リンク

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 9/17の雑記(秋のドラマ) | トップページ | ラグビーW杯見てた »

『幕末太陽傳』 本多劇場

『幕末太陽傳』  本多劇場
上演台本・演出=江本純子

幕が開いてすぐの観劇。少々時間がたってしまったが簡単な感想を…。

開演前サラリーマン風の男が、客席の通路を歩きながら腕時計を見て時間を告げる。
そして開演。あっという間に幕末の江戸に世界に引き込まれる。

冒頭のこの場面もだが、演出が色々な工夫を凝らしている。
それはとても面白いのだが、少々頑張りすぎな印象も受ける。
前半、沢山の役者陣が舞台を駆け回り、舞台のあちこちで様々な場面が展開される。
試みとしては面白いが、バタバタしすぎて落ち着かない。観客の視点が定まらない。

多分もう少し芝居が練れてくれば効果的なのだろうな…。

柱や格子のセットを役者さんたちが持って、場面に合わせて細かく場所を変えていくのだが、これが逆に芝居に集中出来なくて。

とはいえ佐平次役の青木崇高さんは魅力的だし、女優さんたちの衣装も素敵。
後半に観劇したら、印象が変わったかもしれない。

« 9/17の雑記(秋のドラマ) | トップページ | ラグビーW杯見てた »

芝居・一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/61684742

この記事へのトラックバック一覧です: 『幕末太陽傳』 本多劇場 :

« 9/17の雑記(秋のドラマ) | トップページ | ラグビーW杯見てた »