リンク

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« ありがとうございます、松竹座 | トップページ | 別所さん『ドクターX』に出演? »

【芝居】『鉈切り丸』1回目

『いのうえ シェイクスピア 鉈切り丸』~W・シェイクスピア<リチャード三世>より

脚本 青木豪
演出 いのうえひでのり
音楽 岩代太郎

出演
森田剛・成海璃子・秋山菜津子・渡辺いっけい
千葉哲也・山内圭哉・木村了・須賀健太・宮地雅子
麻実れい・若村麻由美・生瀬勝久 他

東京でも見るので簡単に。

まずは思ったのは『リチャード三世』を、実に上手く源平の世に置き換えているという事。
シェイクスピアの戯曲は、これだけ長く世界中で上演されているだけに、下手な置き換えは元の本のパワーに負けて陳腐になる。

同じ青木豪さんの脚本でも『港町純情オセロ』が、自分には合わなかったが、その心配は今回は杞憂に終わった。

全体的にはまだ仕上がっていない感があり、前半はダレてしまう場面もあるが、公演が進むにつれ凄く良くなりそうな予感。

以下ネタバレ有り。

森田剛くんの範頼が素晴らしい。
あの不自然な姿勢で出ずっぱり、殺陣も楽々こなす。公演終わった後の体のメンテナンスが大変そう。
『IZO』の時も感じたのですが、多分私が森田くんの芝居と相性が良いのでしょうね。
憎しみや渦巻く複雑な感情が、心に響いてくる。
最近色々な舞台で、引っ張りだこなのが納得です。

若手二人(木村了・須賀健太)は健闘。
先日嵐のテレビに出ていた時に、2人ともめちゃめちゃ運動神経良くてびっくりしてたら、その身体能力を舞台でも十分に発揮。
特に義経は、恐らく観客がイメージし易い義経像で、千葉さんの弁慶と共にとても印象に残った。
一幕で衣川まで話が進むので、二幕は出番が少なく残念。もっと見たかった。
『IZO』の時も坂本龍馬や武市半平太の造形が良かったのを思い出した。

逆に頼朝・政子夫妻は、テンプレ通りの人物像という感じでいまひとつ。生瀬さんの軽妙さは良いのですが。
戯曲本も読んだが、この2人は元の脚本が良くないと思う。

麻実れいさん、秋山奈津子さんはちょっともったいない。特に範頼を産み落としたイトは、もう少し捻りがあって欲しかった。
とはいえ麻実さんはさすがの存在感。
成海璃子さんは、良い役なのでもう少し頑張って。

筋には多少の不満があるが、皮肉のきいた範頼の最期が素晴らしいので不満は払拭。

演出はかなり歌舞伎風で、所々三代目猿之助演出リスペクト。
生首とか、顔が醜くなるとか、小栗判官を思い出す。
二幕、館を脱出する範頼の場面は、ヤマトタケルの熊襲の館を彷彿。

ラストが『朧の森に棲む鬼』と似ているという感想をよく見ますし、もちろんそれは納得なのですが、自分は何故か余り気にならなかった。
『朧の森~』『IZO』は、いのうえさんが『ヤマトタケル』の筋書で語っていたように、三代目猿之助演出に影響を受けている訳だし、むしろ立ち廻りとか『新・三国志』の水の演出をよりリスペクトしている気がする。
その三代目も「蜷川さんに負けるな」って、花びら降らしまくったりしている。
『朧の森~』はオープニングの演出が、鳥肌ものの格好よさで大好きです。

話がそれました。今回、舞台転換で生垣のようなセットを使い、スライドして動かしていたが、動きがスムーズでは無く気が散る。普通に幕で良かったのでは。

ただこの舞台は好き嫌いがハッキリわかれそう。
自分は11月に東京で見るのが、今から待ち遠しい。

« ありがとうございます、松竹座 | トップページ | 別所さん『ドクターX』に出演? »

芝居・新感線関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/53690815

この記事へのトラックバック一覧です: 【芝居】『鉈切り丸』1回目:

« ありがとうございます、松竹座 | トップページ | 別所さん『ドクターX』に出演? »