リンク

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月の17件の記事

劇団☆新感線『蒼の乱』

劇団☆新感線 2014年春興行
いのうえ歌舞伎『蒼の乱』

シアターオーブ

作  中島かずき
演出 いのうえひでのり
出演
天海祐希 松山ケンイチ 早乙女太一
梶原 善 森奈みはる 粟根まこと 高田聖子 橋本じゅん
平幹二朗 他

事前に長い芝居とは聞いていたけど、ホントに3時間50分びっしりだった。
長いけれど、中弛みする所がほぼ無くテンポ良く展開していく。
かなり楽しかったです。

とはいえ休憩20分しか無いので、お客さんは色々と大変だと思う。
オーブはキャパに対してトイレが少ないので、せめて休憩をもう5分増やして欲しいのだが、夜の部の終演時間を考えるとそうもいかないのだろうな。

開幕すぐなので、簡単に。

続きを読む "劇団☆新感線『蒼の乱』" »

テレビ2画面分割の季節

004 本日はめちゃめちゃ楽しみにしていたプロ野球の開幕戦。
でもフィギュアスケートの男子フリーもある。
さてどうしよう…。

結局またしても2画面活躍。
フィギュアと野球の両方見てたら、色々ごちゃごちゃ…。
途中からはフィギュアに徹しました。
楽天戦は再放送でじっくり見る!

フィギュア堪能。
羽生くん、町田くんも良かったが、何といってもアボットが素敵でした。

今年のプロ野球開幕戦は予想外すぎた。
開幕だから、当然各球団エースが出てくるのに、ちょっと目を放しているうちに各球場点が入っているし。
東京ドームやヤフードームは、何があったの?という点に。
札幌ドームは延長12回まで試合しているし。開幕から波乱。

楽天は則本がホント頑張ってくれた。良かった。
12球団で最初にHR打った選手が松井稼頭央なのは予想外。

写真は昨日届いたEAGLESパーカー。
開幕前日に届くとは嬉しい限り。もちろん今日は着て応援。

『空ヲ刻ム者』 2回目

スーパー歌舞伎Ⅱ(セカンド)
「空ヲ刻ム者ー若き仏師の物語ー」
新橋演舞場 一階前方

作・演出 前川知大(イキウメ)

2度目の観劇。
前回「つまらない」と書きましたが、打って変わって楽しめました。
何故だ。

前回は初日あいて2日目の観劇だったからなのか。
今回は一階前方で見たからなのか。

脚本にはやはり不満があるのだが、上演を重ねた事により芝居が役者さんたちに馴染み、訴えかけてくれたのだろう。

続きを読む "『空ヲ刻ム者』 2回目" »

セ・リーグの開幕投手

もうすぐプロ野球が開幕ですね。
野球好きで、オフは野球に飢えているので、もう開幕が待ち遠しくて仕方無い。

基本はパ・リーグ贔屓なのですが、セ・リーグの「ファンミーティング」は面白そうなのでJ-SPORTSで見ていた。
各チームの監督が開幕前に集まって、トークするという企画、実に良い。

その中で監督が開幕投手を発表した!

巨人:菅野、阪神:能見、広島:前田健、中日:川上、DeNA:三嶋、ヤクルト:小川

会場も盛り上がっていたが、テレビの前の自分も盛り上がったわ!
2年目の投手が3人というのも、フレッシュで良い。

パ・リーグでもお願いしたいが、本拠地が離れているから難しいか。
テレビ朝日の報道ステーションで、開幕前日にパの監督が生出演し、開幕オーダーを発表するという、こちらも毎年楽しみである

。今年もあるのかな?

『9days Queen』の映像流れた!

TBSチャンネルをぼーっと見てたら、『9days Queen』の予告編が流れた!
放送が一か月以上先だし、まさか水戸黄門の予告のあとに流れるとは、完全に予想外。
夜中に叫びそうになってしまったよ。
丁度その前の番組を予約録画していたので、予告編も録画出来てラッキーでした。

時間は30秒くらいなのですが、ブラックバードの歌声が流れ、堀北さん、上川さんをはじめ、主要キャストの方もほぼ映っていたと思います。
一番インパクト強いのは成河さん。結婚式の場面があったので。

見たばかり、しかも自分が凄く好きだった舞台の映像が、ほんの少しでも見られると、心が浮き立ちますね。

堀北真希&上川隆也出演 舞台
『9daysQueen~九日間の女王~』

TBSチャンネル1
4月26日(土)夜7:30~10:00
http://www.tbs.co.jp/tbs-ch/item/o1519/

楽天始球式にクドカン!

もうすぐプロ野球の開幕ですね。
オープン戦見ながらワクワクしています。

楽天の本拠地開幕は4月1日なのですが、何と始球式に宮藤官九郎さん!
これは良い人選。

宮藤官九郎、地元・楽天開幕戦で始球式

それにしても楽天の投手のローテションが気になる所。
3/28の開幕は則本投手だろうが、4/1は美馬投手かな。
注目の松井投手はいつ投げるのか。

やはり野球楽しいです。
まぁ一番の心配は、岩隈投手の怪我の具合なのですが…。

「ナショナル・シアター・ライヴ 2014」の公式サイトが!

「ナショナル・シアター・ライヴ 2014」の公式サイトがオープンしていた!と思ったら、もうぴあプレリザーブがはじまっていたよ…。
上映回数が少なすぎるのが残念。TOHOシネマズ 日本橋、混みそうだ。

他の演目の日程も出てました。どれだけ行かれるかな?

『フランケンシュタイン』
Aバージョン(博士:ベネディクト・カンバーバッチ、怪物:ジョニー・リー・ミラー)
3月28日(金)~30日(日
Bバージョン(博士:ジョニー・リー・ミラー、怪物:ベネディクト・カンバーバッチ)
4月4日(金)~4月6日(日)

『コリオレイナス』
4月25日(金)~4月30日(水)

『ザ・オーディエンス』
6月27日(金)~7月2日(水)

『リア王』
8月22日(金)~8月27日(水)

『ハムレット』
10月3日(金)~10月8日(水)

『オセロ』
12月12日(金)~12月17日(水)

『9days Queen ~九日間の女王~』

『9days Queen ~九日間の女王~』
赤坂ACTシアター 1階前方センター

脚本:青木豪
演出:白井晃
音楽:三宅純
出演:堀北真希、成河、江口のりこ、田畑智子、浅利陽介、姜暢雄、愛名ミラ、和泉崇司、青葉市子、
朴璐美、神保悟志、春海四方、久世星佳、銀粉蝶、田山涼成、上川隆也  ほか

2010年に上演された『ジャンヌ・ダルク』(演出:白井晃 主演:堀北真希)が、個人的には魂を持っていかれた素晴らしい舞台だったので、迷わず今回のチケットを確保。上川さんも出演とあれば、私にとっては絶対観るべき舞台。
この舞台が企画されたのも、おそらく『ジャンヌ・ダルク』が好評だったからでしょう。理想的な相乗効果。

今回も期待通りの良い舞台!
私が白井さんの演出が好きというのもあるが、多分堀北さんの声や芝居に相性が良いのだろう。
舞台上で発する声色に惹きつけられるというか、説得力があるというか。
これは自分の生理的なものなので、説明は出来ない。

『9days Queen』の内容については、『ジャンヌ』に比べるとやや練り直した方が良いのでは?という部分もあるのだけど、それ故に大きく惹きつけられる部分もある。
ジェーンはじめ、出てくる登場人物にそれぞれ思い入れしてしまい、見ていてどんどん苦しくなってしまった。

演出家のやりたいことが明確で、役者さんがそれぞれ上手くて、台詞がきちんと客席に届く。
良い舞台だったなぁ…。見終わった後の余韻にずっと浸っていたい。

上川隆也さんはやはり上手い。その上手すぎるお芝居に感動。
ロジャー・アスカムは語り部も兼ねており、余り積極的に主筋と関わらず。
もう少し脚本で役柄を膨らませて欲しかったが、上川さんの存在感の芝居の上手さで魅せている。
声も素敵で、台詞も明瞭で聞き易い。
台詞がちゃんと聞こえるなんて当たり前の事なのですが、『空ヲ刻ム者』が酷かったのでね…。

一幕はやや説明的。
日本人には馴染みの薄いイギリスの王室の話であり、人物関係をお客さんに把握させるにはある程度仕方が無いのだろう。

二幕になると物語が大きく動くので、俄然面白くなる。

舞台美術は石造りの高い壁に囲まれ、更に部屋の壁等、非常に圧迫感のあるセット。
白井さん演出の『ヴォイツェク』を思い出させる。
なのでいつかあのセットは取り払われると思っていたが、後半ジェーンが女王の座を剥奪され、捉えられてから一気にセットが動き舞台空間が広くなった。

この芝居においては、ただ勉強が好きな子供時代のジェーンは、意外に視野が狭い。
よく笑い、学び、自由に見えて、実は周囲が見えていない。
赤いドレスのメアリが、今のイングランド、自分の置かれている状況をよく判っているのと対照的。

ジェーンはあれ程嫌がった結婚相手とも、女王に無理矢理させられるという行き詰った中で、ようやく相手の心に自分を寄り添わす事が出来ている。

広い舞台に佇む、白い衣装のジェーンの、息を飲むような美しさ…。
ジェーンが語り掛けるブラックバードの、透明感のある歌声など、白井さんの美意識が詰まった舞台でした。

残念だったのはアンサンブルさんの人数が少ない事。予算かな…。
せめてあと5人プラスされたら、農民の場面などもっと迫力があったろうに。

歴史にたらればは無いけれど、一幕の浅利さんのエドワード6世の、ジェーンに向けた好意が彼女の心に届いていたらとも思う。
その分二幕で、成河さん演じる夫・ギルフォードと心を通わせていく過程が実に感動的。成河さんの演技に泣かせられた。
田山涼成さんの存在感も印象に残った。

舞台ももちろん良かったが、あのポスターの美しいビジュアルは、今年の演劇のポスター大賞だと思う。

気持ちの良い高揚感で劇場をあとに出来た。
素敵な舞台が観られて幸せでした。

パワースポットを巡る旅

20140311_1

10日~12日まで旅行へ行ってました。
伊勢→熊野→高野山と、有り難い所を巡りましたが、歩きまくりでバテバテ…。

11日の午後は移動のバスの中でしたが、ひっそりと黙祷。
大したことは出来ないのですがね…。

10日に伊勢に行く途中で吹雪に見舞われ、この旅行はどうなる事かと心配しましたが、その後はお天気に恵まれ良い旅となりました。
熊野は良い所ですね。また行きたいです。

帰京早々観劇の予定があるので、旅の記録はまた別途。

『アルトナの幽閉者』

『アルトナの幽閉者』 新国立劇場

作:ジャン=ポール・サルトル  
演出:上村聡史 
出演:岡本健一 美波 横田栄司 吉本菜穂子
北川響 西村壮悟 辻萬長

【ものがたり】
喉頭癌で余命6ヶ月と宣告された父親は、自らが営む造船業の後継者を決めるために家族会議を開く。次男で弁護士のヴェルナーとその妻ヨハンナ、長女のレニが参加する中、父親はヴェルナーに会社を継がせ、さらに自宅に住まわせようとするが、ヨハンナに猛反発される。一同の心に重くのしかかっているのは、長男フランツの存在。彼は13年前にアルゼンチンへと出奔、3年前に死んだことになっていたが、実は第二次世界大戦中に、あることから心に深い傷を負い、以来、妹のレニの世話のもと、ずっと家の2階にひきり狂気の生活を送っていた。フランツを愛する父親の最後の望みは、長男との対面と、彼の世話を次男夫婦がすることであった。ヨハンナの説得により、13年ぶりに待望の対面を果たした父親とフランツ。はたして一家の辿る運命は……。

「Try・Angle -三人の演出家の視点-」シリーズ企画の3本目。
「OPUS/作品」「エドワード二世」も見たので、3本全部見た事になる。いずれも満足感のある作品で観客としてはとても幸せ。
その3本の中でも、一番手強く感じたのが今回の『アルトナの幽閉者』。
観ている側も思考をフル回転させる、大変刺激的な舞台でした。

続きを読む "『アルトナの幽閉者』" »

古田敦也のプロ野球ベストゲーム

野球ファンにはお馴染み、BSで『古田敦也のプロ野球ベストゲーム』という番組がある。

その番組であの試合が取りあげられるのか…。
楽天ファンなら平静では見られない試合だ。

「楽天 栄光への敗北 CS・楽天対日本ハム」
3月14日(金)23:00~23:45 NHK BS1

嶋 基宏 小山 伸一郎 草野 大輔 出演予定

楽天日本一の裏に、悔しい敗戦あり。4年前、日本シリーズまであと一歩と迫りながら、一球の怖さに泣いた。
当時の野村監督が明かした舞台裏とは?運命の一戦に古田が迫る!

一戦目のまさかの満塁サヨナラ本塁打で、応援している人間の心も折れまくった。
負け試合でもニュースはほぼ見るのだが、一年くらい録画を見返す事が出来なかった。
でも打たれた福盛投手を責める気にはなれない。彼がいなかったら2位は無かったし、他にかわれる選手もいなかったし。
結局怪我で翌年引退。切ないなぁ。

あれ?あの試合の捕手って嶋では無かった記憶が…。
草野コーチの話が聞けるのは嬉しいので、今だに見るの辛い試合だが、久し振りに現役の頃の草野12のグッズを身に付けてテレビ見ようと思う。

『空ヲ刻ム者』を見たのだが…

初日開けて二日目に観劇。
どうしよう、すさまじくつまらないのだが…。
歌舞伎だとか、スーパーとか以前の問題で、一本の芝居としてつまらなすぎる。

頭の中で「つまらん芝居は長い♪byメタルマクベス」のフレーズが回ってたよ…。
あ、前日に見た『アルトナの幽閉者』は、長かったけど良かったです。

もう一回見るので、多少は良くなっている事を望むが、脚本と演出と準主役の佐々木蔵之介さんの芝居が致命的に駄目なので、余り期待出来ないかな…。

続きを読む "『空ヲ刻ム者』を見たのだが…" »

山本耕史くん舞台「オーシャンズ11」!

香取慎吾、ミュージカル『オーシャンズ11』に主演! 共演に観月ありさ・山本耕史

深夜からネット上を飛び交ってたニュース。
本日公式サイトもオープンしましたね。

主演は香取慎吾くん。他に観月ありささん。
香取・観月・山本3人ともが高身長なので、舞台栄えしそうですね。
脚本演出は小池修一郎さんで、新バージョンとのこと。

目茶目茶見たいけど、チケット確保が大変そう。
他の共演者も気になる所です。

『アルトナの幽閉者』シアタートーク

『アルトナの幽閉者』、大変素晴らしかったです。

1時開始の芝居で、新国立劇場を出たのは5時半過ぎてた!
足もぱんぱんに浮腫む訳です。

『アルトナの幽閉者』、この日はシアタートーク付き。
芝居本編も長丁場でしたが、トークも1時間たっぷりでした。
それだけの長さでも、大変価値のある、充実した時間でした。

続きを読む "『アルトナの幽閉者』シアタートーク" »

岡田美術館

行方不明になっていた喜多川歌麿「深川の雪」を、4月から公開する事で話題になっている箱根の岡田美術館

先日知り合いが行っており、雰囲気も良く展示も素晴らしい美術館だと聞いていた。
何せその時は平日で天気も悪かったまで、空いていてゆっくり見られたとの事だったので、暖かくなったら行きたいなと思っていたら、数日前からニュースに!

ぜひ行きたい所だが、混んでいるだろうな…。足湯も入れないだろうな…。

本日NHKで「深川の雪」の特集有りです。

「歴史秘話ヒストリア  第172回 大発見!歌麿の最高傑作:巨大美人画に秘められた真実」
NHK総合 2014年3月5日(水)22:00~22:43

2014年3月の観劇予定

0303

2月は雪だったり、ソチオリンピック見たりと、観劇本数がめっきり減ってしまった。
海外で日本の選手が頑張っているのを見ると、一度で良いから海外で日の丸振って応援してみたいなとも思います。
まぁ寒いの嫌いで根性の欠片も無い私には、冬季競技の生観戦はまず無理…。

そんな訳で3月は比較的チケット多めに確保済。

『神なき国の騎士―あるいは、何がドン・キホーテにそうさせたのか?』
世田谷パブリックシアター

『アルトナの幽閉者』 
新国立劇場

『9days Queen~九日間の女王~』
赤坂ACTシアター

スーパー歌舞伎II(セカンド)『空ヲ刻ム者 ―若き仏師の物語―』
新橋演舞場

劇団☆新感線2014年春興行 いのうえ歌舞伎『蒼の乱』
東急シアターオーブ

以上がチケット確保済。
一番楽しみなのは、もちろん『9days Queen~九日間の女王~』です。
『荒野のリア』『幽霊』にも行きたい。

今月は旅行にも行くので(温泉では無い)、日程が合うかどうか。

書き忘れ!ナショナル・シアター・ライヴ 『フランケンシュタイン』(3月28日~30日)も行かなくては!

野球モードにチェンジ!

オリンピックに夢中でしたが、3月の声とともに野球モードにチェンジ!
もちろんまだまだウィンタースポーツも見ますよ。

3/1深夜はいよいよNYY田中投手のオープン戦初登板!
サバシア-黒田-田中って、豪華リレーだ。
眠いけど、凄く眠いけど、頑張って見ます。
イチロー選手も、黒田選手も見たいしね。

一方大好きな岩隈投手。
怪我の具合は大丈夫かと思ったら、開幕絶望とか…。
ショックすぎる…。

右手負傷の岩隈が開幕絶望的に、投球再開まで3週間

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »