リンク

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 『身毒丸 復活』 | トップページ | 藤岡くんストプレ! »

『髑髏城の七人 Season花』 5/31ソワレ 短感想

18列より。見易い席で良かった。
今日は蘭兵衛と天魔王ばかりを見ていた。
(さすがに小栗くん、お疲れかな…。)

2人は細やかな芝居、ちょっとした台詞廻し等、変化している部分もあり、見る度に新しい発見があって全く飽きない。

エンディングで一人空を凝視する天魔王。
彼岸花の中に一人佇む蘭兵衛。
この姿の意味を、色々と考えたくなる。

一幕の蘭兵衛は、今回のように男っぽい方が好き。
無界の里の長としての貫禄、太夫との信頼関係が強く出ているのが良い。

今まで感想で全然触れてなかった狸穴二郎衛門ですが、
もちろん今までの観劇でも良かったのですが、この日はより良かった。
上手く言えないのですが。

そして贋鉄斎!こちらも今日は凄く好きでした。

贋鉄斎にも過去の因縁、係りがある。
だからこそ捨之介を助けようとする、髑髏城に赴くと思うので、
そこが薄くなるのは私は嫌なのです。
今日はその点を色濃く感じられたのが嬉しい。

5月は今日で終わり。残りの公演はあと少し。
あの大変すぎる舞台で日々戦っているキャストの皆さん、支えるスタッフの皆さん、心の底から応援してます。

6月も見に行くぞ!

« 『身毒丸 復活』 | トップページ | 藤岡くんストプレ! »

芝居・新感線関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/70730083

この記事へのトラックバック一覧です: 『髑髏城の七人 Season花』 5/31ソワレ 短感想:

« 『身毒丸 復活』 | トップページ | 藤岡くんストプレ! »