リンク

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月の22件の記事

『屠殺人 ブッチャー』

『屠殺人 ブッチャー』

会場:「劇」小劇場(東京都)
出演:髙山春夫、佐川和正、斉藤淳、森尾舞
脚本:ニコラス・ビヨン
演出:小笠原響

ちらしに惹かれて何となく観劇。
ユーゴの民族紛争が題材らしいくらいの前知識。

どんでん返し、どんでん返しの連続。
ポリティカル・スリラーというらしい。

緊張感に溢れた1時間半。

お勧めだが、絶対ネタバレしないで見るべきです。

森尾舞さんの凛とした佇まいと声が、とても印象に残ってます。

続きを読む "『屠殺人 ブッチャー』" »

お芝居情報いろいろ

今日は鳥初日という事だけでソワソワしていたのに、
盆と正月がいっぺんに来たよ!というくらい色々情報来て、胸が苦しい。

鳥の挿入歌が沙也加ちゃんとTAKIくん!
昨日当日券、ずっと売ってたから、初日行くか悩んだのですよ。
でも水曜は別の芝居だし、週末も忙しいし、体力温存と自制。
マイ初日まであと10日くらいあるわ…。

そて本日の演劇関係ニュース。

『HEDWIG AND THE ANGRY INCH
ブロードウェイミュージカル
「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」特別公演』
 

東京公演 東急シアターオーブ
大阪公演 NHK大阪ホール
 

作:ジョン・キャメロン・ミッチェル
作詞・作曲:スティーヴン・トラスク
演出:ヨリコジュン
音楽監督:岩崎太整
出演:ジョン・キャメロン・ミッチェル
中村中

ジョン・キャメロン・ミッチェルが来日してヘドウィグだって!
中村中さんも出演。
ニュース見た時、ホント呼吸が苦しくなった。

懐かしいな、中野サンプラザの打ち上げライブ。
もの凄い楽しかった。
あれ2008年か。感慨深い…。

『リチャード三世』 

作・演出作:ウィリアム・シェイクスピア
演出・上演台本:シルヴィウ・プルカレーテ
演出補:谷賢一 
出演:佐々木蔵之介
手塚とおる  今井朋彦  植本純米(植本潤改メ)
長谷川朝晴  山中崇
山口馬木也 河内大和  土屋佑壱 浜田学 櫻井章喜
八十田勇一 阿南健治 有薗芳記 壤晴彦 渡辺美佐子

2017年10月18日 (水) ~2017年10月30日 (月) 

蔵之介さん以外の出演者発表。
山口馬木也さん、河内大和さんとかテンションが上がる。
植本純米さん、もしかしたアン王女???

→よく読んだら手塚とおるさんでした。更に混乱…。

シス・カンパニー公演『近松心中物語』 

作:秋元松代
演出:いのうえひでのり
出演:
堤真一 宮沢りえ
池田成志 小池栄子 市川猿弥
立石涼子中嶋しゅう 銀粉蝶 ほか
 

2018年1月上旬~2月中旬
新国立劇場 中劇場

最後の最後にとんでもないニュースが。
近松はずっと宮沢りえさんで見たいと思っていたので、夢が叶ったわ。
猿弥さんのお名前が!
小池栄子さん、髑髏出演はあるのかないのか。

演出はいのうえさん。蜷川さんがいのうえ演出で見たかったとか。
こちらも胸が痛い。

何か一日演劇オタやってて良かったな、とかしみじみ思ってた。

『ミス・サイゴン 25周年記念公演 in ロンドン』

『ミス・サイゴン 25周年記念公演 in ロンドン』
立川シネマシティ

初の極上音響上映。
この音響は凄すぎる。音が突き刺さり、心を揺さぶる。
立川遠いとか言っている場合では無かった。

ミュージカル映画は此処で見るべきなのね。
新感線のゲキシネも極音で見たいが、平日なのがなぁ…。

舞台の映像化としては、もう少し引きで見たい場面が多々あるが、意識的に寄った映像を多用しているのだろう。

舞台で何度も見ているが、やはり改めて辛くて苦しい演目。
でも曲がホント綺麗。改めて難曲だらけだと感じる。

エンジニア役のジョン・ジョン・ブリオネスさんの上手さに魅せられた。
スペシャルフィナーレに大興奮。

立川シネマシティの極上音響上映は6/30(金)まで。
上映はシネマ・ツーです。事前に確認ください。
はい、間違ってシネマ・ワンに行って、係の女の子に優しく道を教えて頂きました…。

『髑髏城の七人 Season花』思い出し雑感 その3

好き勝手に書き連ねた花髑髏感想もこれで最後。
自分の感じた違和感についての筈だったが、また捨蘭うるさいよ…。

『髑髏城の七人 Season花』思い出し雑感 その2

『髑髏城の七人 Season花』思い出し雑感 その1

続きを読む "『髑髏城の七人 Season花』思い出し雑感 その3" »

ワンピース歌舞伎詳細発表!

昨日、日程の詳細と配役発表。
白ひげが右團次さんで嬉しい。
浅野さん、お体大丈夫そうで良かった。
福士誠治さんのエースも見たかったな…。

特別マチネ、土日有りで助かる。
昔、右近さん(右團次さん)がタケルを演じたのは、確か水曜だけだった。

ワンピースは他のエピソードとかの計画はあるのかな。
単にローを喜多村緑郎さんで見たいだけです。

ワンピース面白かった!という人は、ぜひシネ歌舞伎『ヤマトタケル』も見て欲しい。
演出はほぼ初演のままです。
昭和にあの芝居を創った、三代目の凄さに震えて欲しい。
予告編見たら、熊襲の場面が好きすぎて鳥肌立ったわ。

猿翁さんがお元気だったら、史上最高にステアラを使いこなしたと思っているよ…。
(注:私は花髑髏好きすぎて、豊洲に通いまくった人間です。)

スーパー歌舞伎II(セカンド) ワンピース
2017年10月6日(金)~11月25日(土)
 

シネ歌舞伎『ヤマトタケル』
2017年10月21日(土)~2017年10月27日(金)

六月花形新派公演『黒蜥蜴』

六月花形新派公演『黒蜥蜴』
三越劇場
 

原作 江戸川乱歩 脚色・演出 齋藤雅文
出演 喜多村緑郎 河合雪之丞 秋山真太郎 春本由香
伊藤みどり 田口守 永島敏行 ほか
 

ようやく見に行けましたよ『黒蜥蜴』。
素晴しかった、素晴しかった、素晴しかったーーー!

絶対雪之丞さんの緑川夫人は合うと思ってたが、ハマリ役なんてものじゃないレベル。
今の日本で雪之丞さん以上に、美しく退廃的な、女盗賊を演じられる人はいないのでは。

そして明智役の喜多村緑郎さんの問答無用の格好良さ。
則本のストレートで空振り三振取られたくらいの、ド直球の格好良さ。

格好良いとか美しいは、この舞台の為にある言葉。

公演は6/24まで。興味ある人はぜひ見に行って欲しい!
本当に素晴しかった。

続きを読む "六月花形新派公演『黒蜥蜴』" »

『髑髏城の七人 Season花』思い出し雑感 その2

以前の感想で天魔王はもしかしたら生きているのでは?と書いたが、さすがに深読みしすぎかと思っていたら、生存説も見掛けた。
最期の消えていくような笑い声に、何ともいえない哀しさがある。
捨之介に本当に足刺されるというのは、皮肉な結末だ。

続きを読む "『髑髏城の七人 Season花』思い出し雑感 その2" »

別所さんのラジオ

明日は富山からの出張ラジオ。
「デスノート・ザ・ミュージカル」はじまるしね。

と思ったら明日のゲストで柿澤勇人くんが出演。
6月21日(水)8:35分頃~。日替わりでデスノの出演者呼んでくれ~。

続きを読む "別所さんのラジオ" »

『髑髏城の七人 Season花』思い出し雑感 その1

今回の花髑髏の何が良かったのか。
同じ事しか書いてない気もするが、つらつらと纏めてみる。

続きを読む "『髑髏城の七人 Season花』思い出し雑感 その1" »

『六月大歌舞伎』夜の部

『六月大歌舞伎』夜の部

鎌倉三代記
曽我綉俠御所染
一本刀土俵入

16:30~ 21:15というフルコース。
日曜の夜に見るのものでは無かった。疲れた…。

目当ては猿之助さん出演の「一本刀土俵入」。
何度見ても泣いてしまう演目です。

続きを読む "『六月大歌舞伎』夜の部" »

アマヤドリツアー『非常の階段』

アマヤドリツアー 2017
『非常の階段』
シアター風姿花伝
 

作・演出 広田淳一

振り込め詐欺結社の葛藤、若年層の貧困、格差社会、家族の在り方など、現代日本が抱える様々なモチーフを多層的に描いた物語。(公式HPより)

続きを読む "アマヤドリツアー『非常の階段』" »

『髑髏城の七人 Season花』 6/12マチネ 千秋楽追記

千秋楽が終わり、完全な花髑髏ロス。

Kimg1246髑髏城は昔から拗らせる人間多数生み出す魔性の作品なのだけどさ。

古田捨に思い入れのある自分は、好きでリピート観劇はしても、まさか今更拗らせる事は無いと思ったよ。

花髑髏、おそるべし。

しかし皆さん楽カテコの模様、よく覚えてるな。
自分は相当頭がぶっ飛んでたようで碌に覚えてません。
覚えている所だけまとめ。

・小栗くんが、お煎餅取りに行く段取り間違えた
・皆さんお煎餅取りに行っている間、古田さんが「あいつ、段取り間違えた」と説明
・まけばよいの?と確認する耕史くん
・お煎餅入れてる袋が物凄いピンク。古田さんの分は小栗くんが持ってきた
・小栗くんと耕史くんが袋もお客さんにくれた
・菜名ちゃんが袋畳んでたら、耕史くんにお客さんにあげれば?と即されて、最前列のお客さんに渡してた
・菜名ちゃん、さりげなく帯にお煎餅挟む。古田さんに「ばっかじゃねーの」と突っ込まれる
・客席てお煎餅配っていた皆さんが戻る時、「急いで階段とかで転ばないでね」と優しく気遣う小栗座長
・「ナンパしてねーでさっさと戻れ」と厳しい古田さん

その後のわちゃわちゃしてた皆さんについては、ホント記憶飛んでる。
カメラ入ってたらしいので、映像で詳しく見られる事を祈ってる。

楽は5列目センターにSP付きの方が。
一幕の捨之介と二郎衛門の男性客に呼びかける所、もしかしてSPの人達に向かっていたのでは…。
(自分は前列だったので、視線が頭の上を通り過ぎた)

花髑髏総括は週末にでもまとめる予定。

続きを読む "『髑髏城の七人 Season花』 6/12マチネ 千秋楽追記" »

『髑髏城の七人 Season花』 6/12マチネ 千秋楽!

千秋楽見てきました!

小栗座長の挨拶の通り、85ステージ誰一人欠けることなく、千秋楽を無事終えることが出来たのが、単なる客に過ぎない自分も一番嬉しい。

自分のマイ初日が4/9。
髑髏城の事で頭がいっぱいになり、チケット増やしまくり、見る度に新しい発見と感動を舞台からたくさん貰った。
仕事してても「あ、マチネはじまった」と思い、怪我やアクシデント無く終わる事を祈った。

本当に本当に素晴らしい舞台をありがとう。

さすがに目が潤んでた人もいたよね。
メタルさん、リベンジおめでとう!
近藤さんが涙ぐんでたので、こちらも泣けちゃった。

カテコ、耕史くんがお辞儀した後に、小栗くんを湛えるように手を挙げて、小栗座長を招いたのが印象的。

最高だったよ!花髑髏。
久し振りの新感線千秋楽、お煎餅も貰えたよ。

今日お話した男子新感線ファンの方々が、皆さん「午前中仕事してから髑髏城来た!」で敬服。
早々にお休み取って、登城している軟弱ものの自分。
日本の男は働き者だ!

続きを読む "『髑髏城の七人 Season花』 6/12マチネ 千秋楽!" »

『髑髏城の七人 Season花』 6/10ソワレ

今夜は最後のソワレ公演。夜景を見ながらゆりかもめに乗るのも最後。

初めて後から数えてすぐの席で観劇。確かに舞台低いし、人の頭で足下は全然見えない。
17~18列が案外視界遮られなかったのでびっくり。

でも良く見える風景もある。ラストの荒野、流れる川が、照明が当たってあんなにキラキラ綺麗だとは思わなかった。
沙霧の一途な思いと重なり、胸がいっぱいになるラストシーンだった。

そして後方から見ても、何であんなに綺麗なの、蘭兵衛さん。
醸し出す雰囲気が美しいからなのか。
周りのオペラグラス上げるタイミングが、悉く揃ってて可笑しい。
蘭兵衛好き、多いな~。

続きを読む "『髑髏城の七人 Season花』 6/10ソワレ" »

白山神社の紫陽花

Aji02

Aji03

先週池袋に『パレード』を見に行った帰り、足を延ばして白山神社へ行ってきました。
紫陽花はまだ咲き始め。
それでも綺麗でしたよ。

紫陽花、育てるのが結構楽なので、自宅の庭にも何本か植えています。

『パレード』、凄く良かったです。まだ感想書いてませんが…。
地方公演がまだ残っているので、お近くの方はぜひぜひ。

花髑髏もあと数日。
寂しいなぁと色々検索してたら、沙霧ちゃんのインスタ見て大笑い。
蘭兵衛さん、何やってるのー。

無界屋で沙霧ちゃんにお絵かきしてあげる、蘭兵衛さん想像してしまった。
(でもそんな平和な光景は絶対に有りえないのよね…)

『髑髏城の七人 Season花』 6/7ソワレ

会社出たの5:50でよく間に合ったな!5分前のアナウンスと共に劇場入ったよ。
あー見られて良かった。
舞台も客席も益々熱くなっていた。

今日は11列目上手より。
上手寄りだと捨之介が鳩出す時の、蘭兵衛の表情がよく見えた。

一幕の捨蘭、ホント大好き。
何とも言えない、昔馴染みの空気感。
蘭兵衛を絶えず気に掛ける捨之介。
それだけに二幕は辛い。

アクシデントも多かった本日。簡単に思い出した事。

続きを読む "『髑髏城の七人 Season花』 6/7ソワレ" »

『髑髏城の七人 Season花』 5/31ソワレ 

『髑髏城の七人 Season花』 5/31ソワレ 

平日夜の観劇。18列やや上手。
遮るものがほとんど無く、全体もよく見えて良い席だった。
5/8に当日券で見た、17列センターも凄く良かった。

いよいよ85ステージ全日程のクライマックス、どんどん見応えのある芝居になっている。

続きを読む "『髑髏城の七人 Season花』 5/31ソワレ " »

『レ・ミゼラブル』 プレビュー公演

『レ・ミゼラブル』 プレビュー公演
5月24日(水)18:15 帝国劇場E列

ヤン・ジュンモ 岸 祐二 二宮 愛 松原凜子 内藤大希 小南満佑子 橋本じゅん 鈴木ほのか 上山竜治

改めて観劇の思い出。感想というより、自分のレミゼ思い出語り。

続きを読む "『レ・ミゼラブル』 プレビュー公演 " »

2017年6月の観劇予定

Aji

現在庭がジャングル…。お手入れしている時間が全然無い。
大好きな紫陽花の季節になるというのに。
全て花髑髏のせい。

今月の観劇予定は以下の通り。
髑髏城のチケットがまた増えた。

『髑髏城の七人 Season花』 ×3回 IHIステージアラウンド東京

『パレード』 東京芸術劇場

『六月大歌舞伎』夜の部 歌舞伎座

アマヤドリ『非常の階段』シアター風姿花

六月花形新派公演『黒蜥蜴』 三越劇場

前半は豊洲行きラストスパート。
だが6月から少し仕事が忙しくなるかもしれない状況。
なので午後休取って行こうとしていた黒蜥蜴が、ちょっと厳しくなっていた。
髑髏城で一日お休み取っているし。

他にも見たい舞台の映像作品

蜷川幸雄シアター『ベニスの商人』
6/3(土)~6/9(金) 新宿バルト9

『ミス・サイゴン 25周年公演 in ロンドン』
6/17(土)~6/30(金) 立川シネマシティ

NTLive『三文オペラ』
TOHOシネマズ日本橋 6/16(金)~6/22(木)

今月は温泉旅行は無しだが、日帰り温泉くらいは行きたい。
秩父に新しく出来た祭の湯に行きたかったが、営業中止してた…。

5月の観劇は以下の通りでした。

『髑髏城の七人 Season花』 ×3回
『レ・ミゼラブル』
『マリアの首』

芝居の映像作品

ゲキ×シネ『乱鶯』
ライブビューイング『髑髏城の七人 Season花』
蜷川幸雄シアターの第2弾『身毒丸 復活』

感想が書けてない…。

写真は白山神社の紫陽花。

八月納涼歌舞伎の演目

野田秀樹作「桜の森の満開の下」8月歌舞伎座で上演

ニュース見て感無量。
以前から勘三郎さんが歌舞伎で上演したいと言っていた「桜の森の満開の下」、ついに実現するのね…。
堤さんの耳男、好きだったな。

二部は弥次&喜多と「修禅寺物語」。
修禅寺~は猿翁さんが監修だ!

一部は中車さん出演。
猿之助&勘九郎ががっつり踊る。

一部、実はすごい楽しみだわ。

こうして夏も芝居で明け暮れる…。
演劇好きには、財布が安らかな季節は来る気配がない。

則本7試合連続2桁奪三振!プロ野球新記録

ノリちゃん凄い凄い凄い。
8回の坂本-マギー-阿部の三者連続三振は鳥肌ものだった。

MLBは8試合が最長?
次回も頑張ってくれ。

【楽天】則本が7試合連続2ケタ奪三振の日本新記録を樹立

藤岡くんストプレ!

しのぶさんの『欲望という名の電車』はもともと行く気でいたけど、まさかまさかの藤岡くん出演。
朝からびっくりした。

『メンフィス』もあるし、『ペール・ギュント』も12月?歌舞伎座もだ。
まだ夏になっていないのに、冬も観劇で忙しくなりそう。

シアターコクーン・オンレパートリー2017
DISCOVER WORLD THEATRE vol.3

『欲望という名の電車』
作:テネシー・ウィリアムズ
演出:フィリップ・ブリーン
翻訳:小田島恒志
出演:大竹しのぶ、北村一輝、鈴木杏、藤岡正明 他

公演期間(予定):2017年12月Bunkamuraシアターコクーン

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »