リンク

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月の17件の記事

AJ、サヨナラ3ランホームラン!

5/31対広島戦
9回裏に劇的なサヨナラ3ラン!
スカッとした勝ち方で嬉しい。

数日前に見に行った東京ドームでの満塁HRの悪夢も、
(見に行ってたのですよ、巨人との交流戦…)
今朝の岩隈のHR打たれて負けたショックも、
払拭出来そうだわ~。

そういや前回のAJサヨナラの時も、美馬先発だ。

ウルトラマンも来てるし、明日も頑張れ、イーグルス!

星野監督が休養へ…

凄いショックなニュース。
昨日の試合をお休みした星野監督、難病「胸椎黄色靱帯骨化症」だったそうだ。

一昨日の試合見てて、随分顔色が悪いし、歩き方も何かおかしいよねと言っていたのだが。
越智投手や大隣投手と同じ病気ですよね。大変な難病じゃないですか。

そんな状態で、監督をされていたのかと思うと…。
星野監督、年齢が年齢ですので、凄く心配なニュースです。

トークセッション「シェイクスピアは同時代人?」

新国立劇場のマンスリー・プロジェクトのトークセッション「シェイクスピアは同時代人?」に行って来ました。
「テンペスト」演出の白井晃さん×翻訳家の松岡和子さん。聞き手は新国立劇場演劇制作の三崎さん。

ちょっと遅くなりましたが、印象に残った事だけ簡単にレポです。
記憶に頼って書いているので、曖昧な部分も多いと思いますが、ご容赦下さい。
話の順番等は前後しています。

☆松岡さん

シェイクスピアの舞台は、以前は時代に忠実なものが多かった。
20世紀になり現代風な舞台が多数生まれた。
そもそもシェイクスピアの戯曲は、時代考証がずさんでもある。

シェイクスピアの翻訳をするは思っていなかった。(避けてた?)
串田和美さんが「真夏の夜の夢」を上演する時に、翻訳を依頼されたのが切っ掛け。
「日本語のアップデート」だけでは済まなかった。

☆白井さん

シェイクピアの演出は去年の「オセロ」が最初。
(「オセロ」見た人の客席への問い掛けに、もちろん手を挙げました。結構多かった)
「オセロ」は室内劇だから手が出せそうと思った。歴史劇をもっと読んでみたい。
400年残っている戯曲の力を感じた。

☆松岡さん

シェイクスピアの戯曲のプロットは丸パクリだったりする。
言葉や人物造形が魅力。元ネタと比べると、シェイクスピアの面白さがよく判る。

現代劇の翻訳ものを上演するより、シェイクスピアの方が有利である。
現代劇でロンドンの中流家庭が舞台でも、日本人の我々にはなかなかイメージが沸かない。

シェイクスピアの戯曲には、ちゃんとしたお母さんが出てこない。
母性がある人物が出てこない。父と娘は多い。

☆白井さん

昨年マクベスに出演した時、台詞がなかなか体に入って来ず苦労した。
オセロを演出した時、父役なら出番も少ないと思っていたら、大変だった。

2年前「テンペスト」の演出の話が来た時、最初の場面の演出が頭に浮かんだ。
ファーストインスピレーションを大事にしたい。
プロスペローの個人史として、この舞台を考えた。

☆松岡さん

今回、通し稽古を見学させて貰って、終わったあと、号泣して一人スタンディングオベーションした。
「テンペスト」では「Free」という言葉が12回使われている。
「オセロ」も「Free」は多く使われているが、自由という意味より、気前が良いというニュアンス。
「テンペスト」は「Free=自由」。
「テンペスト」は自由を求める戯曲である。

☆白井さん

エアリエルは空気の精なので、あえて不自由な造形。
制約を与えた方が、もっと自由を求める。
生を与えようとして、産まれなかった子→身体が拘束されたイメージ。
子どもなので、プロスペローと親密。

稽古中に碓井くんがとても自由に動いていたので、逆に不自由にした方が良いと思い、あの拘束された扮装になった。

キャリバンは死の象徴。

以上、覚えていた事のも書き起こしてみました。
本当はエアリエルとキャリバンの話ももっともっと詳しかったし、時計の音や鳥の声、ダンサーさん達の台詞の話等、「テンペスト」の演出意図について、色々と話されていたのですが、此処に書ける程細かく覚えていなくて残念。

松岡さんの母性の話は納得。
例として「ハムレット」のガートルードを挙げていましたが、確かに母性は無いですよね。
自分は「タイタス・アンドロニカス」が瞬時に浮かびました。父と娘もあるし。

現代の翻訳劇を見ている時に感じるモヤモヤも、松岡さんが的確に指摘。
住んでいる街の空気や、生活習慣が日本に住んでいる私には理解しにくい部分が多々ある。

1時間半があっという間で、凄く凄く面白かったです。

本日のMLB

忙しくてBLOGの更新サボってました。
『伊達の十役』と新国立劇場のマンスリー・プロジェクトには行って来ています。

本日のMLBはこんなスケジュール。

3時10分から田中先発試合 VS Wソックス戦
5時10分から岩隈先発試合 VS アストロズ戦
5時40分から松坂先発試合 VS Dバックス戦

徹夜しろというのかーー!
先週は多忙でほとんど試合見られなかったし、月曜何にも無いから良いけどさ。

前夜なでしこの決勝もあったので、NYYは諦めて仮眠を取り、AM5時に起床。

起きたら、マー君勝ってる!
6回2/3 1失点で降板。本人はちょっと不満そう。

松坂先発試合。
久し振りに松坂の打席も見られたよ!しかもタイムリーヒット!さすがです。
2失点で踏ん張ってる。頑張れ!

岩隈先発試合。
今日はちょっと調子悪そう。ランナー結構出してる。
それでもゲッツー生産マシンと化して、サクサク打ち取っていくが、味方の攻撃もサクサク…。
あ、HR打たれた…。7回で降板。防御率悪くなったなぁ。
次は強打のタイガースかな?もちろん応援しますよ!

本日より交流戦

日付変わったので、いよいよ本日よりプロ野球交流戦が始まります。
楽天、負け続けで今後が心配すぎるのだが、純粋に交流戦は楽しみ!

今年の交流戦ではセ・リーグ主催試合に指名打者(DH)制を採用。
逆にパ・リーグ主催試合ではDH制を採用せず、投手が打席に立つ。

このルール変更を聞いた時は、「大谷くんの二刀流を本拠地の札幌ドームで披露したいからか?」と思ったが、いざ予告先発で大谷投手の名前で出ると、テンション上がりますわ~。
ロッテの先発は涌井投手。こちらも交流戦で過去打ちまくった強打者なので楽しみ。

楽天の先発はペテランの川井投手。連敗止めてくれ~。お願い~。
阪神ファンのウチの親は、「明日、西くんと当たるのか…」と頭抱えてます。

◆20日の予告先発

日本ハム・大谷―中日・山井(札幌ドーム)
楽天・川井―DeNA・久保(コボスタ宮城)
西武・牧田―巨人・杉内(西武ドーム)
ロッテ・涌井―ヤクルト・古野(QVCマリンフィールド)
オリックス・西―阪神・藤浪(京セラドーム大阪)
ソフトバンク・スタンリッジ―広島・篠田(ヤフオクドーム)

『テンペスト』

『テンペスト』 
新国立劇場 中劇場 

脚本:ウィリアム・シェイクスピア
翻訳:松岡和子
演出:白井晃

初日に観劇。
ロビーで北大路欣也さんにすれ違い、テンションが上がる。
背筋がぴんと伸て、凄く格好良かった。ああいう年の取り方をしたいものです。

ロビーではシェイクスピア 生誕450年を記念した様々な展示有り。
劇場の模型とか面白かった。
早めに劇場へ行って、眺めるのも楽しいです。

続きを読む "『テンペスト』 " »

ニコニコ動画で『トクボウ』一挙放送

本日夜ニコニコ動画で『トクボウ』一挙放送!
1話の最初の方を見損ねたので、これは嬉しい。

『トクボウ』1話…衝撃でした。
内容を全く知らず、何となくテレビをつけて、あら松下洸平くんだ、高橋洋さんがゲストなのか~なんて思っていたら、衝撃の松下くんシャワーシーン&裸エプロン。
夜中に椅子から転げ落ちそうになったよ。

今週は安達祐実さん大活躍。あのドSっぷりがたまりません。
来週の予告はまた衝撃的な展開が…。
鋼太郎さんとその秘書(男)のお風呂シーンがヤバいのですが…。

『BORDER』も面白いけれど、深夜らしいドラマの『トクボウ』も楽しみです。

ドラマ『トクボウ 警察庁特殊防犯課』
05/17(土)23:00~ ニコニコ動画にて1話より放送

http://live.nicovideo.jp/watch/lv179258802

『カルメン』製作発表行ってきた!

昨日からめちゃめちゃ浮かれて、気合い入れてたイベント、『カルメン』の製作発表に行って来ました。
席もかなり前の方で、出演者のみなさんが良く見えました!

挨拶等の後に楽曲披露。曲名は記憶だけで不確かなので割砕。判ったら補足します。→補足しました。

1曲目 「運命の風」 JKim
2曲目 「ただ一人のひと」 清水良太郎&大塚千弘
3曲目 「恐れるがいい」 米倉利紀
4曲目 「決して振り向くな」 全員(濱田めぐみ、清水良太郎、米倉利紀、大塚千弘、JKim、香寿たつき、別所哲也)
5曲目 「もしも叶うなら」 濱田めぐみ

音楽が格好良い!米倉さんの曲や、全員のナンバーとか、凄くエキサイティングな曲。
別所さんと米倉さんが2人で歌うフレーズも有り。
濱田さんはさすが。製作発表とは思えぬ完成度の高い、聞かせる歌。
聞き応えのある曲の数々で、この時点でチケット増やそうと早くも決意。

その後は一人一人のコメント。質問など。

清水さんはミュージカル初挑戦なので、まだまだ自分はただ歌っているだけ。頑張りますとコメント。
別所さんにその後、初々しいと言われていました。

別所さんは何か終始テンション高かった。
製作発表の前もテレビに生出演、この後もFMに生出演とお仕事続きで、ハイテンションだったのかな?
場を盛り上げてくれました。

本人のコメントでは、あと20年若かったらホセがやりたかった。ホリプロの社長に直訴してオーディション受けたかったと笑いを取ってました。

香寿たつきさんは冒頭のダンスが凄く大変らしい。
若いダンサーたちに囲まれて、頑張りますとのこと。

大体1時間くらいで終了。
終始和気藹々として、舞台への熱い意気込みを感じる製作発表でした!

思い出した事とかありましたら、補足します。
俄然舞台が楽しみになってきました。

【追記】公式ページに動画がUPされています!

http://hpot.jp/stage/carmen/movie

田中投手、初完封&初ヒットのおまけ付

連日ダルビッシュだ岩隈だとMLBの日本人投手が熱いのですが、マー君が本日やってくれました!

マー君、メジャー初完封&初安打 日本人記録タイ開幕6連勝

メッツ戦で完封しちゃったよーーー。まだダルもクマも完封無いのに。
9回はヒットの後、あのジーターが守備でちょっともたつき冷や冷やしましたが、無事0点に抑えてゲームセット。
今回交流戦でメッツの主催試合なので、DH無し。マー君の打席も気になる所でしたが、最後の4打席目で初ヒット!
ヤンキースベンチ、皆さんニコニコでしたね。

いやもうマー君凄すぎる。

これから夏になるし、相手チームのマークも厳しくなるだろうが、今後のピッチングが楽しみです。

5/14の岩隈投手

8回を無失点と快投の岩隈久志に両軍から称賛の声

対レイズ戦 8回無失点97球無四球
防御率は1.59に!

だが9回リリーフのロドニーが打たれて勝ち星は消えていった…。
逆転を許し降板するロドニーに対し、球場に湧きおこるブーイングは凄いものが…。

今日はレイズ先発のプライスも非常に良いピッチングで、マリナーズは初回の1点のみ。
1-0という苦しい試合を、クマは良く頑張った!
初回はちょっと不安な立ち上がりだったが、2回以降はホント安定していて、レイズ打線手も足も出ずというピッチング。素晴らしかった~。

8回はちょっと疲れてきたかな?という感じで交代。
勝ちを逃したのは残念だが、マイナー調整1試合でメジャー上がってまだ3試合目。
この交代は止む無しだと思います。

岩隈投手の安定感抜群なピッチングが見らるのは、本当に嬉しい。

明日は田中投手先発!相手は松坂投手のいるメッツ。こちらも楽しみ。
ダルビッシュ投手は登板ずれるのですね。前回の疲労を考慮されたのかな?

谷中・根津をお散歩

001

4月の終わりの話になりますが、谷中・根津のお散歩ツアーに参加してきました。
丁度根津神社のツツジが見頃でしたので、せっかくなら街歩きのガイドさん付きツアーに参加しようかと。
都内に住んでいても、切っ掛けが無いとなかなかじっくり回ることは無いですからね。

コースは以下の通り

日暮里駅 →天王寺(谷中五十塔跡)→谷中霊園→浄名院・寛永寺

言問い通りを歩って串揚げ屋さんでお昼

根津神社 →藪下通り →谷中銀座商店街

002  天王寺のクラシカルな井戸。

003  静かで広い谷中霊園。

お昼の串揚げはビールを飲みたかったが、アルコール入れると午後歩けなくなるとぐっと我慢。

005 

004_2

根津神社は恐ろしく混んでましたが、ツツジは素晴らしく綺麗でした。
谷中の写真を撮り忘れた…。

いや歩った、歩った!
結局15000歩くらい歩きましたが、めちゃめちゃ楽しかったです。

今度は6月くらいに紫陽花目当てで、何処か街歩きしたいです。

日本人投手が凄すぎる@MLB

5/9 岩隈投手 8回無失点93球 1-0で勝利 

5/10 田中投手 6回1/3 2失点 5勝無敗

5/10 ダルビッシュ投手 あと一人でノーヒットノーラン逃すも8回2/3無失点

連日面白すぎるMLB。

昨日はクマの流麗なピッチングを堪能。
復帰2戦目とは思えぬ安定感。青木との対決も見応え有り。
それにしても解説の「岩隈はうまれつき球が低めにいく」は、意味が判らんが妙に納得させられる。

今朝はヤンキース戦とレンジャース戦をチャンネル変えながら見る。
途中からはやはりパーフェクトのダルビッシュに集中。
セカンドとライトがフライ取り損なった時は、「あーーー」と声出たわ。
結局あと一人ででノーヒットノーランも逃す。残念。
実況と解説が凄まじく悔しがってた。

MLBの中継、楽しすぎる日々です。

2016年のNHK大河ドラマは三谷さんの脚本?

今朝のニュース。

16年大河は“三谷戦国”(スポニチ)

まだ正式に発表になった訳では無いが、2004年の「新選組!」から10年。
そろそろ三谷さん脚本かも?

題材は戦国が有力らしいが、私は真田が見たい。
映像化された真田ものだと、私は「真田太平記」くらいしか見た事無い。
(現在時代劇専門チャンネルで放送中)

2016年の大河、どうなることやら。山本耕史くんとか見たいなぁ。
とりあえず正式発表を大人しく待つことにする。

【5/12追記】『真田丸』正式発表になりましたーーー!

『殺風景』

『殺風景』
Bunkamura シアターコクーン

作・演出 赤堀雅秋 
出演 
八乙女光 大倉孝二
荻野目慶子 江口のりこ 近藤公園
大和田美帆 尾上寛之 太賀
福田転球 駒木根隆介 安藤聖
キムラ緑子 西岡徳馬 

GW最後の日に、何故かこの芝居を選んだ。
渋谷のシアターコクーンという綺麗で広い劇場より、もう少し狭くて古い劇場で見たい芝居だった。

ジャニーズファンの若くて可愛らしいお嬢さんも客席に大勢いる。
多分自分はこの企画、随分Bunkamuraは冒険しているなと思って、その引っ掛かりが劇場に足を運ばせたのだと思う。

04年に福岡で実際に起こった「大牟田4人殺害事件」がベース。
自分は暴力的なものより、暴力的な言葉が苦手らしい。なので見るのに忍耐が必要な芝居だった。
受け止められるかどうかは個人の好みや、その時の自分のコンディションにもよるので、仕方が無い。

それでも女優陣が良くて、何というか狂い方や、すさみ方に凄く惹かれた。

荻野目慶子さんの、静かで美しくて、でも狂ってる感じはゾクゾクする。
キムラ緑子さんの二役、江口のりこの渇いた芝居も印象的。
個人的にはあの渇いた雰囲気で、全編通して欲しかった。

過去編では如何し様も無い状況の中でも、希望を持って結婚した夫婦が、結局現在では子供も含め、その家族が破壊されていく結末。
でも結婚式では血が流れのだよな…。

やはりちょっと苦手な部類に入る芝居だったが、何かモヤっとしているので、9月のTHE SHAMPOO HAT公演を見てモヤモヤを確かめたいと思ってる。

2014年5月の観劇予定

Hana_3  Hana02

GWまっただ中ですが、今朝の地震は本当に驚きましたね。
怪我とか大丈夫でしょうか。
大きな地震があると、出掛けたくなくなりますよね…。

5月の観劇予定ですが、先月末から急に忙しくなり、バタバタとしています。
4月は最後に『蒼の乱』の再観劇もしたが、感想を書き損ねてしまった…。
もちろん1回目より、全然良かったです!

今のところちょっと予定が見えないのですが、とりあえず下記の芝居は行く予定。

『殺風景』 シアターコクーン

『五月花形歌舞伎』 明治座

『テンペスト』 新国立劇場演劇

『ヘッダ・ガーブレル』 スタジオ空洞

何といっても楽しみなのは、白井晃さん演出の『テンペスト』。
最近ミュージカルも見ていないが、『ベス』はどんなものだろう。
『ロンサム・ウエスト』や座・高円寺の公演も見たいと思っているが、急に忙しくなったのでどうなることやら。

写真は我が家の庭のプランターで育てているクリスマスローズ。
数年前に頂いたものだが、今年も綺麗に咲いてくれました。

岩隈復帰のマリナーズ

GWですが、諸事情で引き籠り中です。お天気良いのに…。

そんな私の楽しみは、やはり自宅でのテレビ野球観戦。
昨年テレビを大きなものに買い替えたので、スポーツもドラマも舞台中継も何でも来い!

本日は岩隈投手復帰登板試合。朝5:10から。

2:00からの田中投手登板のヤンキース戦に続き、岩隈投手の試合始まる。
徹夜して2試合見て、デーゲームの楽天戦に備えて仮眠した楽天ファンも多かったでしよう。
私は午前中の用事をこなす為、ヤンキース戦は諦めて早々に寝た。マー君済みません。再放送で見ます。

クマの試合は本当にサクサク進んでいく。
途中ちょっと打たれたけど、6球で3アウト取った回もあり、相変わらずのピッチング。
怪我あけなので球数を考慮されたのか、7回途中で降板。
あと一人でチェンジだから、投げされてば良いのにと思うが仕方が無い。

その後のリリーフ投手が打たれる、打たれる。もうグダグダ。
ロドニー出て来くるまでヒヤヒヤでした。

岩隈 6回2/3 81球
岩隈降板後 2回1/3 67球

何か球数がおかしい気がする。

ヒヤヒヤさせられた試合でしたが、久し振りにクマのピッチング見られて本当に嬉しい。
勝ち星ついて良かったーーー!

木曜はドラマっ子 3

『BORDER』(TBS 21:00~)と『トクボウ』(日テレ 23:55~)にがっつり嵌っている木曜日。

来週の『トクボウ』の予告に、吉田鋼太郎さんの姿が!
本当にお忙しいですよね。どうしよう、鋼太郎さんが矯正執行されてしまったら…。

小栗くんの『BORDER』にゲストで出て欲しかったが、『MOZU』に出ているから無理ですよね。
『BORDER』はまだ4話を見ていないのだが、先に5話の予告見てしまった。こちらはゲストクドカンだ。
予告見る限り、益々小栗くんが境界線を飛び越えそうで、切ないなぁ…。

そして久し振りに劇団AUNのHPを見たら、4月早々に次回公演の案内が更新されていたよ…。全然気が付かなかった。不覚。

劇団AUN 第21回公演
「有馬の家のじごろう」

2014年8月20日(水)~25日(月)
シアターグリーン BIG TREE THEATER

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »