リンク

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月の19件の記事

岩隈投手、6試合ぶりに四球を出す

VS CLE 7回6安打2失点6奪三振 1四球 投球数99球

ライブでは見られず、スポーツニュース&再放送で試合を見る。
1回にストレートの四球を出したが、何と6試合ぶりとか。
試合後監督にもがっかりと冗談を言われてた。

ピンチでも計算通りのゲッツー。
MLBハイライトでカットボールが有効だったとの解説。
でも野球素人なんで、変化球よく判らん。
シーガーのシフト逆手に取ったバントヒット面白かったな。

7回はあわやHRの当たりも有り、ヒヤヒヤ。
野手の好守備に助けられました。

7回2失点で降板後、リリーフがしっかりおさえて9勝目!
日米通算2000投球回も達成。
おめでとう、岩隈投手!

昨日はカブスの和田投手もメジャー初勝利。
捕手がインタビューで誉めてたなぁ。
ダルビッシュも勝ったし、MLBが毎日楽しい。

日本の野球はね…偶には楽天勝つとこみたい。また松井くん見殺しだよ…。

岩隈、7回2失点で9勝目 日米通算2000投球回達成

じぇじぇじぇ

Dsc_4106  Dsc_4107

じぇじぇじぇ発祥の地にいました。
朝7時にあまちゃんのテーマ、夜6:00に潮騒のメモリーが流れる町だよ。

東北だから涼しいと思ったら、結構暑くて、ハードな作業続きでフラフラ。
でもせっかく来たからには、時間を作って観光もするぞ!

そんな訳で観光バス乗車。
小袖海女コース。土日祝の運行で何と1000円。時間も3時間20分とお手軽。

Dsc_4093

海沿いをバスで走って、まずは小袖海岸。海綺麗ーーー。
現地ガイドの方が丁重にロケ地も説明。

Dsc_4096  Dsc_4086

海女さんたちの素潜りの見学も出来ますし、夏休みは高校生の女の子も潜ります。
灯台も近くまで行きました。じぇじぇじぇの記念碑も出来ました。
お店も沢山出ており、せっかくなのでウニ食べました。

その後、琥珀博物館、やませ土風館へ。
バス降りたあとはあまちゃんハウス行ったり、時間まで町をぶらぶら。

Dsc_4109 Dsc_4113

帰りはリゾートうみねこ号で八戸まで。海眺めながら帰りました。
三陸鉄道は時間が無くて諦め。
写真を見ればお判りの通り、素晴らしくお天気に恵まれた一日でした。(暑かったけどね)

実はあまちゃんは1/3くらいしか見ていないのですが、地元の人のドラマに対する愛情が凄く感じられて、楽しかったです。

市村正親さん『ミス・サイゴン』休演

東京へ戻る列車の中、友人からのメールでこのショックなニュースを知りました。

ミュージカル『ミス・サイゴン』【出演者休演のお知らせ】 

今後のエンジニア役は、駒田さんに加え、何と筧利夫さんが加わるとのこと。
筧さんのエンジニア、もう一度見たいと思っていたけど、こんな形で実現するとは…。

過去演じている役とはいえ、新演出でがらりと変わった『ミス・サイゴン』。
筧さん大変すぎる…。

市村さんもホント舞台上ではお元気な方だから、何だかニュースが信じられません。
急がずゆっくり治して欲しい、それだけです。

東京脱出

Kuji_01_2
東京脱出中です。といっても遊びでは無いのが悲しい。
まぁまぁ暑いけど、都内みたいに圧迫感のある暑さでは無い。
空気が気持ちよい。

自分は都会っ子だが、都心部は何だか人が住むのに、厳しい環境になってきたな、なんて思う。

『ミス・サイゴン』(プレビュー)

『ミス・サイゴン』(プレビュー)
帝国劇場 1階前方から

エンジニア:駒田一
キム:知念里奈
クリス:上野哲也 
ジョン:上原理生
エレン:三森千愛
トゥイ:泉見洋平
ジジ:池谷裕子

大好きな知念キム目当てで早速プレビューを観劇。
知念さんも年齢的に何時までキム出来るか判らないし。

うーん、全体的に微妙。
演出面と新キャストがね…。
めぐろパーシモンホールで観た時は、あれ程魂を持って行かれて感動した新演出版の『ミス・サイゴン』だったのですが。

続きを読む "『ミス・サイゴン』(プレビュー)" »

明日の「NEWS ZERO」

劇団AUNさんのTwitterによると、
明日の夜、7月23日23時からの日本テレビ「NEWS ZERO」で、
吉田鋼太郎さんの特集を放送予定との事です。

今は舞台『カッコーの巣の上で』の真っ最中ですが、朝ドラもある。今後の舞台もある。
決して多くは無い時間で、どんな話が聞けるのだろう。
劇団AUNの話も聞きたいし、出来れば『トクボウ』の話も…!(日テレだしね)

プロ野球後半戦スタート!

0721_1

楽天が逆転勝ち 西田が同点3ラン「後半戦は逆転のイーグルス」

西武ドームに西武×楽天戦見に行って来ました。
連休はこの時期なのでお寺に行ったりと、ちょっと暑さと疲れで西武ドームに行くのを実は躊躇。
何せ超人・糸井選手も熱中症になる球場ですからね。

でも美馬投手先発だ!と張り切って行ったら、美馬はあっという間にマウンドからいくなったよ…。
ホントにしっかりしてくれ~。日本シリーズMVPでしょう!

試合は楽天17安打9得点、西武16安打8得点と乱打戦。
5時試合開始なのに、終わったの9時ちょっと前。
6時開始の甲子園に追い抜かされていたよ。
疲れた~。

西武の炭谷選手のHRが出た時は、心が折れてテンション下がったが、最後まで応援するのは大切ですね。
8回表西田選手の同点3ランHRは、打った瞬間叫びましたよ。
嶋捕手の勝ち越しの内野ゴロも嬉しかった。
ランナー三塁の9回、最低限の仕事が出来るか出来ないかは全然違う。

そんな乱打戦の中、9回裏ビシッと抑えたファルケンボーグ投手はさすがでした。

見ている方も疲労困憊の試合でしたが、楽しかった!
写真はヒーローインタビュー西田選手。楽天・期待の若手です。

7月期のドラマ 2

先日外出後デパ地下へ行く。
駄目だ、まだマカロン見ると笑っちゃう…。

『家族狩り』3話

谷田歩さん本格的登場!
格好良いけど、ギラギラしてて、インテリ風に見せた目の奥に狂気があって怖い。
岡田浩暉さん、今回眉すってる?人相が全然違う、どうしようもないアル中の父親が上手い。

浅田美代子さんの母親が、何でも娘のせいにするのが妙にリアル。
介護の問題は、見ていて辛い…。

3話は物語そのものは大きく動かなかったが、見ていると心臓がぎゅっとなる辛いドラマ。
4話ももちろん見る予定。

『信長のシェフ』2話

比叡山焼き討ちの回だが、初回の顕如様と信長様の対決が凄すぎて…。
それに比べると2話はやや大人しめかなと思ったが、信長包囲網の皆さんが相変わらず濃くて素晴らしい。次回も楽しみだ。
B級時代劇路線、突っ走って下さい!

それにしてもミッチーは所作綺麗。
派手な衣装に目が奪われがちだが、一期の頃から直垂(で合ってます?)姿に品があるな、と。
正月のテレビ東京『影武者 徳川家康』の石田三成役も良かったし、また時代劇に出ると良いな。

しかしHDDの録画がなかなか消化出来ないな…。
スポーツニュースが終わったら何見るかな。

エンゼルス×マリナーズ、何と延長16回…

今日は一日野球三昧。

朝からTEX×TOR。
ダルビッシュVS川崎の対決も見られる。
ダルビッシュに勝ちがついた!ムネリンも良いバッティング。

11時からSEA×LAA。
岩隈投手先発試合。
強打のエンジェルスだが、クマはエンゼルスキラー。

今日の岩隈投手
7回77球 6安打 3三振 四球0 失点2

マリナーズ・岩隈久志が7回2失点 勝敗付かずも5試合連続クオリティ・スタート

1失点目が惜しかったなぁ。ホームでアウトに出来ると思ったのに、まさかの捕手ズニーノ、ボールを零す。でもズニーノにはいつも助けられるからね。

今日は少し調子悪かったかな?
でも強打のLAAに2失点で無四球はホント凄い。

岩隈投手降板後、買い物に行ってしまったのだが、帰ってきたらまだ試合やってた!
結局延長16回、エンジェルスがサヨナラ勝ち。
家の時計は16時回ってたよ…。球場にまだ結構お客さん残ってて驚き。

夜は日本のオールスター。
大谷くんの160キロ代連発で盛り上がるが、ベンチの大谷、則本、西の3ショットが可愛くて和んだ。

テレビ朝日の地上波の中継、途中で終わるのは仕方無いが、何でBSやCSでリレー中継しないかな。
SEA×LAAはBSのサブチャンネルとはいえ、最後まで放送してたぞ。

SBの選手の中ではちょっと好きな柳田選手がMVPで嬉しい。
でも楽天のサブちゃん、2試合で4イニングは無いわ~。

『抜目のない未亡人』

『抜目のない未亡人』
新国立劇場中劇場 前方やや下手の席。通路近く(ここ重要)

原作 カルロ・ゴルドーニ
上演台本・演出 三谷幸喜

出演 大竹しのぶ 段田安則 岡本健一 木村佳乃  中川晃教
高橋克実  浅野和之 八嶋智人  峯村リエ 遠山俊也  春海四方 小野武彦

カルロ・ゴルドーニ作の『抜目のない未亡人』を、三谷さんなりにアレンジしたのが、今回の『抜目のない未亡人』とのこと。

年上の夫を亡くした未亡人・ロザーウラ・デ・ビゾニュ―ジ。彼女を取り巻く映画監督。
未亡人は大女優で、独り身になった事で女優への復帰を画策。
監督たちは、彼女を主役にした映画が撮りたいと、口説きまくる。

そんなに人間模様が「ヴェネツィア国際映画祭」で賑わう、水の都ベルチアのホテルで繰り広げられる。

深い筋は無い芝居だけが、芸達者な役者さん揃いなので、繰り広げせれる会話が面白くて、とにかく楽しめる良いお芝居。
上手い役者さんを、見られるのって幸せな事なのだと思わせてくれる。

前方の客席を潰していた事もあり、舞台と客席の距離が近い。本当に目の前に役者さんがやってくる。
しかも下手通路のそばだったで、その通路には八嶋さんが沢山来る。
通路に座って、近くのお客さんと話したりもする。
もうそれだけでテンションが上がる。

舞台美術も素敵。
海に面したホテルのロビーなのだが、白い床とブルーの海。
照明が美味いのか?凄く日差しが明るく見えて綺麗。
何となく『古畑任三郎』の『すべて閣下の仕業』の回のセットを思い出した。
(古畑の舞台はイタリアでは無いですがね)

大竹しのぶ演じるロザーウラが監督たちの真意を探る為、様々な人物に扮して監督に近付く場面は、笑えると同時にしのぶさんの演技力に舌を巻く。
大判のスカーフ一枚を使い、洗濯女やら少女やら、様々な人物に扮する。
ロザーウラを熱く口説いていた監督たちの真意は、実に打算に満ちたもので。

各監督たちもそれぞれキャラクターがしっかりしているし、何より各国代表なので国旗をモチーフにした衣装も面白い。
丁度ワールドカップ開催中に観たので、何だかこちらもタイムリー。優勝したドイツ人はいなかったが。

特に私が好きだったのが、ホテルマンであり道化のような役を演じた八嶋智人さん。
進行役も兼ね、芝居全体の緩急をつけながら、見事に客席と舞台の橋渡しをしてくれた。
後半仮装をするのだが、その時の道化の衣装が妙に似合っている。
『夏の夜の夢』の妖精パックのようだった。

ホント楽しい芝居でした。
アッキーの歌も少しでしたが聞けて幸せ。

7月期のドラマ

日本テレビの深夜ドラマ『トクボウ』が終わってしまい、暫く『トクボウ』ロスになっておりました。

暑くて出掛けるのも面倒で、月初は自宅でテレビっ子の日々。
最近劇場で見ていた好きな役者さん達が、ドラマで話題になったりして楽しい。

TBS『家族狩り』
何といっても谷田歩さんの出演が嬉しい。油井善博役。
2話ではまだ姿のみ。DV夫でインテリヤクザの役らしいが、眼鏡姿が新鮮です。

他にもアル中で娘を虐待する駒田幸一役に岡田浩暉さん。荒み演技が凄くて、最初誰だか判らなかったよ…。

2話から登場した、エンケンの奥さん馬見原佐和子役は秋山菜津子さん。
演劇ファンには目茶目茶知られている女優さんですが、テレビを見た方の感想を見ると「あの女優さん誰?上手い!」と大絶賛。さすが。
谷田さん目当てでとりあえず1話から見てましたが、2話の秋山さんの芝居はホント凄かった。
次回以降も楽しみ。

TBS『ペテロの葬列』には千葉哲也さんが出てますね。ソリティアやってるのが妙にリアル…。

まぁ一番楽しみなのはテレビ朝日『信長のシェフ』なのですが。
深夜からゴールデンに移動しても、1期の雰囲気そのまま、突っ込み所満載のB級時代劇っぷり。
テンポ良くて、キャラ立ちしてて、面白いなぁ。

やりたい放題のミッチーの信長様と、胸やけしそうな濃い芝居の猿之助さんの顕如。
ドラマ後半の背景に龍と虎背負った2人の対決、大変見応えがありました。
お菓子売り場でマカロン見る度に、「極楽の門よ…開けっっっ!」を思い出して吹く。

」思い出して笑ってしまうよ。
殺されかけて、着替えて戻って来た信長様の衣装が、過去最大に派手派手だった。
松永久秀役の笹野高史さんもイキイキ。

とはいえ『吉原裏同心』と完全に時間被っているのが悩みの為。
貴重な地上波時代劇なのに。

岩隈投手、8勝目。あと1人で完封逃す

世間はWCですが(スポーツ好きなのでもちろん見てますよ)、私は何といっても岩隈投手のピッチングに注目!

岩隈、3戦連続無四球で8勝目 メジャー初完投&初完封「あと1人」も… 

VS OAK 8回2/3 104球 5安打2失点 8三振 無四球

前半戦最後の登板は首位で打撃良くて、嫌らしいバッテングもしてくるアスレチックス戦でしたが、見事なピッチング。
3試合連続の無四球とか。凄いわ~。
昨日もキングで勝ったし、マリナーズ良い感じ!球場の盛り上がりも、テレビを見てても伝わってきました。
シーガーもカノも守備に打撃に大活躍!4回のピンチの併殺の守備とか、見所満載でした。

9回も続投。
田中投手の怪我の事があったので、無理はして欲しくなかったのですが、やはり9回のマウンドに上がる姿は良いものですね。
西武ドームで延長10回投げた事を思い出した。

9回2アウト目を取ったのが苦手なセスペデス。
今日は1回からかなり気を使って打ち取っていた相手なだけに、2アウト取って安心しないでくれ~と思ったら、次のモスに初球を持って行かれて、完封も完投も逃してしまった…。残念。

でも試合終了の時のクマの笑顔良かったー!
今日で規定投球回数のりました。一か月出遅れたにも関わらず、オールスータ前に規定乗ったのは嬉しい。
岩隈投手ののピッチング、やはり大好きだわ~。

そして楽天の試合開始が日曜だから1時だった事を思い出し、慌ててチャンネル変えたら楽天が6点取っててびっくり。

ミュージカル『カルメン』

ミュージカル『カルメン』 
銀河劇場 1階前方サイドブロック

音楽 フランク・ワイルドホーン
演出 小林 香

出演 濱田めぐみ
清水良太郎 米倉利紀 大塚千弘
JKim 香寿たつき 別所哲也 他

観劇日から日数がたってしまったげと、とりあえず少しでも思い出した事を書いていく6月の舞台その3

これでラスト。
最初に書いておきますが、ほとんど読むべき内容を書いてません。

続きを読む "ミュージカル『カルメン』" »

ショックで茫然…

何がショックで田中投手のニュースですよ。
DL入りという事でしたが、そんなに深刻な負傷とは。

田中将が右ひじ靱帯を部分断裂、6週間のリハビリへ

怪我のニュースは悲しいだけです。早く治れば良いのですが。
何でもっと早く判らなかったかなぁ。
どんな批判があっても、球数ちゃんと計算したり、違和感があったら一回先発飛ばしたりするようにしないと、体が持たないのでしょうね。

楽天も投手に無理させるの止めて欲しいなぁ。
則本投手とか故障しそうで怖いよ。
先発がイニング食えてないから、中継ぎ陣もフル稼働だし、素人考えだけど中4日はどういうものなのだろう。

7/9のスポーツ

日付変わってしまったが…。
7/9は色々ありました。

まずサッカー。
5:00には起きれず前半戦途中から見ましたが、ドイツ勝ってる、頑張れ~と寝ぼけ眼でいたら、どんどんドイツが点取ってよく判らない展開に…。
ブラジルがこんなに守備ダメダメなのは、キャプテンのチアゴ・シウヴァがいないから?
何だか見ているのが辛くなってきて、前半戦で離脱した。

そして午前中はMLB!
テレビでヤンキースの田中投手を応援しつつ、パソコンでカブスの和田投手応援!
和田投手5回1失点(自責点は0)でした。
ダブルヘッダー用のメジャー昇格のようで、すぐにマイナーに戻る?
それでもまた見たいと思わせてくれる投球でした。左腕は重宝されるしね。

しかしその後カブスの中継ぎ…。
出てくる投手出てくる投手、点取られる取られるで、5点差あったのに何故かサヨナラ負け。
カブスファンだったら怒り狂う展開だな。

マー君はちょっと残念…。この時期は疲れが出る投手が多いからね…。

夜は楽天VS日本ハム。
大谷くんが凄すぎて言葉も無いですわ。
9回の球速が158→159って、おかしすぎる。
この間野手で試合出てHR2本打ってたよね?
本気で大谷くん逸材すぎて、とんでもない。
楽天・辛島投手も良かっただけに、何とか勝ち付けてあげたかったなぁ…。

さて明日はWC準決勝もう一試合と、ダルビッシュ投手の先発だ!
毎日寝不足…。

『オーシャンズ11』

『オーシャンズ11』
シアターオーブ 2階席から
 

脚本・演出:小池修一郎
出演 香取慎吾 山本耕史
橋本さとし 霧矢大夢
観月ありさ  ほか

観劇日から日数がたってしまったげと、とりあえず少しでも思い出した事を書いていく6月の舞台その2

とにかく理屈抜きで楽しかった舞台!
エンターティメントに徹していて、ワクワクさせられる。
前述した通り、徹底的にお客さんを楽しませようという姿勢が気持ち良い。

クライマックスの捕り物は、客席巻き込んで大騒ぎになるのだろうなと思っていたら、ちゃんと自分のいる2階席にも何人か役者さん来てくれた!お札も撒いた。
自分の近くを芋洗坂係長が通った!というだけで、テンションが上がりますよね。

舞台前方にはラスベガスシートとしいうお高めの席がありましたが、その席はドレスコードがあったのかな?
皆さんお洒落していて、舞台の雰囲気とマッチしてました。
開演前に舞台上で役者さんとカードをしたり、何度も役者さんがテーブルに来たり、熱心なファンでした一度くらいは座りたい席かも。
そういったお客さんも巻き込んだ盛り上げ方が、実に上手く創られていた。

香取さんの歌に関しては覚悟していたので…。
まぁもう少し歌減らして、他の出演者に歌わせて欲しかったが。
スーツ姿は目茶目茶格好良かった。
観月さんは足が綺麗すぎて視線が釘付けになってしまった。ただ動けないのがな~。

サカケンの頑張りが凄かったが、大阪公演は出ないのね。残念。

舞台美術も豪華で素敵。最近見た舞台の中では一番お金かかっていたかも。
1万以上のチケット代出すからには、出来れば余りチープなものは見たくない。

予想以上に楽しい舞台で満足です。

岩隈投手の奪三振ショー!

本日の対ツインズ戦。
岩隈投手、7回無失点10奪三振で7勝目!

Iwakuma's impressive start

一か月出遅れたのにもう7勝目。
今日はストレートがキレまくりで、びっくりするくらいの奪三振ショー。
内野ゴロで無いと、何となくクマ大丈夫かと心配になってしまうが、杞憂に終わる素晴らしいピッチング。
ツインズ戦はこれで5戦5勝。自責点0とか。凄いな~。

7回のピンチでの三振はしびれました。
メジャー行ってからは、吠えるクマって余り記憶にない。
キャッチャーのズニーノも格好良い!

今日女子サッカーの川澄選手が見に行ってたのね。
アウトとると「KUMA(リアル熊の画像)」と表示されるとは!
セーフコ面白いね。

明日は田中投手、そして和田投手がメジャー初登板!
マー君には申し訳無いが、明日は和田投手のカブス戦見る事にしました。
和田投手のBLOG読んでちょっと泣けてしまった…。
ホークス時代に一度だけですが球場で投げる姿見た事ある投手だし、
何かよく岩隈投手と投げ合ってたし、イケメンだしね!
ぜひぜひ頑張って欲しい。

田中投手は今年オールスター選出。
しかも選手間投票一位とか。1年目の投手で一位選出って凄いと思う。

イーグルスも買ったし、則本投手は月間MVPだし、今日はビールが美味い!

あれ?5時からサッカーで、8時からカブス戦?睡眠時間が…。
寝る前にメジャーのオールスターのプラスワン投票で、元楽天、現マリーンズのマギー選手に投票しなくちゃ!
ダルビッシュ投手もマギー選手推してくれて嬉しい。

『十九歳のジェイコブ』新国立劇場

『十九歳のジェイコブ』新国立劇場

原作:中上健次
脚本:松井周
演出:松本諭吉
音楽監修:菊地成孔

19歳の青年ジェイコブを中心に、若者特有の潔癖さと虚無感が交錯する息苦しいまでの緊張が描かれる本作。セックスとドラッグに溺れジャズで身体を満たすジェイコブと、ヘンデルを聴きバクーニンの言葉に浸るユキ、二人それぞれの想いと過去が、やがて破壊的な衝動を抱いて・・・・・・。

観劇日から日数がたってしまったげと、とりあえず少しでも思い出した事を書いていく6月の舞台その1

原作未読だが、何となくもっと猥雑で汚らしい舞台になるのかと想像したが、終始綺麗な演出で驚いた。
空間を上手く使った舞台美術は素敵だったが。

若者たちの行き場の無い思い、如何しようもない焦燥感。
彼らの目に見える世界は、まだまだ綺麗なのかもしれない。

ジェイコブと友人ユキは、一見対照的に見えるけど、凄く似ている部分もある。
松下洸平くんのユキが、とても良かった。
他人から見たら恵まれている生まれ。それとどうしたら戦えるのか、判らない苛立ち。
姉との歪んだ関係。嫌悪する家族と自分。

ユキのあの、性に対する潔癖さは何処から来ているのかと思ったが、そこは納得出来た。
ゲイでも無いし、女性が駄目というより、セックスそのものが駄目という感じ。

とはいえ良かった部分と、何だか釈然としない部分が入り混じった舞台でした。

2014年7月の観劇予定

0701

東京に帰ってから何だかボーっとしてました。

出先で時間があったので、海見てきました。
海水浴にはまだ早い季節でしたので、人全然いませんでした。
お土産は日本酒です。試飲したけど実に美味♪

6月は何だか芝居沢山見たい病にかかっていたので、反動で7月は大人しくする予定。
チケット確保済は以下の通り。

『抜け目のない未亡人』  新国立劇場

『七月大歌舞伎 昼の部』  歌舞伎座

『七月大歌舞伎 夜の部』  歌舞伎座

『ミスサイゴン』  帝国劇場

椿組恒例の花園神社野外劇も気になっているが、暑さとの戦いですからね~。

今月は野球にも行きたいが、この時期の西武ドームって蒸し暑くて、ちょっと二の足踏んでます。
自宅でビール飲みながら、テレビでマリナーズの試合見たり、楽天の試合見てダラダラしそう。
もちろんワールドカップも見てます。決勝トーナメント面白い!

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »