リンク

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 別所さん来年は大河ドラマ | トップページ | 帝劇帰り »

『鉈切り丸』2回目

『いのうえ シェイクスピア 鉈切り丸』~W・シェイクスピア<リチャード三世>より

東京公演。一階前方センターから。
大阪も同じような席位置だったが、東京の方が舞台が近く感じる。照明が少し眩しかったが。
大阪公演で見た時より、断然面白いし、その時感じた不満がほぼ払拭された。

『鉈切り丸』1回目の感想

払拭されたのは以下の点。

・一幕がスピーディーになった。
・成海さんが凄く良くなっている。
・頼朝・政子夫妻の描き方が気にならなくなった。

成海さん、とても良かった。
もちろん芸達者な先輩方とは比べられないが、まっすぐな意思の強い瞳が強く印象に残った。
泥の中でも立ち続ける、凛とした美しさ。
範頼が踏みにじって、汚したくなるのも頷ける。

蓮の花は巴はじめ、踏みにじられる人たちの象徴?
範頼は泥まみれのままだ。

範頼は醜く産まれた己の境遇から這い上がろうとするが、結局彼の行ってきた事は「記録には残らない」。
この皮肉なラストが大好きだ。源氏の血筋に外見も心も醜い男は不要。文書書かれて残されたのは大人しい作り上げられた人物。
余り資料が残っていないからこそ、こういった物語が成立するのだろう。

頼朝も義経も強烈な個性を持っている人物だ。
今伝わる範頼像は、2人の兄弟に比較すると凡庸であるし、源平ものの小説・ドラマでも、スポットが当たったのを余り見たことが無い。

もしかしたら実際の範頼は、兄にも弟にも激しい嫉妬心を抱いてて、憎んでいたのかもしれない。そんな風に想像させてくれる程、上手く創られた虚構の世界だ。
義経が衣川で自害する際、範頼が義経の背後であやつり三番叟のような所作をするのも面白い。

大阪公演の際に戯曲も購入。
登場人物の置き換えといい、不自然なく『リチャード三世』が日本の源平の時代に馴染んでいる。
麻美れいさんの建礼門院=マーガッレトはさすがに存在感。その姿を現すだけで、舞台全部を呪詛で支配する。

不満は範頼が逃げてからが、やや盛り上がりに欠ける事と、耳鳴りにもうひと捻り欲しかった事くらいか。

大阪公演では頼朝・政子夫妻の画一的な描かれ方が気になったが、何故か東京では平気でした。
生瀬さん、びっくりする程烏帽子と狩衣が似合いますね。ツボでした。
衣装の似合い方といえば千葉さんの弁慶!こちらも衣装が素敵。一幕しか出ないのがもったいない程の格好よさでした。

今回『リチャード三世』の台詞をそのまま使わないという決め事があったようでしたが、ラストは「馬をくれ」ではなく、何度も呼びかけていた鳶に向かって「羽根をくれ、代わりに鎌倉をやる」と叫ぶ。
この辺りの書き換えも実に上手いですね。

« 別所さん来年は大河ドラマ | トップページ | 帝劇帰り »

芝居・新感線関連」カテゴリの記事

コメント

花梨さま
「鉈切り丸」2回目のご感想、とても興味深く読ませていただきました。
そしてやっぱり東京でも観ればよかったなぁ、という思いが・・・。
よくなった成海璃子ちゃん巴も観てみたかったですし、あの義経自害の場面の範頼の動きがあやつり三番叟のようだったとは気づきませんでした。

それにしても本当によくできた脚本でしたね。
花梨さんが書いていらっしゃるように、「事実を書き換える」ことによる皮肉がとても効果的で、範頼の悲劇も際立っていました。

そして千葉哲也さんの弁慶。ほんとにカッコよかったですね~。

スキップさま、こんばんは。コメントありがとうございます。

東京は演出等、少し変わっていると思います。
義経自害の場面は、大阪と演出が変わっていたと思います。
大阪の記憶がいまひとつ薄いのですが…。
これは大阪から感じていたのですが、全体の演出は非常に歌舞伎的だと思います。

大阪で購入した戯曲、東京への帰路で読みました。
改めてよく出来た戯曲だったと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/54003197

この記事へのトラックバック一覧です: 『鉈切り丸』2回目:

« 別所さん来年は大河ドラマ | トップページ | 帝劇帰り »