旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 別所温泉へ行ってきた その3 | トップページ | 6/15の雑記(交流戦終了) »

『アドルフに告ぐ』

『アドルフに告ぐ』
KAAT 神奈川芸術劇場

演劇ファンとしては見逃せない芝居。
立体的に構成された舞台であり、観客の想像力を最大限に働かせる。
そして見ているものの心臓に、台詞を打ち込んでくる。

昔、原作を読んだ時にその世界観に圧倒された。
今回の舞台もただただ圧倒される。

役者さんが凄いのはもちろんだが、演出家の舞台の隅々まで行き届いた美意識も印象的。

全体的には重いトーン。
ヒトラーの場面は絵画的。
そして2人のアドルフが立場を変えて再び会う、あのラストの開放されたような空間。

凄い舞台でした。

とり急ぎの感想です。

« 別所温泉へ行ってきた その3 | トップページ | 6/15の雑記(交流戦終了) »

芝居・一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/60360063

この記事へのトラックバック一覧です: 『アドルフに告ぐ』:

« 別所温泉へ行ってきた その3 | トップページ | 6/15の雑記(交流戦終了) »