旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2013年の観劇総決算 | トップページ | お正月の演劇テレビ »

『相棒』元日スペシャルを見た

『相棒』元日スペシャル
第10話「ボマー~狙撃容疑者特命係・甲斐享を射殺せよ!」

1/1に放送される恒例の『相棒』元日スペシャル。
脚本は太田愛さん。
S10『ピエロ』S11『アリス』に続いて、三年連続の新年登板。

9:00~11:30までの長丁場。11:00までは面白かった。
相棒が甲斐くんに代わってから、一番良かったかも。
繰り返すが11:00くらいまで、つまり橋之助さん演じる新公安部長が逮捕されるまでは。

内容については、過去のSPの焼き直しっぽい所も目につくが、スピーディーだったし、甲斐も動いていたし、良かったと思う。
橋之助さんが「してやったり」という顔で、起爆装置押す辺りが面白さのピーク。
事件が二重になっている点も、謎解きへの興味を引っ張ってくれた。

でも逮捕されてからの、思想を振りかざす所はホント鼻についた。
それまで面白かったのに、政治的主張を全面に出されて台無し。

そんな元日SPだが、S12の中ではダントツに面白かったというのがなぁ…。

ゲストの俳優さんはみな良かった。
特に佐藤藍子さんは、出番は少なかったが、凛とした筋の通った強い女性で印象的だった。
父親が何もかも捨てて救いたくなるのに、説得力があった。

過去作に重なる部分が多いのは、ある程度仕方無いか?

S5-11「バベルの塔」(犯人に脅迫されて動く)
S8-1「カナリアの娘」(父と娘。父がテロリストで娘を救う為に動く)
S10-10「ピエロ」(右京さんの相棒が囚われ、離れた所から2人が同じ結論に達する等)

その「バベルの塔」と「ピエロ」は本日午後再放送。いいのか?
明日は「ミス・グリーンの秘密」「神の憂鬱」「罪と罰」と、相棒祭りというより神戸くん祭り。

« 2013年の観劇総決算 | トップページ | お正月の演劇テレビ »

芝居以外・感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/54465823

この記事へのトラックバック一覧です: 『相棒』元日スペシャルを見た:

« 2013年の観劇総決算 | トップページ | お正月の演劇テレビ »