« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月の14件の記事

2017年10月31日 (火)

『髑髏城の七人』Season風 10/28マチネ

劇団☆新感線 『髑髏城の七人』 Season風 10/28マチネ
IHIステージアラウンド東京 前方上手

作 中島かずき
演出 いのうえひでのり
出演 松山ケンイチ / 向井理 / 田中麗奈 / 橋本じゅん / 山内圭哉 / 岸井ゆきの / 生瀬勝久 / 他

ライブビューイング以来の風髑髏。

続きを読む "『髑髏城の七人』Season風 10/28マチネ" »

2017年10月30日 (月)

本日のワンピース歌舞伎

ワンピース歌舞伎、10月最後の公演に凄いサプライズ。
私もその場に居たかった!

SNS等で猿之助さんの様子は、色々な方が発信してくれてるけど、
お元気な姿を直接見られるというのは、ファンにとっては何よりも嬉しい事。

11月公演も頑張れ、ワンピース歌舞伎

 

骨折休演中の市川猿之助が電撃登場!

2017年10月27日 (金)

『オーランドー』 2回目

『オーランドー』
新国立劇場 一階最後列

作:ヴァージニア・ウルフ
翻案・脚本:サラ・ルール
翻訳:小田島恒志/小田島則子
演出:白井晃
出演:
多部未華子/小芝風花/戸次重幸/池田鉄洋/野間口徹/小日向文世
演奏:
林正樹/鈴木広志/相川瞳

16世紀のイングランドに生を受けた少年貴族オーランドーは、エリザベス女王をはじめ、あらゆる女性を虜にする美貌の持ち主。しかし初めて恋に落ちたロシアの美姫サーシャには手ひどくフラれてしまう。傷心のオーランドーはトルコに渡る。その地で30歳を迎えた彼は、なんと一夜にして艶やかな女性に変身!
オーランドーは18世紀、19世紀と時を超えて生き続け、またもや運命の人に会い、それから、、、

KAATで観劇して、これは再観劇しなければと新国立劇場へ。
チケットが残っていなくて一階の最後列でしたが、再観劇して良かったです。

出演者6人+生演奏3人。
なのに非常に密度の濃い舞台。

何度見ても素敵な時間でした。

続きを読む "『オーランドー』 2回目" »

2017年10月24日 (火)

祝!DeNAベイスターズ

ベイスターズ、クライマックスシリーズ勝ち抜け。
祝!日本シリーズ進出。

あの阪神との大雨の泥沼試合を制し、移動日無しのファイナル。
広島での雨天中止が恵みの雨になったのか。
ラミレス監督の采配が神懸ってたわ。

色々言われるCSですが、とにかく面白い試合だった!
やはり野球は楽しい。

勝った後も横浜の選手、落ち着いてたのに感心。
日本シリーズが楽しみだ。

そういや横浜はDHは誰になるんだ?
ウィーランドとか…。

祝!BANANA FISHアニメ化

Kimg1716

私、ドラマCD持ってます(自慢)。
もちろん古田新太ブランカ目当て。
演劇ファンにはたまらない配役。

古田さん、成志さん、生瀬さん、じゅんさん、蔵之介さん、さとしさん、そして京晋佑さん!

2017年10月23日 (月)

『霊験亀山鉾』

国立劇場十月歌舞伎公演『霊験亀山鉾
国立劇場 大劇場

作:四世鶴屋南北
監修:奈河彰輔
補綴:国立劇場文芸研究会

出演:片岡仁左衛門、中村歌六、中村又五郎、中村錦之助
片岡孝太郎、中村歌昇、中村橋之助、中村梅花、片岡松之助
上村吉弥、坂東彌十郎、中村雀右衛門、片岡秀太郎 ほか

台風の中、国立劇場へ。
仁左衛門さん出て来た時の客席の沸き方が凄い。

続きを読む "『霊験亀山鉾』" »

楽天シーズン終了

ファイナルステージ VSホークス
2勝4敗で敗退

三本柱で勝も出来ないとは…。

さすがにファイナルステージ勝ち抜けは難しいと思ったが、2連勝したのでファンも欲が出た。
でもファーストステージ勝ち抜けたのは、ホント嬉しかったです。

ファーストステージ第2戦の所沢市長の挨拶がちょっとね…。
所沢は親戚がいるので、小さい頃からよく行っていたから、印象悪くなったのは残念。

今年は美馬ではじまり美馬で終わった一年でした。
最後の負け方は残念でしたが、ここまで試合見られて、楽しい一年間でした。
イーグルスの皆さん、お疲れさまでした。

福山投手と高梨投手が今シーズンのMVPです。
特にルーキーの高梨くん。ドラフト9位よ!
給料たくさんアップしてあげて下さい。

2017年10月21日 (土)

10月の旅行(長泉)

10月の連休は恒例の長泉へ行きました。

金曜に仕事終わってそのまま新幹線で三島へ。
三島駅で日本酒飲んで、お寿司食べて、おむかえバスで温泉へ。

01 02_11

2日目、雨でちょっと散歩に行ったくらいで何もせず。

夜はコース料理。
アミューズ、カッペリーニ
デッドクスサラダ、オニオンスープ、和風クリームパスタ、
ホタテ貝のロースト、牛フィレ肉のソテー、デザート。

03 04

05 06

今月も美味しい。デドックスサラダが最高。

3日目、午後から長泉山荘のお風呂へ。

07 08

此処の露天風呂好きすぎ。
お庭もいつも綺麗。

4日目は帰りに小田原へ。
鳥ぎんで焼き鳥と釜飯。とても美味。
日本酒はにごり酒です。良いお味。

10 09

11 12

食べて、温泉に入るだけの旅でした。

2017年10月16日 (月)

スーパー歌舞伎『ワンピース』

スーパー歌舞伎II(セカンド) 『ワンピース 』
新橋演舞場

原作 尾田栄一郎
脚本・演出 横内謙介
演出 市川猿之助
スーパーバイザー 市川猿翁

出演:
尾上右近 市川右團次 坂東巳之助 中村隼人
坂東新悟 市川寿猿 市川右近
市川弘太郎 坂東竹三郎 市川笑三郎 市川猿弥
市川笑也 市川男女蔵 市川門之助
平岳大 嘉島典俊 浅野和之

大変な事になってしまった『ワンピース』ですが、本当に本当に面白かった!
猿之助さん不在でも、変わらぬ感動を与えてくれる。
若手からベテランまで、みなが芝居をしっかり担っている。

素敵な時間が過ごせました。ありがとうスーパー歌舞伎!

スーパー歌舞伎といえば、宙乗りや本水のイメージが強いが、私にとっては旗と大ゼリ。
昔『ヤマトタケル』を観て、震える程格好良かった演出に、今も変わらず魂撃ち抜かれてます。

続きを読む "スーパー歌舞伎『ワンピース』" »

2017年10月15日 (日)

ヘドウィグ・アンド・アングリー・インチ

『「ヘドウィグ・アンド・アングリー・インチ」スペシャル・ショウ』
東急シアターオーブ

作:ジョン・キャメロン・ミッチェル
作詞・作曲:スティーヴン・トラスク

出演:
ジョン・キャメロン・ミッチェル 中村中

2008年6月21日の中野サンプラザ以来のジョンだよ!
(日付合ってますよね?)

続きを読む "ヘドウィグ・アンド・アングリー・インチ" »

2017年10月 9日 (月)

頑張れ、ワンピース歌舞伎

連休で温泉行って帰ってきたら、衝撃的なニュース。

市川猿之助が左腕骨折で歌舞伎「ワンピース」降板、代役に尾上右近

私はまだ今回のスーパー歌舞伎『ワンピース』は見ていないのですが、
漏れ聞こえてくる感想を見ると、本当に良いものを創ろう、お客さんをとことん楽しませようというのが感じられて、自分が見に行く日が凄く楽しみでした。

猿之助さん、あせらずじっくり怪我を治して下さい。

お客である私は、ワンピース歌舞伎を変わらず見に行きます。
そしてとことん楽しむぞ!

しかしスッポン怖い…。
2003年の阿修羅城の時、染五郎さんの履物が挟まれかけたの見たのよ…。
その後裸足で立ち廻りしてました。

どの舞台も事故や怪我、アクシデントが無い事を祈ります。

2017年10月 7日 (土)

髑髏城の七人 風 ライブビューイング

劇団☆新感線3度目のライブビューイング。

花髑髏は丸の内TOEIで見たが、今回は東宝シネマズ日本橋で。
スクリーン7だったので、一番大きな所かな?客席は満員。
音も良い、画面も大きいと、絶好の環境でした。

風髑髏を見るのは、幕が開いてすぐの18日以来。
やはり芝居全体のテンポが全然良くなっていた。
荒武者隊、髑髏党の方々、動きもきびきびしているし、チームワークばっちり。
アンサンブルさん、とてもとても重要。

主要キャストでは沙霧を演じた岸井ゆきのさん、めちゃめちゃ良くなってた。
好感の持てる可愛らしさ、元気さ。
そして捨之介が大好きな気持ちが凄く伝わってきた。

風は何が良いって演出が良い。花、鳥と来て、ようやくこの特殊な劇場を使いこなした感じ。
セットは基本一緒なのだが、場面から場面への転換、スクリーンの使い方、とても効果的。

一番好きなのは、一幕で髑髏党が無界屋に乗り込む所。
裏手から無界屋への場面の移行がスムーズかつスリリング。
移動しながらの兵庫と蘭兵衛も良いし、捨之介と蘭兵衛の共闘格好良い。

前回も書いたが、花の捨蘭でカマイタチと闘う場面、見たかったよ!

ただ沙霧が過去を告白する場面、無界屋の裏手になったので、何か狭く感じる。
この場面、登場人物が多いからかな。

二郎衛門が冒頭の逃げる沙霧と絡むのはアオ以来?
この方が二郎衛門が最後に捨之介を見逃す展開に無理が無い。
(この場面の岸井沙霧の笑顔、大好き)

今回の脚本で唯一不満は、蘭×太夫の恋愛関係。風では要らないと思う。
アオ以前の髑髏城に乗り込む前に、兵庫と良いムードになる方が田中太夫のキャラクターにも合っている。

風LVについては、カメラワークがいまいち。
無界屋殺戮の場面など、何なのあの余計なカメラワーク。
もっと引きの映像が多くて良いのに。せっかくのダイナミックな舞台が勿体ない。

それでもやはり髑髏城は面白い。もう何回みたか判らないが、いつもドキドキさせられる。

次は今月末。前方席で回ってくるぞ!

2017年10月 3日 (火)

2017年10月の観劇予定

10月です。野球もポストシーズンです。
ひたすら楽天の応援をします。頑張ってくれ。
岩隈投手、DLから復帰ならず。手術もしたそうで…。
来季また元気でマウンドに戻ってくると信じてます。

今月はワンピース歌舞伎が開幕!
前回の演舞場公演、楽しかったなぁ。
お父さんに連れられた楽しそうな兄弟や、
桟敷席の若いカップルがハイタッチして貰ったりとか、
グッズ売り場がとんでもない混み方だったりとか。

シネマ歌舞伎の『ヤマトタケル』も10月末に上映されるので、一人でも多くの方に観て欲しいです。

『ヤマトタケル』 10/21(土)~10/27(金) 東劇他

10月の観劇予定です。
上がチケット確保済。下は検討中の芝居。

『スーパー歌舞伎 ワンピース』 新橋演舞場
『髑髏城の七人Season風』  ライブビューイング
『髑髏城の七人Season風』 IHIステージアラウンド東京
『トロイ戦争は起こらない』 新国立劇場
『ヘドウィグアンドアングリーインチ』 シアターオーブ
『オーランドー』 新国立劇場

国立劇場歌舞伎『霊験亀山鉾』国立劇場
名取事務所『奈落のシャイロック』
『絢爛とか爛漫とか-モダンガール版-』シアター風姿花伝

『オーランドー』は再観劇します。
歌舞伎座はどう頑張っても時間が取れないので諦めました。
今月はまた温泉に行きますので、羅列した演目全部観るのは無理でしょう。
美術展も行きたいし。

先月の観劇は以下の通り。美術展も行きました。

『ビリーエリオット』赤坂ACTシアター
『デスノートThe Musical』×2回 新国立劇場
『人間風車』 東京芸術劇場
『オーランドー』 KAAT 神奈川芸術劇場
『秀山祭九月大歌舞伎 』夜の部 歌舞伎座
『髑髏城の七人Season風』 IHIステージアラウンド東京

 

「ベルギー奇想の系譜展」Bunkamuraザ・ミュージアム
「月岡芳年 月百姿」太田記念美術館

「ベルギー奇想の系譜展」は大当たりだった。

9月、『オーランドー』がもちろん良かったのだが、
『ビリーエリオット』『デスノートThe Musical』とホリプロ主催のミュージカル2本も心に残る。
来日公演の『ファインディング・ネバーランド』も見たかった!

2017年10月 1日 (日)

『オーランドー』

『オーランドー』
神奈川芸術劇場

作:ヴァージニア・ウルフ
翻案・脚本:サラ・ルール
翻訳:小田島恒志/小田島則子
演出:白井晃
出演:
多部未華子/小芝風花/戸次重幸/池田鉄洋/野間口徹/小日向文世
演奏:
林正樹/鈴木広志/相川瞳

事前情報ほぼ入れずに観劇。
多部さんは白井さんの演出合いそう、くらいの感覚しか無かった。

開始してすぐに引き込まれる。
めちゃめちゃ面白い。

出演者はたった6人。
当然多部さん以外は何役も演じる。セットの転換も行う。
だけど舞台がまったくスカスカしない。

そして音楽が本当に素敵。
舞台上の空間も、耳に聞こえて来る台詞も音も、何もかもが心地よく五感を刺激する。

演劇らしい演劇。
出演者がみな上手い!

凄く満足度の高い芝居だった。
今の所、私的2017年後半観劇の1位か2位。

再観劇決定です。

続きを読む "『オーランドー』" »

リンク

無料ブログはココログ
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31