リンク

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 日本シリーズは広島VS日本ハム | トップページ | 新宿ピカデリー »

『GOEMON 石川五右衛門』

新橋演舞場 十月花形歌舞伎
『GOEMON 石川五右衛門』

作・演出 水口一夫
出演 片岡愛之助 今井翼 他

演舞場に着いたらロビーが凄い人。
何事かと思ったら、藤原紀香さん。
落ち着いた色合いの着物で綺麗でした。
あの混雑を見ると、確かに暫くは愛之助さんの主演以外はロビーに立てないですね…。

関西で何度か再演を重ねた作品の演舞場上演。
五右衛門がイスパニア人とのハーフという設定。

随分奇抜と思ったが、これがなかなか面白い。
愛之助さん、赤毛鬘も似合っている。

劇中に踊られるフラメンコ。
こちらも上手いこと融合している。
無機質な舞台美術も不思議と違和感が無い。

ただ確かに設定やアイデアは面白いが、話の筋の中に生かしきれてない印象。
終わってみれば、踊りと立ち廻りの印象ばかりが残る。
話にもうひとやま欲しい所。

まず前半が長い。
五右衛門(幼名・友市)の父と母の話をもう少しテンポよく進めてほしい。

一幕最後はつづら抜けの宙乗り
愛之助さん、文句なく格好良い!

二幕のフラメンコは浪漫チック。
スッポンから今井翼さん演じる父の幻が出てきて、フラメンコを踊る場面も素敵。
翼さんは二役なのだが、和装の方が似合っていた気が。

最後の立ち廻りはサービス満点。
一階席だけではなく、二階席も役者さんが来てくれ、場内大盛り上がり。

何だかんだ言っても楽しかったです。

役者さんはみな良かった。

吉弥さんはさすがの安定感。
出雲の阿国を演じた壱太郎くんが素敵で、今後の舞台も楽しみになりました。

ところでこの感想を書いていた時に、愛之助さんが出ていた『赤い城 黒い砂』という芝居をふと思い出したのですが、これが面白かったのですよね…。

無国籍というか中東風の世界感で、シェイクスピアを大胆に書き換えた芝居。
賛否両論ありましたが、かなり意欲的で私は大好きな舞台でした。

今思い返すと、最近の世相をモロに反映させていた芝居でした。
蓬菜竜太さんの脚本も、松井るみさんの美術も、栗山民也さんの演出も、何もかもが良かった。

再演は難しいのでしょうね…。

« 日本シリーズは広島VS日本ハム | トップページ | 新宿ピカデリー »

芝居・歌舞伎、古典等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/68013750

この記事へのトラックバック一覧です: 『GOEMON 石川五右衛門』:

« 日本シリーズは広島VS日本ハム | トップページ | 新宿ピカデリー »