リンク

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 古田敦也のプロ野球ベストゲーム | トップページ | パワースポットを巡る旅 »

『アルトナの幽閉者』

『アルトナの幽閉者』 新国立劇場

作:ジャン=ポール・サルトル  
演出:上村聡史 
出演:岡本健一 美波 横田栄司 吉本菜穂子
北川響 西村壮悟 辻萬長

【ものがたり】
喉頭癌で余命6ヶ月と宣告された父親は、自らが営む造船業の後継者を決めるために家族会議を開く。次男で弁護士のヴェルナーとその妻ヨハンナ、長女のレニが参加する中、父親はヴェルナーに会社を継がせ、さらに自宅に住まわせようとするが、ヨハンナに猛反発される。一同の心に重くのしかかっているのは、長男フランツの存在。彼は13年前にアルゼンチンへと出奔、3年前に死んだことになっていたが、実は第二次世界大戦中に、あることから心に深い傷を負い、以来、妹のレニの世話のもと、ずっと家の2階にひきり狂気の生活を送っていた。フランツを愛する父親の最後の望みは、長男との対面と、彼の世話を次男夫婦がすることであった。ヨハンナの説得により、13年ぶりに待望の対面を果たした父親とフランツ。はたして一家の辿る運命は……。

「Try・Angle -三人の演出家の視点-」シリーズ企画の3本目。
「OPUS/作品」「エドワード二世」も見たので、3本全部見た事になる。いずれも満足感のある作品で観客としてはとても幸せ。
その3本の中でも、一番手強く感じたのが今回の『アルトナの幽閉者』。
観ている側も思考をフル回転させる、大変刺激的な舞台でした。

絶対的な父親。次男で弁護士のヴェルナーとその妻ヨハンナ、長女のレニ。そして死んだ筈の長男フランツ。
閉鎖された家庭の中に巣食う秘密を、その家族と血の繋がりの無い嫁という立場の人間が暴いてしまう。
死んだ筈のフランツは、部屋の中に引き籠り、酒に溺れ、唯一接点のある妹と関係を結び、狂気の生活を送っている。

この家の中では、皆が牢獄にとらわれているだ。
フランツの部屋には大きなヒトラーのボスター。

その閉鎖的空間を見事に表現しているのが舞台美術で、牢獄のように見えながらも、美しい。
家族が集う部屋は、調度品に至るまで隙の無い、正確な綺麗さ。
対するフランツの部屋は、雑多に散らかっており猥雑。
何の不自由の無い資産家の家の、表と裏を表しているよう。

フランツの心を苦しめるのは戦争中の暴力行為。
その罪を彼は告白することも出来ない。
罪を犯した人間には、ちゃんと罰を与えて償う事をしないと、出口の無い袋小路に嵌ってしまうのだよな…。

結局彼の魂を救うのは「死」でしかなく、父親と共に死に向かってしまう。
レニはいつかその終わりが来る事を予見していたかのように、愛していたであろうフランツの死を淡々と受け止めていたが、彼女自身の心はなおも幽閉されたままだ。
妹の愛情もまた狂気。
兄と妹の関係は、余り色気は無かったが。

戦争責任については、重すぎて上手く受け止められない。
蟹は何の比喩なのだうか。

美波さん演じるヨハンナは、女優であり、どうもユダヤ系らしいという難しい役柄。
その美しさと危うさが、美波さんに実に合っていて、とても良かったです。

最近は海外の翻訳ものの芝居を選ぶ事が多いが、もう少し受け止める自分に幅を持たせたいな。

« 古田敦也のプロ野球ベストゲーム | トップページ | パワースポットを巡る旅 »

芝居・一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/55308002

この記事へのトラックバック一覧です: 『アルトナの幽閉者』:

« 古田敦也のプロ野球ベストゲーム | トップページ | パワースポットを巡る旅 »