« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月の17件の記事

2017年8月31日 (木)

『八月納涼歌舞伎 二部』

『八月納涼歌舞伎 二部』0826_0_2

歌舞伎座 1階前方

一、修禅寺物語
二、東海道中膝栗毛 歌舞伎座捕物帖

良い席だったので、暑い中張り切って着物で行ったら、疲労困憊になりました。
密度の濃い、第二部でした。

続きを読む "『八月納涼歌舞伎 二部』" »

風髑髏ライブビューイング発表

劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season風 
ライブビューイングは10/5(木)。

木曜日なのは有り難い。

花 3/30開幕→LV 5/15
鳥 6/27開幕→LV 7/31
風 9/15開幕→LV 10/5

風は公演期間短いからとはいえ、だんだんLVまでの期間が短くなっているような…。
役者さんの疲労を考慮してかな?

花は開幕してからの発表。
チケット難だからLVとか実施すれば良いのにと、何処かで書いた記憶が…。
花、鳥とも本公演、LVと成功しているのは、素晴らしい。

とりあえず本公演と本公演の間にLVの映像編集して、3日限定とかで良いから公開して欲しい。
花見たくて見たくて…。
一幕の捨天蘭対決見たい。
捨蘭がお互い庇いあっているの見たい。
天が格好良く鞘投げるの見たいって、アレLVの後だっけ。

橋本じゅんさんは来年は「HEADS UP!」の再演。
(地方公演一部中止で大変なことに…。)
極は3月下旬からだと日程的に出演はどうなのでしょうか。

過去の劇団員キャストで一番見たいのは、じゅんさんの兵庫。
転球さんの兵庫上手いし、青木さんの兵庫にも泣かされたけど、じゅんさんの兵庫めちゃめちゃ見たくなってる。

その前に下弦の月のチケット、全然取れない。
一緒に行く人が地方なので、何とか事前にチケット確保したいし、千葉哲也さんの二郎衛門見たいのよ…。

2017年8月30日 (水)

NHKごごナマ

NHKごごナマのHPを見ると、花の蘭兵衛と花の天魔王の名前が!
もちろん別々の日だし、耕史さんはドラマの宣伝、成河さんは加藤諒さんとなので、「人間風車」宣伝でしょう。
花髑髏好きとしては、同じページに名前があるだけでちょっと嬉しい。

8/31(木)NHK総合1
午後1時05分~ 午後2時00分 
おしゃべり日和「山本耕史さん スーダラ節全開!!素顔にときめき」

9/4(月)NHK総合1
午後1時05分~ 午後2時00分 
おしゃべり日和「成河さん、加藤諒さん 濃すぎる2人の濃密トーク」

2017年8月28日 (月)

鳥髑髏二回目簡易感想

劇団☆新感線『髑髏城の七人』 Season鳥
6列目センタープロックにて

思い出し簡易メモ。
一回目見た時と、かなり感じ方変わった。

続きを読む "鳥髑髏二回目簡易感想" »

2017年8月27日 (日)

禁酒宣言

0827_2
水・木・土・日と下記の芝居を観劇しました。

『プレイヤー』
『八月納涼歌舞伎 第三部』
『八月納涼歌舞伎 第二部』
『髑髏城の七人』 Season鳥

ここ数年は体力が落ちているので、週1、2本以内の観劇生活なのですが、馬鹿やってみたくて、5日間で4本の観劇という無謀なスケジュールを組んでしまった。

結果土曜の深夜にダウン(飲みすぎも有)。
日曜の鳥髑髏、マイ楽なのにあわや行かれない所でした。
何とか体調良くなったので行かれたげと。

3日くらい禁酒します。(ホントか?)
そんな訳で感想はおいおい…。

歌舞伎座二部は一回のみの観劇なのが悔やまれる。楽しかったです。

鳥髑髏へ行ったら、花のサイン入りポスターが壁の高い所に移動していた。
花も終わり、鳥も終わっていくのか…。

歌舞伎は舞台写真も豊富だし、筋書きに写真も入る。
有り難い事だわ。

『髑髏城の七人』といえば、公式HPの下の部分に表示されるSeason極、
Season花の公式HPだけ、仮面が表示される。
何か意味があるのだろうか。
鳥が終わったら、また変わるのかな。

2017年8月24日 (木)

『桜の森の満開の下』再観劇 

八月納涼歌舞伎 第三部 
野田版 桜の森の満開の下 
歌舞伎座 3階席より

もの凄く心臓を抉れてしまった。
再観劇して本当に良かった。
終演後、ちょっと気持ちを落ち着かせるため、銀座をふらふらしたよ。
だって涙止まらないのだもの。
そのまま電車乗ったら怪しい人だよ。

前回の感想で「歌舞伎かどうか」などと書いてごめんなさい。
冒頭の勘九郎さんの台詞、姿から、すでに芝居の中に入り込んでしまった。

本当に恐ろしくも美しい舞台。
耳男と夜長姫の、狂おしい関係に魅せられた。

ちょっとまだ平静では無い…。

続きを読む "『桜の森の満開の下』再観劇 " »

2017年8月22日 (火)

八月納涼歌舞伎 第一部

八月納涼歌舞伎 第一部
一、刺青奇偶 
二、上 玉兎 
  下 団子売
歌舞伎座 3階前方より

「刺青奇偶」は長谷川伸作の新歌舞伎。
中車さんの新歌舞伎における充実が素晴しい。

続きを読む "八月納涼歌舞伎 第一部" »

2017年8月19日 (土)

なんでじゃー!

8/14(月)のパ・リーグ上位3チーム

1 楽天  
2 SB -1.5
3 西武  5.5

↓↓↓↓↓

8/19(土)のパ・リーグ上位3チーム

1 SB 
2 楽天 5.5
3 西武 7.0

いつの間にかソフトバンクと5.5ケーム差だわ、西武とはほぼ差が無くなってるわ…。
今週ずっと勝ってないよ、イーグルス。

明日は頑張ってくれ…。

青山投手、ろくに使わずに再度2軍だし。
信頼無いと言ったらそれまでだけど、ブルペン、それ所じゃないだろうに。

2017年8月18日 (金)

八月納涼歌舞伎 第三部

八月納涼歌舞伎 第三部 
野田版 桜の森の満開の下 
歌舞伎座 1階席より

夢の遊眠社版は未見。
2001年に新国立劇場で上演された版(堤さん&深津さん)は見ています。 

自分は実際野田さんの演じた耳男は見ていないけど、勘九郎さんの耳男は何故だか野田秀樹さんの色を強く感じた。
勘三郎さんが以前から歌舞伎にしたいと演目で、長男である勘九郎さんが、野田さんの演じた耳男を蘇らせる。
それだけでもう胸がいっぱい。

本日は客席に多数のカメラ有り。チケット難の公演なので、映像化されるのは嬉しい。

続きを読む "八月納涼歌舞伎 第三部" »

2017年8月16日 (水)

NHK正月時代劇は三谷さん

三谷幸喜さんのNHK正月時代劇が本日発表。

正月時代劇
風雲児たち~蘭学革命(れぼりゅうし)篇~

原作 みなもと太郎『風雲児たち』
脚本 三谷幸喜
音楽 荻野清子
演出 吉川邦夫

前野良沢:片岡愛之助
杉田玄白:新納慎也
平賀源内:山本耕史
田沼意次:草刈正雄

ホントに出演者が真田丸。
配役見ているだけでワクワクが止まらないのですけど!
まだ発表されないキャストが気になる所。

荻野清子さんが音楽。
舞台『子供の事情』の時のピアノが素敵でした。
確か白いプラウス、カーディガン、フレアースカートで、
ひと時代前の音楽の先生といった服装も、舞台を彩っていました。

玄白と源内というと、2013年パルコ劇場で上演された『非常の人 何ぞ非常に ~奇譚 平賀源内と杉田玄白~』も記憶に新しい。
源内が佐々木蔵之介さん、玄白が岡本健一さん。
こちらも良い舞台だった。

感想→『非常の人 何ぞ非常に』

先日観劇した三谷さんの『子供の事情』が、とても良かったので、こちらも期待です。

それにしても耕史くん、また悲劇的最期の役だよ…。しかもバリバリの男色家。

2017年8月14日 (月)

8月の旅行(長泉)

03

連休は恒例の長泉でした。
行きはバス、帰りは列車だったのですが、この時期の東名は無謀でした。
渋滞凄かった。いつもそこまで混む事無いですからね。

2泊3日、何もしないで温泉三昧。
長泉も結構暑かったです。

01

初日夜は普通にレストランで食事。
お刺身、かき揚げ、角煮などのセット。

2日目夜はコース料理。
わさびの冷製パスタが美味しかったが、先月のコースの方が好きかな。

帰りは列車にしたので小田原立ち寄り。
海鮮食べたかったが、ガーデンの朝食美味しくて、お腹いっぱいで無理でした。
お買いものして今回の旅は終了。

相変わらず飲んで食べて、温泉入る以外の事してません。

2017年8月11日 (金)

NTLive『三文オペラ』

ナショナル・シアター・ライブ『三文オペラ』
シネ・リーブル池袋
 

作:ベルトルト・ブレヒト
脚色:サイモン・スティーヴンス
演出:ルーファス・ノリス

かの有名な『三文オペラ』。
『ベガーズ・オペラ』も『オペラ・ド・マランドロ』も、もちろん『三文オペラ』も見た事あるが、長くてどうにも飽きてしまう、私にとっては鬼門の演目。
だからこそNTLiveで見てみたかった。

続きを読む "NTLive『三文オペラ』 " »

2017年8月10日 (木)

『髑髏城の七人』Season月 発表

劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season月、ようやく発表。
これで冬の観劇予定がたてられる。

噂の極も有り。
極があるとはいえ、月は公演期間長すぎないか?と思ったら、
まさかのダブルチーム制。なるほど。

<上弦の月>
捨之介/福士蒼汰
天魔王/早乙女太一
無界屋蘭兵衛/三浦翔平
兵庫/須賀健太
霧丸/平間壮一
極楽太夫/高田聖子
狸穴二郎衛門/渡辺いっけい

<下弦の月>
捨之介/宮野真守
天魔王/鈴木拡樹
無界屋蘭兵衛/廣瀬智紀
兵庫/木村了
霧丸/松岡広大
極楽太夫/羽野晶紀
狸穴二郎衛門/千葉哲也

若返るとはいえここまでとは…。
羽野晶紀ちゃん出るのは嬉しいけど、高田聖子さんといい、さすがに太夫年齢がいきすぎでは。他キャストが若いだけに。
これで蘭兵衛との恋愛設定が引き継がれたらキツい。あ、兵庫ともか。
(蘭×太夫は花と鳥で満足したのでもういいです。)

二郎衛門はさすがの配役!

ところで沙霧の名前が無いのだが。まさかの性別変更?→変更でした…。

本音を言っちゃうと、花髑髏、後先考えずたくさん観といて良かったわ。
鳥はさすがに自重してあと1回だが増やそうかな。でも歌舞伎座あるし暑いしなあ。
風は増やすかどうするか。

2017年8月 7日 (月)

『ビリーエリオット』短感想

『ビリーエリオット~リトル・ダンサー~』
赤坂ACTシアター 8月6月(日)マチネ 2階席

脚本・歌詞 リー・ホール
演出 スティーヴン・ダルドリー
音楽 エルトン・ジョン
振付 ピーター・ダーリング

ビリー 加藤航世
お父さん 益岡 徹
ウィルキンソン先生 島田歌穂
おばあちゃん 久野綾希子
トニー 中河内雅貴
オールダー・ビリー 大貫勇輔
マイケル 持田唯颯

元々確保していたチケットが9月。
8月は歌舞伎座で週末身動き取れない。
…という事で急遽観劇。早く見て良かった!

踊るって凄い。
私はダンスに関しては門外漢で、ミュージカルや歌舞伎を見ていても、余り踊りの良し悪しが判らないのだけど、
単純に凄かったし、胸に沁みてきた。

何でこんなに訴えかけてくるのだろう…。

決して型に嵌った「夢を一生懸命追いかける無邪気な子供」では無いビリーが、
ステップを踏んで、椅子を使ってレッスンしている姿を見ているだけで、何だか胸がいっぱいになる。

何といってもビリーとオールダー・ビリーのダンスシーン!

ビリーは夢に向かって進みだしたけれど、現実は決して甘いものでは無い。
炭鉱は閉鎖され、ビリーの過ごした街も今後どうなるか判らない。

希望だけではない未来。
それでもビリーは進んでいく。

全てが愛しくて堪らないミュージカルだった。

それにしてもホリプロさんは、よくぞこんな手間暇かかる演目を日本に持ってきたな。
この英断に敬服。

ホリプロのミュージカルって良い演目が多いのですよね。
今年の5月に上演した『パレード』。12月に再演する『メンフィス』。
日本では一見とっつきにくいテーマの芝居であるが、とても良かった。
この2演目、主演カップルも日本で上演するなら、この人達でしょうという、適材適所を持ってきている。

難点はチケット代かな。日本初の演目に13500円はなかなか高いハードル。
一番後ろの席を5000円くらいにしてくれたら、お試し観劇→良かったのでS席購入の流れになるのに。

『ビリーエリオット』、次の観劇は9月なのですが、ちょっと待ちきれないかも。
とりあえず藤岡くんを早く見たい。

2017年8月 3日 (木)

2017年8月の観劇予定

8月になりました。
私が最も好きな野球選手であるシアトルマリナーズの岩隈投手、まだ復帰してません…。
200勝まであと30勝。あせらないで欲しいげと、今シーズン投げてる姿、見たいなぁ。

8月は何といっても歌舞伎座です。
がチケット確保済。は検討中の芝居。

『八月納涼歌舞伎 一部』
『八月納涼歌舞伎 二部』
『八月納涼歌舞伎 三部』
『髑髏城の七人Season鳥』

青年座『旗を高く掲げよ』
『ビリーエリオット』
カクシンハン『タイタス・アンドロニカス』

『ビリーエリオット』は9月にチケット確保していますが、評判良いので早めにまず一回見たい。平日開演が17:45なのがね…。

8月はシネ・リーブル池袋で「ナショナル・シアター・ライブ夏祭り」も有り。
『夜中に犬に起こった奇妙な事件』『三文オペラ』とか見たい。

7月の観劇は以下の通り。8回7本でした。

『子午線の祀り』×2
『髑髏城の七人』Season鳥』
『七月大歌舞伎』
『七月大歌舞伎』
『怒りをこめてふり返れ』
『怪談 牡丹燈籠』
『子どもの事情』

『子午線の祀り』と『怪談 牡丹燈籠』が秀逸でした。
風琴工房もみたかったが、どうにも時間が…。
7月は旅行2回行っているので、それは忙しいよな、自分。
そして今月も温泉行きます。

8月は長年の観劇友の命日の月です。
まだまだ一緒に見たい芝居が沢山ありました。
東京オリンピックまでは頑張るって言ってたのになぁ。
お墓詣りに行って、色々楽しい芝居のことを報告してきますよ。

2017年8月 2日 (水)

トットちゃん!

テレビ朝日の秋の新ドラマ「トットちゃん!」

本日発表。清野菜名ちゃんが15歳以降のトットちゃん役!

花髑髏の沙霧のお父さんが、花髑髏の蘭兵衛の山本耕史くんか!
髑髏城好きは朝からびっくりですわ。

共演に城田優くん、新納慎也くんなど。

もういっそミュージカルで。
「吾輩は主婦である」みたいに歌って踊るOPで。

2017年8月 1日 (火)

『子どもの事情』

『子どもの事情』
新国立劇場中劇場 17列下手

作・演出:三谷幸喜
出演:天海祐希、大泉洋、吉田羊、小池栄子、
林遣都、春海四方、小手伸也、青木さやか、浅野和之、伊藤蘭


余りのチケット争奪戦の過熱っぷりに腰が引けてた演目ですが、
追加公演にエントリーしたら無事当選。
現金なもので、上機嫌で観劇して来ました。

続きを読む "『子どもの事情』" »

リンク

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31