旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« ETERNAL CHIKAMATSU | トップページ | 乾通りへ »

劇団☆新感線『乱鶯』

劇団☆新感線
いのうえ歌舞伎《黒》BLACK『乱鶯』

新橋演舞場 1階前方より
 

作 倉持裕
演出 いのうえひでのり
出演 古田新太 稲森いずみ 大東駿介
清水くるみ 橋本じゅん 高田聖子 粟根まこと 山本亨 大谷亮介 他

古田さん主演の演舞場。
これは期待せずにいられない!と張り切って演舞場へ。
当初は初日あけてすぐのチケットも持っていたが、法事のため断念。
一度りの観劇となりました。

(以下脚本への突っ込みが大半なので、『乱鶯』良かった!の方は見ない方が賢明です。ネタバレ有

大人でビターな味わい”の“苦みばしったハードボイルド時代劇”が製作発表での言葉。
いつものド派手な演出も、闘いまくるヒーローもいない。
それに不満はない。新感線らしくないと言われた『IZO』も、無茶苦茶面白くて、私は大好きでしたし。
公式サイトによると今回は「本格時代劇」らしいが、その割には、脚本がちょっと雑ではないか?
役者さんたちはみな良かった。だからこそもう少ししっかりした脚本だったら…と思わずにいられない。

大筋は良いと思う。かつて盗賊だった鶯の十三郎と、それに纏わる因縁の物語。
だが肝心のクライマックス、押し込みの辺りに粗が目立つのだ。

押し込みの日取り、火縄の砂吉は簡単に十三郎に教えていた。
幾ら自分が依頼した引き込み役としても、何か裏があるとしか思えないのだが、この辺りの描写が曖昧。

十三郎も簡単に押し込みの日取りを信じてる。
少しは疑え。

御先手組の手配りも抜かりすぎ。
狙われている事も事前に判っているのに。
少なくとも前日にほぼ何もしてないって、馬鹿すぎでしょう。

お店の人集めて、押し込みの日を堂々と話すし。
盗賊の仲間がいる可能性を少しも考えていない。

もう長谷川平蔵呼んで来てあげて…。
万全を期していたけど、相手が一枚上で力及ばすという展開を考えて欲しかったです。

孤立無援で戦う十三郎や、ボロボロになりながら奮闘する勝之助は、とても良かっただけにもったいない。

最後に勝之助の父に謝る所も何だかなぁ。
十三郎がもう少し上手く立ち回っていたら、お店の人も勝之助も死なせずに済んだすもしれないのに。

色々と消化不良のまま終わってしまった。

「殺さない」盗賊の十三郎が、部下を皆殺しにされ、自身も死にかけて。
助けられて、ひっそりと堅気として生きていくという展開は、ベタだけど凄く好き。

居酒屋での常連客とのやり取り。
お加代との大人だからこそ、義理に縛られ本音が打ち明けられないもどかしさ。
(+幽霊になって出てくるお加代の亭主の面白さ)
この辺りも良かった。

だからこそもう少し後半の展開が何とかならなかったのか。
決して面白くない訳では無いだけにもどかしい。

でも古田さんはやはり素敵。
殺陣はさすがに衰えていたけど、刀を構えた姿とか、本当に格好良い。

公演の予定って随分先まで計画されていると思うが、今後の新感線の方向がどうなるか。
観客の1人に過ぎないが、色々と考えさせられた。

スーパー歌舞伎みたいに、激しいアクションはきっぱりと若手に任せてしまうのが賢明なのかも。
ただ歌舞伎は若手も基礎が出来てるから心配は無いのだけど、
うっかり動けない若手俳優がセンターに来てしまう新感線は、絶対に嫌だわ。

« ETERNAL CHIKAMATSU | トップページ | 乾通りへ »

芝居・一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/64662996

この記事へのトラックバック一覧です: 劇団☆新感線『乱鶯』:

« ETERNAL CHIKAMATSU | トップページ | 乾通りへ »