旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2017年1月の観劇予定 | トップページ | 1月の旅行(長泉) »

新春浅草歌舞伎 第一部

新春浅草歌舞伎 第一部

演目:

お年玉〈年始ご挨拶〉
一、近松門左衛門 作 傾城反魂香
 土佐将監閑居の場
二、義経千本桜 吉野山

出演:
尾上松也 
坂東巳之助 
中村壱太郎 
中村隼人  ほか

今年の初芝居です。
新年の浅草はお正月らしく、華やかで良いですよね。
町は人で凄く混んでますが。

亀治郎さん、勘太郎さんが中心の公演が長く行われ、その後今のメンバーに交代しての浅草歌舞伎。
年明けに若い役者さんの成長を見るのが楽しい。

一部のみの観劇だが、何といっても壱太郎くんが素晴らしかった。
外部出演が良い刺激になったのでしょうか。
お年玉挨拶も彼だったので、壱太郎くん祭りという感じ。

特に「傾城反魂香」の女房おとく。
細やかに、そして明るくおとくを演じていた。
夫である又平を想い支える姿が素敵。
巳之助くんとの夫婦、2人とも丁寧に演じいる。
一生懸命さが芝居に良い効果をもたらした。

丁重なのは「吉野山」もだが、こちらは全体的固いかな?(特に松也くん)
もう少し情感が欲しいところ。

それでも今年の浅草は役者さん、みな凄く頑張ってて、見ていて気持ち良かったです。

ただ座組みの薄さがどうしても気になる。
1月は歌舞伎座・演舞場・国立・松竹座と歌舞伎公演が重なるうえに、
今年は襲名公演もあるからか、浅草が割を喰ったのか。
もう少し松竹さんも考えてあげて欲しい。

それとこれは私だけの感じ方かもしれないが、何となくみっくんの又平にもやっとしたものが…。
良かったのは良かったのですけど。
同行者はそうかな?という反応だったので、ホントに私の感じ方の問題かもしれない。

« 2017年1月の観劇予定 | トップページ | 1月の旅行(長泉) »

芝居・歌舞伎、古典等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/69223553

この記事へのトラックバック一覧です: 新春浅草歌舞伎 第一部 :

« 2017年1月の観劇予定 | トップページ | 1月の旅行(長泉) »