リンク

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月の9件の記事

11/28の雑記

00

写真は数日前に撮影した池袋サンシャインだが、今日行ったのは三軒茶屋。
何だか毎月行っている気が。
トラムもパブリックシアターも、見たくなる芝居が常に上演されている。

本日はマチネで『スポケーンの左手』。面白かった!
感想はまた別途。

マチネ終わってダッシュで帰宅。
サクラセブンズ(女子7人制日本代表)の試合見たいなと思ったのだか、テレビ中継無かった…。
前回はJsportsで放送していたのに。

サッカー見て、フィギュア・NHK杯に移動。
NHKの画質がやけに悪いのは、サブチャンネル使っていたから?

羽生くん、凄すぎ。
ホント凄すぎて、言葉も出ない。
金博洋くんも無良くんも素晴らしかったけど、羽生くんはもう人類超えている気が。

以前野村萬斎さんとの対談をテレビで見たけど、萬斎さんもびっくりだろう。

羽生くんもだけど、男子は凄い高難度時代になったな。
バトル漫画だと強さがインフレしすぎると面白さがいまひとつになるが、フィギュアはそんな事もなく面白い。

村上くんもファイナル決まったし、ファイナルが今から楽しみ。

女子は宮原さん優勝。ショートもフリーも素敵だった。
宮原さん少し背伸びた?上品で丁重な滑りが大好きです。

野球がオフになっても、結構楽しくスポーツ見てるな。

『夏の夜の夢』

『夏の夜の夢』 吉祥寺オデヲンにて

トニー賞受賞の演出家・ジュリー・テイモアの演出舞台の映像化。
ナシュナルシアターライブなど、海外の舞台の映像が日本の映画館で見られるとは良い時代になったものだ。

今回はシェイクスピアの『夏の夜の夢』。
タイトルに相応しい、幻想的で美しい舞台。
舞台の表現というものは、こんなにも無限であり、観客の五感を刺激してくれる。
まさに「一夜の夢」の世界にいるようだ。

高さを効果的に使った演出。
シーツ、ベット、ハンモック。
パックや妖精たちが自在に飛び回っているようだ。

パック凄い。男でも女でもなく、年齢も不詳。
人間が演じているとは思えない。
俳優の肉体というのは、ここまで表現が出来るものなのか。

妖精王・オーベロンの黒い肌がセクシー。
美しいタイターニアとの対比が良い。
たくさんの子役たちも効果的。

妖精たちとは打って変わって、現実の恋人たちは世俗的。
その対称も楽しい。
四つ巴で喧嘩をする場面など、下着姿で取っ組み合いだ。
滑稽な姿が笑いを誘う。

喧嘩中に衣装がどんどん肌蹴てくるのだが、演出だろうと思っていても、アクシデントじゃないよね?とハラハラした。

一夜の夢だから、ハーミアとヘレナは何事も無かったかのように、それぞれの恋しい相手と結ばれるのだが、よく男性不信にならなかったな、と思ったり。
男性不信どころか、人間不信になりそうだ。
オーベロンもかなりヒドイ。

映画館でゆっくり見ると、この物語の男性陣、結構酷い男ばかりだ。

吉祥寺オデヲンでは12/3まで。
18:25~なので平日のお仕事帰りだとちょっと厳しいかも。

焼酎を買いました

Kimg0578

安かったのでついこんなに…。

プレミア12の決勝戦見ながらこの酒を飲む予定だったのですが。
真っ昼間の三位決定戦ではねぇ。

三位決定戦、打ちまくりでした。
準決勝で打ってくれよ。

決勝は韓国圧勝。
良いメンバー揃ってたし、当然の結果だと思う。

しかし数日たってもあのプレミア12準決勝の9回は何だったのか。
継投ミスばかり言われるが、三塁コーチも2回暴走してるし。
打線の組み方も疑問。坂本下位では駄目なのか。

それでも初戦、札幌での韓国戦から、他国の試合を含めて面白い野球の試合が見られて、非常に楽しい日々でした。
若い選手が多くて、ワクワクしたし。

山崎選手のTwitterと西選手のblogには癒された!

さて、から揚げと餃子スープで焼酎家飲みだー。(おやじメニュー)

あああ

侍ジャパン負けた…。
悪夢のような負け方だった。

あの継投は無いわ。
うたれたのが楽天の投手というのが辛いのだが、
何故則本引っ張って、ボール先行の松井出して、牧田山崎澤村温存…。
9回は澤村出すと思ってた。

そもそも8回まで大谷で9回則本で良かったのでは。
継投なんて結果論かもしれないけど、松井投入だけはホント無いわ。
嶋も何やってんだか。

もう何もやる気しませんわ。

11/15の雑記

月初に載せている「今月の観劇予定」が無いまますでに半月過ぎました。
ちょっと旅行で遊び過ぎて疲れが抜けないので、自宅で大人しくしている日々です。

野球のプレミア12が面白すぎて、テレビの前から動けないというのも大きい。
何で毎日あんなにドラマチックな試合をしているのだろう。

他国の試合も面白いなー。
タイブレークとか、他国だから楽しめるのであって、侍ジャパンでコレ見たら心臓が持たないわ。

そんな訳で今月は芝居は多分『スポケーンの左手』の1本のみの予定。
『夏の夜の夢』は日本橋か吉祥寺のどちらかで見たい。

伊豆の旅 その3

01_2

3日目はお天気が良かったので、旅館の方のお勧めの河津バガテル公園へ。
フランス式庭園のローズガーデンだそう。

02 05

04 03

秋バラが丁度見頃でした。
一面バラでいっぱい。黄バラは伊豆の踊子という品種です。

帰りの列車の時間があるので、バラだけ見て帰ったのですが、温泉会館や足湯も行ってみたかった。

伊豆は良いですね。
静岡は何だか落ち着きます。

東京からも近いし、年取ったら移住したくなってきました。

伊豆の旅 その2

Simo04_2 Simo05_2

今回泊まったのは伊豆・弓ヶ浜温泉の「季一遊」さん。
旅行会社が毎月送ってくれる「The温泉の旅」からチョイス。

最近このプランよく使っています。
列車セットでなかなかお得。
自分で一からじゃらんやゆこゆこで探すのも結構大変。
列車の時間が選べないのは辛いですが、パンフが送られてくると行きたい温泉にマーカーしてます。

「季一遊」さん、目の前が海です。
眺めも良いし、温泉も豊富で、何より接客が素晴らしかった!
丁寧で優しくて気取ってなくて、2泊したのですが凄く居心地良かった。

伊豆といえばお刺身ですが、2日間ともお刺身盛り合わせ美味しかったです。

お湯はそれ程きつくなく、のんびり露天に浸かりました。
「季一遊」さん、また来たい旅館です。

ところで温泉に2泊した時って、中日のお昼ってパンとコーヒーが欲しくなりませんか?
ずっと和食だし、朝ご飯もついつい食べ過ぎてしまうし。
だが温泉宿の近くには大抵パン屋もコーヒーショップも無いのですよね。

正月ドラマ「坊っちゃん」配役

「嵐」の二宮くんの「坊っちゃん」、配役発表になりましたね。

古田さんの山嵐、山本耕史くんのうらなり、ミッチーの赤シャツとツボをついたキャスト揃い。
「野だいこ」の八嶋智人さんとか、ぴったりすぎ。

まぁ記事の中で一番衝撃だったのは、及川光博(46)なのだが。

日本一キラキラしている46歳だよ、ミッチー。

嵐の二宮「坊っちゃん」に!豪華共演陣「正月じゃないとできない顔ぶれ

伊豆の旅 その1

Simo03

今月もまた伊豆方面へ。
今回は下田~河津への旅。2泊3日で行って来ました。

下田も河津も20年振りくらい。
三島には2ヵ月に1度は行ってるのだが。

伊豆急に乗って下田まで。
遠いですな…。交通費も高いし。
温泉も良いし、食べ物も美味しいし、交通費がもう少し安ければ良いのだけど。

下田はぶらぶらするには良い街。

Simo02  Simo01

海見て、ペリーロード見て、足湯で休憩して。

下田の紫陽花が見たいので、今度は6月頃に来たい。

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »