リンク

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2016年10月の観劇予定 | トップページ | 昆夏美さん、「ミス・サイゴン」休演 »

獨道中五十三驛(ひとりたびごじゅう さんつぎ)』

先週、巡業初日の入間市民会館へ行きました。

昼がBプロ 巳之助くん化け猫・猿之助さん十三役早替り
夜がAブロ 猿之助さん化け猫・巳之助くん十三役早替り

両方見たい所だが、体力考えて夜の部のみ観劇。
見終わって、やはり昼夜見たかったとなった。

今回はダブルキャスト。配役が発表になった時から話題でした。
これは巳之助くんへの試練なのか?
猿之助さんからの愛の鞭?

序幕。京都から鈴鹿まで。

弥次さん喜多さんは猿三郎さん喜猿さん。
色々な役者さんが弥次喜多を演じているが、このコンビも良い。
歌舞伎の定番ともいえる、仇討と家宝を巡る争い。

途中死んだ筈の寿猿さんが生き返り、春猿さんと口上。
寿猿さん、86歳との言葉に会場大ウケ。
これはキャスティングの勝利でしょう。とてもしっかりした口上。
いつまでもお元気でいて欲しい。

二幕。岡崎。

客席を歩く場面は巡業でも健在。
会場によっては通路の長さも幅も違うし、演じる方は大変。
でも会場のお客さんにとっては、役者さんを間近でが見られる貴重な機会。

何度か見ている演目だが、お地蔵さんになって拝まれたいという願望は、今だ叶えられていない。

猿之助さん登場。
登場の時から、人では無い雰囲気を出している。

ああ、三代目によく似ている。
ちょっとした台詞まわしが、三代目を思い起こさせる。

昔三代目版がテレビで放映された気がするのだが、記憶違いだろうか。
改めて見たくなったが、ビデオひっくり返したら出てくるか?

さすがに二幕は役者さん手慣れている。
狭い舞台だが、猫の怪とおくらのアクションも魅せてくれる。
宙乗りはこう来たか!という感じ。

ここまででも十分楽しいのに、いよいよ大詰「写書東驛路」と江戸日本橋。

十三役早替については、過去これほど手に汗握って見守る早替りがあったろのだろうかという感じ。

ハードな舞台で肉体的にも大変だろうが、巳之助くん痩せた?
細かいことは言わない。とにかく頑張れ。

ホント過去演じた猿翁さん、右近さん、猿之助さん、凄いのですね…。

正直今の正月の浅草は、猿之助さん・勘九郎さんが中心になっていた頃とはかなり…なので、巳之助くんには凄く期待しているのですよね。
(浅草は猿之助さん達の初回から数年は、毎年見てました)

大詰めで無事仇討も出来、目出度し目出度し。
東海道を2時間35分で、あっという間に駆け抜けました。

かつて三代目もこの演目を巡業に持っていたが、大道具さんはじめ、全国で巡業するには大変な演目だと思う。
私が観た日も少々アクシデントが…。(定式幕が落ちたのはびっくりした)

その分観客は満足度高い!
楽しかったと素直に言いながら、劇場を出ることが出来る。

役者さん、裏方さん、大変だと思うけど、一カ月頑張って下さい。

« 2016年10月の観劇予定 | トップページ | 昆夏美さん、「ミス・サイゴン」休演 »

芝居・歌舞伎、古典等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/67925710

この記事へのトラックバック一覧です: 獨道中五十三驛(ひとりたびごじゅう さんつぎ)』:

« 2016年10月の観劇予定 | トップページ | 昆夏美さん、「ミス・サイゴン」休演 »