旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 12月の紅葉 | トップページ | 『LOVE LETTERS』 »

『あらしのよるに』

十二月大歌舞伎第一部『あらしのよるに』
歌舞伎座 一階センターより

初演の南座で評判の良かった作品。
新作歌舞伎という事で、どういった芝居になっているのか興味津々だったが、
期待を大きく上回る、非常に素晴らしい芝居だった。

もともと擬人化した動物は歌舞伎にも出てくるものである。
だから狼や山羊が登場人物でも、何の違和感が無い。

ワンピースもだが、歌舞伎は何でも有りである。

良かった点は大きく上げるとこの2つ。

・古典的な演出

・獅童くんの作品に対する深い愛情と頑張り

絵本を元にした新作であるが、びっくりする程古典的な芝居になっていた。
もっと現代的な芝居を想像していたが、良い意味で裏切られた。
上手く古典の手法が取り入れられ、とってつけた感が全く無い。
下座音楽も良い。

余談だが四代目猿之助の作るスーパー歌舞伎は、やや演出がとってつけた感があるのが気になる。
過去の作品の演出を使うのは良いのだが、手法をきりばりしているように見える。
上手く説明出来ないな…。
ワンピース歌舞伎は、遠征しちゃうくらい大好きな作品であるのだが。

「あらしのよるに」で何といっても心を揺さぶられるは、獅童くんの奮闘である。

アニメでがぶの声優をつとめたそうだが、本当にこの作品を愛していて、この役に思い入れが
あるというのが伝わってくる。
彼の心がこの芝居を支えていると思う。

そしてその思いが他の創り手にも、観客にも伝わり、素晴らしい相乗効果を生んでいる。

最後の花道のがぶとめい。
お客さんの割れんばかりの喝采を浴びていた。
観客の1人として、心が熱くなる瞬間だった。

こういった時を味わえる芝居に出会えるのは、とても幸福だ。

芝居本編はやや長かったが、がぶとめいの心が寄り添う過程を丁重に描いている。
2人で月を見る場面の美しいこと!

松也くん演じるめいは、男の子とも女の子ともとれる。
でもそこが良いし、可愛くて品がある。
歌舞伎ならではの良さだ。
(数日前にみた「三代目、りちゃあど」の男女逆転は、やはり苦手だったなと痛感)

ぎろたち狼の場面で、ちょっと「ヤマトタケル」の伊吹山の場面を思い出した。

狼と山羊。
本来から決して相いれない種族だが、がぶとめいはとてもとてもお互いを大事にしている。

色々な事を考えさせられる作品でもあった。

再観劇したいが11時からなので、休みの日では無いと行かれないのがネック。
衣装も素敵だし、美しい場面が沢山あったので、もう一回じっくり見たいなぁ。

« 12月の紅葉 | トップページ | 『LOVE LETTERS』 »

芝居・歌舞伎、古典等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/68752853

この記事へのトラックバック一覧です: 『あらしのよるに』:

« 12月の紅葉 | トップページ | 『LOVE LETTERS』 »