« NHK正月時代劇は三谷さん | トップページ | なんでじゃー! »

八月納涼歌舞伎 第三部

八月納涼歌舞伎 第三部 
野田版 桜の森の満開の下 
歌舞伎座 1階席より

夢の遊眠社版は未見。
2001年に新国立劇場で上演された版(堤さん&深津さん)は見ています。 

自分は実際野田さんの演じた耳男は見ていないけど、勘九郎さんの耳男は何故だか野田秀樹さんの色を強く感じた。
勘三郎さんが以前から歌舞伎にしたいと演目で、長男である勘九郎さんが、野田さんの演じた耳男を蘇らせる。
それだけでもう胸がいっぱい。

本日は客席に多数のカメラ有り。チケット難の公演なので、映像化されるのは嬉しい。

澤瀉屋屋好きとしては、マナコという重要な役を猿弥さんが堂々と演じているのが誇らしい。
私が観た新国立版は古田新太さんが演じていた。
かつての夜長姫、毬谷友子さんによると、古田さんも見に来ていたよう。
(古田さんは劇場遭遇率の非常に高い役者さんでもある)

勘三郎さんが最初にこの戯曲を歌舞伎にしたいと言ったのはいつ頃だろう。
私が知っているくらいだから、かなり有名な話だったと思う。

鬼と桜。狂気を宿したヒロイン。
「凄く歌舞伎向き」と思ったものだ。

冒頭、そして何といってもラストシーン。
満開の桜の下の夜長姫。
心臓を抉り取られるような、恐ろしい美しさだった。

こういった芝居における「絵」の美しさは、日本の舞台ならではだとつくづく思う。

ただ全体を通すと、意外にも歌舞伎の味わいが薄く感じられた。
私は長年三代目猿之助さんのファンなので、新作がかかる度に出る「歌舞伎か否か」という議論は基本的に好きでは無い。
スーパー歌舞伎、野田さんの歌舞伎、三谷さんのパルコ歌舞伎、最近だと阿弖流為、。
一度も「歌舞伎」こんな疑問を持った事は無かったが、今回は不思議とそんな思いに囚われた。

一幕で野田さん独特の台詞と、歌舞伎の台詞のリズムの噛みあわなさを感じたのもあるかもしれない。

野田さんの芝居を見る時は、考えすぎてしまわないよう、感じる事を大切にしているのだが、今回は色々と考えたくなる。

以前見た時より、オオアマの存在、ヒダの国の存在が心に残っている。
鬼が住むというヒダの国。
天智系、天武系の血統。

再観劇予定なので、併せてもう少し自分の中で落とし込みたい。

でも本当に素敵な舞台だったよ…。
歌舞伎のある国にうまれて、とても幸せ。

« NHK正月時代劇は三谷さん | トップページ | なんでじゃー! »

芝居・歌舞伎、古典等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八月納涼歌舞伎 第三部:

« NHK正月時代劇は三谷さん | トップページ | なんでじゃー! »

リンク

無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31