旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2013年クライマックスシリーズ 2 | トップページ | 『相棒 S12』初回から衝撃… »

『エドワード二世』

Try ・Angle -三人の演出家の視点- Vol.2
『エドワード二世』 新国立劇場小劇場

脚本:クリストファー・マーロウ 翻訳:河合祥一郎 演出:森新太郎 
出演:柄本佑 中村中 大谷亮介 窪塚俊介
大鷹明良 木下浩之 中村彰男 西本裕行 瑳川 哲朗
石住昭彦 下総源太朗 谷田歩 石田佳央 長谷川志 安西慎太郎 小田 豊 他

血を血で洗う陰惨な権力闘争劇であるが、その争いを笑い飛ばすように軽妙に進む芝居で、非常に面白かった。
今年は私が見に行くストプレは、当たりな芝居が多くて嬉しい。
ラスト近辺は心臓の弱い人には覚悟が必要。
(以下、少々ネタバレ有)

日本では余り上演の機会の無いらしいクリストファー・マーロウの戯曲。
シェイクスピアと同時代の作家で、イギリス王家に題材を取っているが、その作風は余りにも違う。
この『エドワード二世』は、とにかく悪人しか出てこない。対立して戦争で拷問で殺害だ。
爽快なまでに自分の欲望に忠実な登場人物たちである。

登場人物も多く、内容も膨大な3時間の戯曲にも関わらず、展開はスピーディーで全く難しくない。
若くして亡くなった戯曲家なので、作品本数も少ないようだが、こんな面白い本、もっと上演して欲しい。
他の戯曲も粗筋を読む限りでは、『エドワード二世』に負けず劣らず、見終わった後の気分は最悪になりそうであるが。その辺りが日本で上演機会が少ない理由かも。

舞台は金色で塗られているが、それが権力の象徴のようにも見え、安っぽい張りぼてにも見える。
そのセットの前のブレヒト幕が効果的に使われている。

血塗られた内容でありながら、何処か滑稽で、良い意味で重苦しくなく進んでいく。演出家の手腕だろうか。

その分エドワード二世の最期の壮絶さが際立った。
本当に人間って何処まで残酷になれるのだろう…。吐き気がする程グロテスクなので、見る方も覚悟が必要。
(某新感線で上演した芝居も、似たような場面がありましたが、原作が大好きで読んでいたので覚悟して見られたのですが)

そんな大変な内容だったにも関わらず、後からじわじわと舞台の情景が蘇り、再観劇したくて堪らない。
製作陣の思う壺か?実に刺激的な芝居だった。

タイトルロールの柄本さん。男の愛人に夢中などうしようもない王様でありながら、時々鋭い所もあり、凄く良かった。
その愛人・ギャヴィストンが、ホントにクズなチンピラ。何処か良くてあんなに寵愛したのだろう。愛情は深そうでしたが。
ギャヴィストンを追放する周囲の家臣たちも強烈。皆さん上手い。

谷田さんはギャヴィストンの死後、王の寵愛を受けるスペンサー。
この舞台では、ボールドックと共に野心はあれども、王の事をきちんと想っているように見え、どうしようも無い王様ではあるのだけど、何だかエドワード二世が可哀想で…。
なので余計にあの凄惨な最期が、応えてしまったのたかも。
実際にはエドワード二世を追い詰めた、王妃の愛人・モーティマーも惨たらしく殺されているようだ。

しかし感想書いても、出てくる登場人物が潔いくらいの悪人ばかりだわ。

« 2013年クライマックスシリーズ 2 | トップページ | 『相棒 S12』初回から衝撃… »

芝居・一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/53615183

この記事へのトラックバック一覧です: 『エドワード二世』:

« 2013年クライマックスシリーズ 2 | トップページ | 『相棒 S12』初回から衝撃… »