅行(長泉) »

リンク

無料ブログはココログ
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31