リンク

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 1/29 日曜日のテレビ | トップページ | 「壽新春大歌舞伎」雑感 »

カクシンハン『マクベス』

Theatre Company カクシンハン
『マクベス』
東京芸術劇場 シアターウエスト

演出:木村龍之介
作 :W.シェイクスピア
翻訳:松岡和子

シェイクスピア好きなら見に行きたいカクシンハン、今回は『マクベス』
河内大和さんと真以美さんのマクベス夫妻と聞けば、期待は高まる。

今回は友人にチケットを譲ってもらったので、もの凄い良い席での観劇でした。
何だか申し訳無い…。
目の前で役者さんの息遣いを堪能。凄く刺激的だった!

肉弾戦な「マクベス」でした。

前二列を取っ払っいスペースを広く取ったうえで、
大人数の役者さんが、コロスのような役割りを果たし、舞台・客席を闊歩する。

前方席で見た自分はただただ圧倒。

マクベスは黒の衣装、マクベス夫人は赤の衣装。
他の登場人物は全員白と、キッパリと色をわけている。
ラストは、マクベスも赤も身にまとう。

今回の「マクベス」で一番感心したのは、とにかく役者の肉体を魅せてくれたこと。
岩崎MARK雄大さんはじめ、体の使い方、見せ方が実に効果的。
演劇の、ライブならではの良さである。

河内大和さん、真以美さんのマクベス夫妻は期待通り。

特に真以美さんは大健闘。
頭もスキンヘッド、衣装もギリギリまで身体を見せる。
体当たりのマクベス夫人だった。

休憩中も舞台に居た河内大和さんに、
りゅーとぴあシェイクスピアシリーズを思い出した。

2人の病みっぷりも良い。

刺激的な芝居であったのは確かだが、演出については効果的な部分と、ちょっと自分の肌に合わなかった部分が混在。

綺麗はきたない、きたないは綺麗、なのだろうけど、
きたないものはやはりきたいないよ…。

魔女の演出は好きでした。
冒頭の客席まで巻き込む形は、一気に芝居に入り込めた。
「Fair is foul, and foul is fair」、英語で聞けるのは嬉しい。

好き嫌いで言うと、こんな感じ。

好き→ビニールに入った死体がごろごろ
嫌い→パイプ椅子、練乳等食べ物関係

パイプ椅子は今回の「マクベス」の特長でもあると思うが、これは単に個人的な好みの問題。
(昔パイプ椅子に長時間座っての打ち合わせが、肉体的に苦痛で仕方無かったから)

台詞があまり印象に残らなかったのは、私の集中力の問題か。
刺激的すぎて、最後の方は疲れてしまったので。

とはいえお客さんの熱気は凄かった。
勢いのある集団の芝居を見るのは楽しい。

劇団AUNは最近シェイクスピアを上演してくれない。
栗田芳宏さんの芝居も、最近は東京で上演されない。

カクシンハンのシェイクスピアは、今後も見たいし、期待します。

書いてたら、りゅーとぴあ能楽堂シェイクスピアシリーズの「マクベス」が見たくなってきた。
谷田歩さんも河内大和さんも、このシリーズが切っ掛けで見に行くようになった役者さんなので。

« 1/29 日曜日のテレビ | トップページ | 「壽新春大歌舞伎」雑感 »

芝居・一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/69386090

この記事へのトラックバック一覧です: カクシンハン『マクベス』:

« 1/29 日曜日のテレビ | トップページ | 「壽新春大歌舞伎」雑感 »