旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ラグビー惜しい! | トップページ | 小西くん! »

BTLive『冬物語』

BTLive『冬物語』
吉祥寺オデヲン

吉祥寺オデヲンの初日を見に行く。
お客さんの入りは半分くらい。

BTLiveとは(公式サイトより)

世界で活躍する俳優・監督のケネス・ブラナーが率いるケネス・ブラナー・シアター・ カンパニーによるロンドン、ギャリック劇場での上演舞台3作品を、世界の映画館でお楽しみ頂ける<ブラナ ー・シアター・ライブ> (BTLive) が日本に上陸!イギリスでハリウッド大作をしのいでオープニング興収1位を記録したジュディ・デンチ出演「冬物語」を始め、今シーズンは傑作3作品を日本の映画館でお楽しみ頂けます。

『冬物語』をはじめて観たのは、栗田芳宏さん演出のりゅーとぴあ能楽堂シリーズ。
谷田歩さんのレオンティーズ。
和であり、洋であり、一枚の絵のような美しい舞台だった。

BTLiveでも非常に美しく、絵画的である芝居であった。

『冬物語』という戯曲は、現代人の感覚で見てしまうと、どうにも納得のいかない話ではある。
長年の苦しみを解き放ち、赦しが訪れる…と言うのは判るのだけど、何だかなという感情もある。

なので思いっ切り思考を切り替えて、楽しむに限る。

その為には、美しい視覚効果が必要なのかもしれない。
ボヘミアとシチリアの、舞台美術の対比も面白い。

ポーリーナ役のジュディ・デンチの芝居に見惚れる。
羊飼いの親子も好き。
英語が聞き取れれば、もっと楽しめるだろう。

仕事の帰りに3時間はなかなか厳しくて、前半は少々集中力を欠いてしまった。
もったいない。

今後も素敵なラインナップが続く吉祥寺オデヲン。
私が見た回は少し寒かったので、暖かくして鑑賞するのがお勧め。

個人的に新しいシネコンより、昔の映画館の雰囲気の残る吉祥寺オデヲンが好きなので、
BTLiveもNTLiveもなるべくこの映画館で見たい。

« ラグビー惜しい! | トップページ | 小西くん! »

芝居・一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/68570718

この記事へのトラックバック一覧です: BTLive『冬物語』 :

« ラグビー惜しい! | トップページ | 小西くん! »