旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 富士山の恵み@温泉その3 | トップページ | 『相棒』元日スペシャルを見た »

2013年の観劇総決算

あけましておめでとうございます。

年があけてしまいましたが、何とか2013年の観劇について総決算が出来ました。
どうして年内に間に合わないのだろう、自分。

2012年は52演目56本と昨年とほぼ一緒です。(メモ忘れがあるかも?)
太字はリピートしたものです。

1月
AUN『冬物語』恵比寿エコー劇場
『祈りと怪物 ~ウィルヴィルの三姉妹~[蜷川バージョン]』 Bunkamuraシアターコクーン
『ピアフ』 シアタークリエ

2月
『ロックオペラ モーツァルト』 東急シアターオーヴ 
(インディゴ、ルージュ、両バージョン)

3月
『ホロヴィッツとの対話』 PARCO劇場
『月の剥がれる』 アマヤドリ座・高円寺1
『スリル・ミー』(松下柿澤ペア) 天王洲銀河劇場
『ホテル マジェスティック ~戦場カメラマン澤田教一 その人生と愛~』 新国立劇場

4月
『おのれナポレオン』 東京芸術劇場 プレイハウス
『今ひとたびの修羅』 新国立劇場中劇場
『ブライダル』 3軒茶屋婦人会 シアターイースト

5月
『木の上の軍隊』 天王洲 銀河劇場
『バブー・オブ・ザ・ベイビー』 本多劇場
『レ・ミゼラブル』 帝国劇場
こまつ座『うかうか三十、ちょろちょろ四十』紀伊國屋サザンシアター

6月
ブロードウェイミュージカル『HAIR』 シアターオーブ
『オセロ』 世田谷パブリックシアター
『ブロードウェイ ミュージカルライブ2013』 国際フォーラム

7月
『非常の人 何ぞ非常に ~奇譚 平賀源内と杉田玄白~』 PARCO劇場
『ミュージカル 二都物語』 帝国劇場
『盲導犬』 シアターコクーン
劇団四季 『リトルマーメイド』四季劇場[夏]

8月
『二都物語』 帝国劇場
『春琴』 世田谷パブリックシアター
『三谷文楽 其礼成心中』パルコ劇場
『激動-GEKIDO-』 新国立劇場
『宝塚BOYS』 シアタークリエ
オフ・ブロードウェイ・ミュージカル『テン・ミリオン・マイルズ』新国立劇場 小劇場

9月
『真田十勇士』 赤坂ACTシアター
『彩の国シェイクスピア・シリーズ第28弾 ヴェニスの商人』 さいたま芸術劇場
『ジャンヌ―ノーベル賞作家が暴く 聖女ジャンヌ・ダルクの真実―』 世田谷パブリックシアター
『next to normal』 シアタークリエ
『OPUS(オーパス)/作品』 新国立劇場

10月
『ロミオ&ジュリエット』 シアターオーブ
『それからのブンとフン』 天王洲 銀河劇場
『音楽劇「ヴォイツェク」』 赤坂ACTシアター
『エドワード二世』新国立劇場
『鉈切り丸』 オリックス劇場
『大阪純情伝』松竹座
10月歌舞伎公演『一谷嫩軍記』『春興鏡獅子』国立大劇場

11月
『鉈切り丸』 シアターオーブ
『MIWA』 東京芸術劇場
『レ・ミゼラブル』 帝国劇場
『ライクドロシー』本多劇場
『スクリーン・ミュージックの宴part4』めぐろパーシモンホール
イキウメ『片鱗』青山円形劇場
『クリプトグラム』シアタートラム

12月
『Mama,Iwant to sing』 シアターオーブ
『CHESS in Concert』 東京国際フォーラム 
『On The Stage -クランク★イン-』 東京芸術劇場シアターイースト
『華麗なるミュージカル クリスマスコンサート』 新国立劇場中劇場

いや、改めて振り返ると、前半ホント芝居見てないですね。
余り愚痴りたくないのですが、どうにも体調が優れなかったのが大きかった模様。
後半はその反動なのか、何だかペースが上がってます。

印象に残った芝居は以下の7本。

『ピアフ』 シアタークリエ
『ロックオペラ モーツァルト』 東急シアターオーヴ 
『バブー・オブ・ザ・ベイビー』 本多劇場
『春琴』 世田谷パブリックシアター
『宝塚BOYS』 シアタークリエ
『ジャンヌ』 世田谷パブリックシアター
『エドワード二世』新国立劇場

初演で無いものは『ピアフ』『春琴』『宝塚BOYS』。
『春琴』はすでに殿堂入りレベル。

『ジャンヌ』 は一度のみの観劇でしたが、都合が合えばぜひもう一回見たかった。
再演して欲しいのは『ロックオペラ モーツァルト』。
山本耕史くん、中川晃教くん2人の共演をもう一度見たい!

このプログを訪れてくれる方は、演劇好きな方が大半だと思いますが、2014年も健康に気を付けて、楽しいエンタメライフを送りましょう!

« 富士山の恵み@温泉その3 | トップページ | 『相棒』元日スペシャルを見た »

芝居・雑感」カテゴリの記事

コメント

花梨さま

明けましておめでとうございます。
なかなかお会いする機会がありませんが、
いつもこちらの記事をなるほどなあ、と思いながら読ませていただいています。
「春琴」は、私もとても印象に残りました。
「ロックオペラ モーツァルト」も、是非再演して欲しいですね。
今年はどこかでお会いできれば嬉しいですv

新しい年が花梨さんにとって素敵な時間がたくさんの1年になりますように!

恭穂さま

あけましておめでとうございます。
新年早々、コメントありがとうございます。

「ロックオペラ モーツァルト」、良かったですよね。
CDも購入したので、山本くん&アッキーの歌声に聞き惚れています。

今年は劇場でお会い出来ると良いですね。
恭穂さまにとって、素晴らしい一年になりますように!

花梨さま
ご挨拶が遅れましたが、
あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

花梨さんとは観劇した作品が重なることも多いのですが
私が全く未知の世界(笑)のものもたくさんご覧に
なっていて、こちらで読ませていただいて興味を持つ
ようになった作品や役者さんもたくさんいます。
いつもありがとうございます。

そうそう、「春琴」。
際立って印象的な作品でしたね。
私、何でmy bestに入れ忘れたんでしょ(笑)。

花梨さんのおっしゃる通り、健康でなければ好きな
お芝居も楽しめませんので、体に気をつけて、今年も
エンタメ生活を楽しく過ごしたいものです。

2014年が花梨さんにとってますますよい年であります
ようお祈りしています。

スキップさま

こちらこそご挨拶が遅れましたが、あけましておめでとうございます。
新年早々、コメントありがとうございます。

BLOG拝見しましたが、150本超えは凄すぎます。
私も140本超えた事はありましたが、150の大台には届きませんでした。
気力・体力充実していないと、それだけの観劇は難しいですよね。
バイタリティに頭が下がります。

今年も健康でたくさんの感想が読める事を期待しています!
今年もよろしくお願い致します。

花梨様
あけましておめでとうございます!
遅ればせながら新年のご挨拶に馳せ参じましたぁ。
去年の観劇で被ったのはたったの3本です。
『うかうか三十、ちょろちょろ四十』と『三谷文楽 其礼成心中』『それからのブンとフン』
いやはや、東京って所は星の数ほど舞台がありますねぇ…。
健康じゃないとやっぱり劇場に行く足が鈍ります。
でも消費税が上がるし、それくらいが丁度イイのかも。なんてぇことを思いつつ…(笑)
今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

かしまし娘さま

遅れ馳せながら、 あけましておめでとうございます。
コメント、ありがとうございます。

blog、拝見しました。
ホントに2013年の観劇、被ってませんね~。びっくりしました。
まぁ私が宝塚を観ないのも原因かもしれません。

そうそう、消費税上がりますね。
チケット代がどのくらいになるのでしょうか。
観劇意欲がちょっと下がってしまう…。

今年もよろしくお願い致します!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/54461758

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年の観劇総決算:

« 富士山の恵み@温泉その3 | トップページ | 『相棒』元日スペシャルを見た »