旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« がっかり… | トップページ | 伊豆の旅 その1 »

スーパー歌舞伎II(セカンド)『ワンピース』

歌舞伎版『ワンピース』、予想の遥か上を行く面白さ。
ここまでやるかのオンパレード。
澤瀉屋一門が今まで培ったノウハウ全てぶち込んだ、本気中の本気のエンタメ超大作。

正直こんなとんでも大作に仕上がるとは思ってもいませんでした。
「いまひとつ食指が動かない」と言っていた一カ月前の自分を殴りたい。

歌舞伎だ、いや違うなどという議論は、ハッキリ言ってどーでもよい。
今、日本で一番エキサイティングかつ面白いのは、間違いなく新橋演舞場だ。

感想というより思い付いた事をつらつらと書く。

歌舞伎でここまで徹底したエンタメ作品を上演されてしまったら、他の演劇は太刀打ち出来ないのではないだろうか。

何といっても役者さんが上手い。
歌舞伎の役者さんは、体を使って表現することに長けている。
スポーツと一緒で、小さい頃から身につけているものには、絶対に叶わない。

そんなプロ中のプロが全力投球しているのだ。

特に二幕のニューカマーランドはびっくり。
宝塚というより「ロッキーホラーショー」のようだ。

演出は上手い具合にアナログがきいている。
プロジェクトマッピングも駆使しているが、印象に残るのはやはりアナログ。
歌舞伎ファンには見慣れた本水も、何度見たってあの大滝が出現する瞬間は歓声があがる。

青雉の氷の表現とか、ワイヤーと紙吹雪で格好良く作ってる。

その氷に対するのはエースの使う火。
一瞬燃え上がる炎や、旗を使った対決とこちらも格好良い。
旗はさすがに福士くん大変そうだが、頑張っている。

浅野和之さんが素晴らしいのはもちろんなのだが、福士くんも健闘。
以前見た舞台では殺陣も良かっし、「闇の狩人」も色気があった。
木曜時代劇で主役ならば剣豪役を演じて欲しかった。(「まんまこと」面白かったけどね)
殺陣の出来ない若い俳優が剣の達人役をキャスティングするのは、いい加減勘弁して欲しい。

エースといえば白髭海賊団とのセリを使った並びも格好良かった。
スーパー歌舞伎といえば、私的にはセリ。セリの格好良い使い方。

本当に三代目はこの辺りが上手かった。
ただ登場人物がセリに乗って上がって来るだけなのに、凄まじく格好良い。
案外セリを効果的に使う演出家って少ないと思う。

二幕最後の鯨にも驚いた。
最初CGかと思ったら、舞台から飛び出し来た。

まぁ二幕最後のみなで歌うみたいなノリは、私は苦手だったのですが。

まさに演出手法の万国ビックリショーです。

役者さんは開幕当初から話題に上がってる、巳之助くんと隼人くんが目立ってますが、女形さんたちの奮闘も素晴らしい。
漫画のキャラクターを女形が演じるということ。非常に難しいと思う。

その面白さが集約されているのが「アマゾン・リリー」の場面。
女性だけの島が舞台になる場面を、あえてチョイス。チャレンジャーだと思う。
リアルにキャラクターを表現してはいないけれど、ニョン婆はじめ歌舞伎の女形であり、ちゃんと漫画のキャラクターだった。

逆に巳之助くんのゾロと隼人くんのサンジの再現度は凄い。
私が見に行った日はサンジの舞台写真が売り切れていたよ。(そして休憩中に入荷した)
サンジがスーツの上に褞袍を羽織っていたり、たばこが煙管だったり、細かい工夫も素敵。

二幕の滝の立ち廻りは若い2人が担当。
長い公演、怪我なく頑張って欲しい。

今回衣装が竹田団吾さんで、まさか団吾さんの名前をスーパー歌舞伎で見るとは。
新感線ファンとしては、色々と感慨深い。
矢絣がのメイドさん風衣装とか可愛い。和と洋の融合が素敵。
団吾さんのTwitterに衣装の話が出てきてます。

私の今年のベスト芝居3本は、今の所『マーキュリー・ファー』『嵐が丘』『アドルフに告ぐ』なのだが、歌舞伎版『ワンピース』は凄すぎて別格。特別賞って感じです。

« がっかり… | トップページ | 伊豆の旅 その1 »

芝居・歌舞伎、古典等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/62307628

この記事へのトラックバック一覧です: スーパー歌舞伎II(セカンド)『ワンピース』:

« がっかり… | トップページ | 伊豆の旅 その1 »