リンク

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 風髑髏ライブビューイング発表 | トップページ | 2017年9月の観劇予定 »

『八月納涼歌舞伎 二部』

『八月納涼歌舞伎 二部』0826_0_2

歌舞伎座 1階前方

一、修禅寺物語
二、東海道中膝栗毛 歌舞伎座捕物帖

良い席だったので、暑い中張り切って着物で行ったら、疲労困憊になりました。
密度の濃い、第二部でした。

第二部後半は、染五郎さんの弥次さん、猿之助の喜多さんの第二弾。
前回に引き続き、金太郎くん團子くんも出演。

江戸に帰ったきた弥次さん、喜多さん。
相変わらずお金が無くて、歌舞伎座でアルバイト。
「四の切」の初日を前に殺人事件が起こり…という筋立て。

第二弾「歌舞伎座捕物帖」、単純に面白かったです。
弥次さん、喜多さんが旅してないと言ったらそれまでなのですが、私は第一弾よりスッキリした作りで好きです。

劇中劇で「四の切」が演じられるのですが、抜擢される若い芳沢綾人が隼人くん。静を演じるライバル瀬之川伊之助が巳之助くん。
巳之助くんが赤姫の衣装で、ブチ切れまくりで大爆笑。
普段は仲良しの2人がライバル関係なのも面白い。

2人が狐忠信を演じる場面、とても丁重に演じてて、猿之助さんが教えたのでしようか。
若い2人への愛情を感じて、嬉しくなりました。

團子くん「将来やりたい」
猿之助さん「10年早い!」なんてやり取りもくすりとさせる。

配役が発表された時から話題だった「座元釜桐座衛門」。もちろん昆虫大好き中車さんのお役。
この名前に合わせて、紋が全てカマキリ!
義太夫さんたちの裃、見台、その他細かい所にもカマキリ紋。
揚幕にもカマキリ。揚幕は撮影OKでしたので、終演後みな撮影してました。

Aパターン、Bパターンと犯人が違う結末が2種類。
私が観た日はBパータン。
お蝶の児太郎さん、色っぽかった!

門之助さん、笑三郎さんの義太夫三味線コンビ。
寿猿さん、竹三郎さんのベテランコンビ。
みな良い感じ。

三部に備えて早々に退散する、勘九郎・七之助兄弟も印象に残る。

最後は弥次喜多が荒法師になって宙乗り。
2人の荒法師という貴重なものが見られました。

宙乗りの所、門之助・笑三郎コンビがちゃんと義経と静の型で見送るの!

面白いだけではなく、何だか心が温かくなる弥次喜多でした。

千秋楽のレポ読んで、楽行けば良かったと後悔…。

« 風髑髏ライブビューイング発表 | トップページ | 2017年9月の観劇予定 »

芝居・歌舞伎、古典等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/71579547

この記事へのトラックバック一覧です: 『八月納涼歌舞伎 二部』:

« 風髑髏ライブビューイング発表 | トップページ | 2017年9月の観劇予定 »