リンク

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月の8件の記事

湯西川温泉その2

Kimg0749

Kimg0753

かまくら祭りなので、宿の前や街中にもかまくらが沢山です。
写真上は酒屋さん、下はお土産物屋さんの前。

夜はまず有名な沢口河川敷ミニかまくら会場へ。
長い河川敷にどこまでも並んでいるミニかまくら。
ひとつひとつに灯りが点っている風景。
幻想的で凄く綺麗…。

夜景の写真は撮影難しくて断念。
湯西川温泉かまくら祭のページの写真で、雰囲気を味わってください。

Kimg0766 Kimg0770

メイン会場の平家の里。
こちらも綺麗にライトアップされていました。

雪景色とかまくらを眺めながら夜のお散歩。
宿に戻ったらすっかり冷えていましたが、温泉があるので大丈夫!

こんなに湯西川のお湯が良いと思わなかった…。
月イチで来たら、絶対美肌になれそう。

帰りは路線バスで鬼怒川まで。
バスの窓からの風景が綺麗でずっと眺めてました。

その後はスペーシアで浅草へ。
浅草の松屋の地下でついつい買い物。
銀座の松屋も浅草も松屋も食品街はとても充実。

1泊2日でしたが、お肌にとても効果のあった旅でした。

湯西川温泉その1

Kimg0742

先週末は浅草からスペーシアに乗って、湯西川温泉まで行って来ました。
ここの所仕事も忙しく、温泉で癒されたい!
かまくら祭りも見てみたいということで。

着いてすぐに平家の里へ。
夜はライトアップされるので、夕飯のあとまた来る予定。

宿についてすぐお風呂。
湯西川の温泉、想像以上に温泉の質が良いです。
私の肌と相性が良いのでしょうか。
顔がつるつるになり、化粧のノリも全然違う。

私が泊まった清盛さん。
小さいお宿なので、お風呂もそんなに大きくないけれど、ホントお湯良いです。
夕飯後は部屋にお茶のお香も炊いてありました。
お布団の中には湯たんぽも。
エアコンより湯たんぽですよね。

Kimg0786 Kimg0785

翌日は湯西川水の郷の温泉も入りましたが、こちらもお湯が凄く良いです。
お風呂も広々。休憩室もゆったり。無料の足湯もあります。

ただ食事は全体的にいまいち。
温泉は素晴らしいのに、そこが残念。

新感線次回公演

朝起きてスポーツ新聞でまずはニュースを知る。
その後出演者が判る。
中村倫也くんだ、篠井英介さんだ!

新感線でヴァンパイアというと『The Vampire Strikes Rock』を思い出す。
生田斗真くんで新感線は『Cat in the Red Boots』ですね。

『Cat in the Red Boots』は2006年の上演、もう10年前。
グローブ座に見に行きました。
開演10分前の着席必須。メタルさんの前説も楽しみのひとつ。
斗真くんの横顔がとても綺麗でした。

今度の新感線はどんな舞台になるか。
チケット取れるかが心配ですけどね…。

2016年夏秋興行 SHINKANSEN☆R『Vamp Bamboo burn~ヴァン・バン・バーン~』公演決定!

『オーファンズ』

『オーファンズ』
東京芸術劇場シアターウエスト

脚本 ライル・ケスラー 
翻訳 谷賢一 
演出 宮田慶子
出演 柳下大 平埜生成 高橋和也

オーファンズとは孤児のこと。
世界から切り離されて、フィラデルフィアの片隅で、たった2人だけで生きるトリートとフィリップの兄弟と、孤児だった過去を持つ、大人の男ハロルドの物語。

続きを読む "『オーファンズ』" »

最近の気になるニュース0210

寝不足です。
夜中に火災報知器が誤作動した。
しかも2回も。
勘弁してくれと思ったが、誤作動で良かったと思うことにしよう。

今週は気になる演劇ニュースがあった。

佐々木蔵之介主演×森新太郎演出『BENT』が上演

2016年7月 世田谷パブリックシアター
佐々木蔵之介 北村有起哉 新納慎也 中嶋歩 小柳友 ほか出演

これは楽しみ!!!
『BENT』とのはじめての出会いは学校の図書館でした。
何で女子高の図書館にあの戯曲が置いてあったのかよく判らないが、夢中になった読んだ記憶がある。
出来ればもう少し小さい劇場で上演して欲しかったが。

ナショナル・シアター・ライブ、3月から吉祥寺で上映

これも楽しみ。
上映が大抵一週間程度なので、週末に予定があるとなかなか見に行かれないのですよね。
(何せ上映時間が長い。平日の仕事終わりに観るには結構ヘビー。)
見に行く機会がひとつでも増えるのはありがたい。

さて今夜はよく眠れますように。

2016年2月の観劇予定

0208_2
1月後半から少しだけ忙しくなりました。
本来怠け者なので、どうも生活のペースがついていかない。
観劇もBLOGも滞ってますが、そろそろ復活するでしょう。
ああ、温泉行きたい!

今月は予約済のチケットを、うっかり流してしまったりと、予定も色々未定ですが、見られそうな芝居を並べてみます。

『オーファンズ-Orphans-』 東京芸術劇場シアターウエスト

『リチャード二世』 彩の国さいたま芸術劇場

『夜中に犬に起こった奇妙な事件』 TOHOシネマズ

多分この3本で終わりそう。

『光の国から僕らのために』にも惹かれる。
千葉さん演出の『青春の門~放浪篇~』は日程的に難しいか。
『tick,tick…BOOM!』はチケット買い忘れた…。 

来月のワンピース歌舞伎遠征も、本腰入れてスケジュールを立てないと。
暫くはバタバタ過ごしそうですが、温泉と芝居の予定は何が何でもいれます。

写真はヒアシンス。
写真は外で撮りましたが、香りが良いので玄関に置いてます。

『元禄港歌-千年の恋の森-』

『元禄港歌-千年の恋の森-』
シアターコクーン 2階席

作:秋元松代
演出:蜷川幸雄
出演:市川猿之助、宮沢りえ、高橋一生、鈴木杏、市川猿弥
   新橋耐子、段田安則 ほか

この演目を再演するとは思いもよらなかった。
私が帝劇で見たのは昭和59年。
芝居の詳細は覚えていないのだが、ラストシーンの鮮烈さは忘れられるものではない。
とはいえ子供だった自分には、なかなか理解が出来ない内容だった。

続きを読む "『元禄港歌-千年の恋の森-』" »

天王洲銀河劇場、2017年4月より代アニ運営の「YOANI劇場」に

『元禄港歌』の感想を書いていたら飛び込んできたニュース。

銀河劇場が2017年3月末を以て営業を終了するとのこと。
今後、劇場は代々木アニメーション学院が運営。

アートスフィアの頃から行っていた劇場。
良い芝居をたくさん上演していたが、アクセスが悪いのがやはりネックだったか。
劇場のあるシーフォートスクエアも、昔に比べて賑わいが減っていった。

昔は新感線も上演していた。
とても思い出深いのは『nine THE MUSICAL』。
演目そのものも非常に面白かったが、お金もかかっていた舞台だった。

『nine THE MUSICAL』が上演されていた時代が、劇場にとっても良い時代だったのかもしれない。

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »