リンク

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月の11件の記事

岩隈投手7勝目!

6/28(日本時間6/29)PIT戦 6回2/3 96球 6安打2失点4三振1四球

前回の投球が良く無かったのでちょっと心配していたが、今日は低めの制球が良くて、6回まで無失点。
7回は少し疲れたのか、ヒットが続いて降板したけど、勝ち投手に。
良かったです。

しかしマリナーズ、6月は負けたな。それまで調子良かったのに。
これから巻き返して欲しいです。
不振で青木選手が3Aだが、早く戻ってくれ~。

岩隈、今季7勝目!6回まで2安打快投、7回に2失点もQS達成

髑髏城の七人 花鳥風月

本日朝より演劇ファンの間を駆け抜けたニュース!

客席が360度回転!劇団☆新感線「髑髏城の七人」新劇場でロングラン上演!

新劇場のこけらおとし公演で、1年3か月のロングラン。
花鳥風月で4つの公演があり、今回発表されたのは「花」とのこと。

新感線は「これは見てみたい」と思わせる企画を打ち出すのが上手いな~。

髑髏城は楽しみなのだが、前回散々だった小栗くん。今回は頑張ってくれ…。
殺陣の練習をしているそうだが、まずは着流しを格好良くかつ色っぽく着てほしい。
着物にスリット入れるなんて言語道断。

山本くんが天魔王かな?
ホントは山本くんなら天魔王より捨之介がみたいけど。

成河さん、青木さん他のキャストも楽しみだ。

古田さんは贋鉄斎かな?
以前インタビューで、染ちゃんの捨で自分が贋鉄斎で、100人斬りやりたいって言ってたっけ。

シーズンごとに脚本・演出を練り直してとのことなら、二役影武者設定そのままバージョンも有りかな。
殺陣激しくなくていいから、オヤジドクロとか見たい。

髑髏城は好きだけど、1年3か月あるなら他の演目も見たかったけどね。
希望は尽きないが、その前に次の公演のチケット、取れてません…。

仕事の現場が変わるので予定がたてられなかった。
結局平日6時開演でも間に合いそうな場所だったというオチ。

今度の「髑髏城の七人」は、豊洲という場所柄さすがに開演6:30とか7:00ですね。

「劇団☆新感線『髑髏城の七人』 Season 花 produced by TBS」

2017年3月30日(木)~6月12日(月)
東京都 IHIステージアラウンド東京

作:中島かずき
演出:いのうえひでのり
出演:小栗旬  山本耕史  成河 
りょう 青木崇高 清野菜名  近藤芳正  古田新太 ほか

白馬旅行 3(栂池自然園)

Haku13

今回3泊4日の旅行だったので、一日は小布施に行こうかなと考えていたのですが、
せっかく白馬にいるので、白馬の自然を楽しむ事にしました。

とはいえ山登りとか初心者なので無理。
ホテルに近い栂池自然園に行ってみることに。
ホテルの方に色々アドバイスを受け、園の真ん中くらいまでを目標にする事にしました。

まずはゴンドラ。
白馬の山々を眺めながら、大体20分。
そこからロープウェイに乗り換えて、自然園の入り口です。

みずばしょう湿原~わたすげ湿原と歩きます。

Haku16 Haku12

水芭蕉はもう季節的に終わりかなと思ったら、まだまだ咲いてました。
他にも高原には様々な花。

Haku15 Haku14

風穴には雪が残ってた!

目標だった楠川まで大体1時間弱で到着。
ここから先は行程が厳しくなるので、今回はここまで。

引き返して、休憩所でさるなしソフトクリームを食べながら、眺める山の景色は本当に綺麗。
歩くのは好きなので、簡単なトレッキングも楽しいですね。

岩岳ゆり園も行ってみたかったが、こちらは7月から。

飲んだり、温泉つかったり、森林を歩いたりと、あっという間の4日間でした。
楽しかった!

白馬旅行 2(温泉編)

シェラリゾートは温泉も楽しみでした。

Haku06

大浴場はみずばしょう温泉古民家の宿。
花の咲くお庭の中の渡り廊下を歩いて向かいます。

此処も非常に広いスペースが取ってあり、お風呂も森の中なので解放感があります。
露天も森の中に作られているから、囲いも遥か遠い。
とはいえ露天風呂の周りはきちんと整備された空間です。都会っ子でも大丈夫。

Haku07

大浴場は撮影禁止で、この写真はお庭の一部なのですが、こんな感じの空間に露天風呂があると思ってください。
ホントに良い感じに自然と調和としています。

他に貸切風呂が4つ。
人気は千利休とテルマエロマエ。

貸切風呂って狭かったりするのだが、こちらも解放的で気持ち良い。
脱衣所にはミニ缶のお茶のサービスも有り。

Haku09  Haku08_2

他の二つはほたるの湯と五右衛門風呂。
五右衛門風呂は何だか楽しかった!
こちらは密封された空間の中なので、めちゃめちゃ温まりました。

温泉そのものは余り癖の無い感じかな?
天然水も飲みましたが、こちらも癖の無い感じです。

足湯もありました。
ほたるの足湯が部屋から近かったので、何度も行きました。
寝る前や出発直前にも。

ほたるの湯というだけあって、7月にはほたるも飛ぶとか。
私も二匹だけ見つけました。
ほたるとか、間近で見るのは子供時以来かも。
感激…。

白馬旅行 1(ホテル編)

Haku01

今回泊まったのはホテルシェラリゾート白馬。
旅行冊子を眺めてて行きたいなと、何となく思っていたホテル。
新幹線とセットで安いプランを見つけてGo!

このホテルが想像を超えた居心地の良さでした。

Haku00

敷地は3万坪とか。
周囲を森に囲まれたホテルは二階建てなので、圧迫感がありません。
入り口、中庭には季節の花が咲き誇っており、館内にはあちこちに休憩スペース。

Haku02  Haku03

テラスやラウンジも眺めが非常に良い。
通路の途中にある小さな喫煙所でも、ゆったりした椅子と、庭や森が眺められるようにしてある。

今回3泊したのですが、一日は何処にも行かず、ホテルの中でのんびりしようと決めました。
敷地内をお散歩するだけでも、1時間近くかかりますしね。

そしてちょっとした気遣いに溢れている。
休憩スペースには、必ず飲み物が置いてある。
テラスにはコーヒー、紅茶、ハーブティーの他、ワインまで!

Haku04

Haku05

お風呂に入って、テラスで森を眺めながらワイン飲んで、極楽でした。

入り口には卵かけご飯、野沢菜、キュウリなどの軽食もサービスでありました。
こんなに太っ腹で良いのか?

湯沢のシェラリゾートも良いらしいので、そちらも行ってみたい。
(湯沢はご飯が美味しいとか。白馬は正直いまいち…。なので今回食べ物写真は無し。)

白馬に来てます

Haku10

Haku11

現在白馬でのんびりと3泊4日のリゾート中です。

あちこちで暴風雨のようですが、大丈夫でしょうか。
白馬は良いお天気で、山も綺麗です。

ホテルが凄く寛げるので、温泉入って、ワイン飲んで、うだうだしています。
貸切風呂もたくさんあるので、楽しいです♪

森林浴しつつ、お庭の綺麗な花を眺めて、癒されています。
東京に帰りたくない…。

写真はホテルの正面のお庭と大浴場入口。
古民家の風呂、風情があって素敵です。

祝!イチロー

Kimg0972  Kimg0971

イチロー4257安打達成!
さすがに早朝の中継だったので、ライブでは見ていないが、再放送はしっかり見ました。

イチローの快挙を祝してビールで乾杯!

飲んだビールはよなよなエール。
先日テレビで取り上げられていたので、早速4種4缶お試しセットを注文。
すぐに届きました。梱包もカワイイ。

東京ブラックと水曜日のネコは飲みました。
ホワイトエールの水曜日のネコ、気に入った!

コクーン歌舞伎『四谷怪談』

渋谷・コクーン歌舞伎 第十五弾 『四谷怪談』
シアターコクーン

脚本 四世鶴屋南北  
演出 串田和美
出演 中村獅童、中村勘九郎、中村七之助、
中村国生、中村鶴松、真那胡敬二、大森博史、首藤康之、
笹野高史、片岡亀蔵、中村扇雀

ここの所『四谷怪談』の上演が多い。
私が見ているだけでも、一年前の6月、森新太郎さん演出の新国立劇場版。
昨年12月、高麗屋による国立劇場版。
今年5月の前進座版。

そして今回のコクーン歌舞伎。

比較して一番面白かったのは前進座版だった。
結局長く残っている演目というのは、奇を衒わず普通に上演するのが、一番面白いというのがよく判った。
前進座版も役者さんの力量(特にアンサンブルさん)という点では不満もあるが、真っ直ぐに『四谷怪談』という戯曲に取り組んだというのが、良い結果を産んだと思う。

コクーンは以前上演された北番が元になっているとのことだが、生憎見ていない。
多分その当時に見ていたら、凄く面白くて、意欲的だったかったのかもしれない。

演劇はナマものだし、上演される時代、タイミングもある。
今回の演出の、全体に漂う猥雑な空気、音楽の使い方などは、好きでしたが。
難しいですね。

続きを読む "コクーン歌舞伎『四谷怪談』" »

『ラディアント・ベイビー』

『ラディアント・ベイビー』
シアタークリエにて

松下洸平くん目当てで軽い気持ちで見に行ったのだが、終わってみたら涙目で拍手して、拍手で掌が痛いという始末。一生懸命見すぎたのかフラフラ…。

圧倒的な歌、ダンス、カラフルな色彩の照明。
幕開き辺りは主要キャスト4人がやや弱いかなと思ったが、話が進むにつれ、どんどん惹きつけられ…。
主要キャスト4人+アンサンブルさんたちの熱量が凄かった。

凄く好きなミュージカルでした。
(好き嫌いは別れるかも)

31歳で亡くなったキース・ヘリングの物語なのだが、現在と過去をもの凄いスピードで行ったり来たりする。
でも決して判りにくいという事は無い。
生きて、悩んで、恋をして、描きまくった生涯。

人と人との関係。その距離感が面白い。
恋人であるカルロスとの関係も良いが、友人でもあり、大切な理解者でもある、カメラマン・ツェンとの関係も良かった。

もう一回みようかな…。

2016年6月の観劇予定

Kimg0970

Kimg0966

静岡方面に旅行に行ってて更新が滞っていました。

前回の記事に引き続き、早朝より岩隈投手先発のマリナーズ戦を見る。
エラー祭りで負け投手に。ショート1失点、レフト2失点でしたわ。
投球は素晴らしかったのに残念。
J SPORTSの解説が又してもネチネチうるさくて、余計腹立った。

旅行から帰ったら、早速観劇です。
今月の予定です。

『六月大歌舞伎』第一部 歌舞伎座

『六月大歌舞伎』第三部 歌舞伎座

『ラディアント・ベイビー』 シアタークリエ

『コクーン歌舞伎「四谷怪談」』 Bunkamuraシアターコクーン

劇団AUN『桜 散ラズ…』 シアターグリーン

『あわれ彼女は娼婦』 新国立劇場

まだチケット未確保のものもあるが、今月は予定通り観に行くでしょう。

『夜中に犬に起こった奇妙な事件』がシネ・リーブル池袋で上映なので、これも見に行かなくては。
あとは恵比寿の『ルートヴィヒ』。長時間だが頑張るぞ。

歌舞伎座の二部、木ノ下歌舞伎も見たいが、時間的に難しそう。

今月は静岡以外に長野方面にも旅行の予定。
都内の紫陽花も見に行きたい。

写真は我が家の紫陽花。他に3種類くらい咲いてます。
もっと沢山植えて、大きく育てて、紫陽花だらけの庭にしたい。

2016年5月に見た芝居

Bara

今日は4:30から岩隈投手先発のマリナーズ戦見てたので眠い…。
マリナーズ16点って何事?

5月も余り感想が書けなかったので、簡単ですが記録を残します。

観劇した芝居(National Theatre Live含む)

『8月の家族たち August:Osage County』 シアターコクーン

前進座『東海道四谷怪談』 国立劇場

カクシンハン『ヘンリー六世 三部作』 シアター風姿花伝

『橋からの眺め』(National Theatre Live) 吉祥寺オデヲン

美術展

『萩尾望都SF原画展』 吉祥寺美術館

『俺たちの国芳 わたしの国貞』 ザミュージアム

旅行

いつもの長泉(3泊4日)

日帰り薔薇見学(都電荒川線沿線・旧古川庭園・鳩山会館)

今月は長い芝居月間だったのか?
『四谷怪談』も『ヘンリー六世』も、かなり長時間だったので、気合を入れての観劇でした。

カクシンハン『ヘンリー六世 三部作』は、ホント良かったです。
りゅーとぴあ能楽堂シェイクスピア シリーズで知った河内大和さん、怪演していました。
『リチャード三世』は時間が取れず諦めたのですが、こちらも観たかった!

吉祥寺の萩尾望都展見たら、懐かしくて「マージナル」を思わずネットでポチっとしてしまった。

長泉はご飯がめちゃめちゃ美味しかった。

写真は我が家の薔薇。
花屋でひとめ惚れして購入した、マイン・ミュンヘンという品種。
さすがに今はもう散ってしまいましたが、また咲かせたい!

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »