旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 田中投手、5月MVP! | トップページ | 岩隈投手、4勝目! »

『公文協中央コース松竹大歌舞伎』

『公文協中央コース松竹大歌舞伎』

一、太閤三番叟
ニ、
四代目市川猿之助
九代目市川中車
襲名披露口上

三、一本刀土俵入

連日の暑さと観劇でバテ気味の中での、立川での巡業観劇。
芝居が面白くて集中して見過ぎて、終演後はぐったり。

中車さんは大変な努力家だと思う。
三代目の演じた茂兵衛のビデオをどれだけ見たのだろうか。
台詞の言い回し、ちょっとした間の取り方、三代目の演じた茂兵衛を彷彿とさせる。

勘三郎さんの茂兵衛も思い出されたが、自分が勘三郎の一本刀は一度しか見ていないので、いまひとつ記憶に自信が無い。

もちろんキャリアが違うのだから、比較は出来ないし、当然不満点もある。
でも中車さんの努力というのは、十分賞賛に値する。

思うに澤瀉屋のDNAは、長谷川伸を演じるのに適しているのか?
四代目猿之助さんが口上で、長谷川伸との関わりを話していたけれど、運命のように深い結びつき。
今後もどんどん上演して下さい。

四代目猿之助さんのお蔦も、中村芝翫さんを思い出させるうえに、ちゃんと四代目のお蔦になっている。
芝翫さんの時もだが、本当に背中が色々な事を物語っいて、実に切ない。
出来ればスーパー歌舞伎セカンドよりも、お蔦さんみたいな役をもっと見たいのだが…。

『一本刀土俵入』は、それぞれの幕が終わるときに、凄く味がある演目だと思うが、そこが最も良く出たのは船大工の場面。竹三郎さん、寿猿さんが素晴らしい。もちろん若い船頭の弘太郎くんも。

あの独特の空気感は、なかなか出せるものでは無いですよね。

久し振りに見た月乃助さんが、絵に書いたような二枚目だった。有無を言わさぬ格好良さ。
逆に格好良すぎて、役が難しいのかな…。もったいない。

巡業後半で、また見たいと思わせてくれる芝居でした。

« 田中投手、5月MVP! | トップページ | 岩隈投手、4勝目! »

芝居・歌舞伎、古典等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/56418109

この記事へのトラックバック一覧です: 『公文協中央コース松竹大歌舞伎』 :

« 田中投手、5月MVP! | トップページ | 岩隈投手、4勝目! »