旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 楽天中継ぎ陣何やっているの | トップページ | 岩隈、J.バーランダーとの投げ合い制し13勝目 »

「ヴェニスの商人」

彩の国シェイクスピア・シリーズ第28弾『ヴェニスの商人』
さいたま芸術劇場大ホール 1階後方

演出:蜷川幸雄 
作:W.シェイクスピア 
翻訳:松岡和子 

出演
市川猿之助 中村倫也 横田栄司 大野拓朗
間宮啓行 石井愃一 高橋克実 他 

子供のころ自宅には「少年少女名作全集」みたいな本があり、シェイクスピアの主要作品の小説版みたいなものも載っていた。
その時読んだ「ヴェニスの商人」と、大人になって芝居で見た「ヴェニスの商人」は受ける印象が違いすぎた。

シェイクスピアがどういった意図をもって、この戯曲を描いたのか、私には判らない。
当時のヴェニスはユダヤ人差別が酷かったとの記事も何処かで読んだし、シャイロックの扱いは当然なのかもしれない。
現代の感覚で見るととても喜劇とは思えないし、キリスト教徒の傲慢さばかりを感じる。

今回猿之助さん演じるシャイロックは、十分嫌な爺で悪役だが、やはりキリスト教徒酷すぎ。
借りた金はきちんと返そうよ。
娘も駆け落ちするのは勝手だが、親の財産持ち逃げするなよ。
(私がこの物語で一番嫌いなのは、間違いなくシャイロックの娘)
見る度にそう思ってしまう。

悪であるシャイロックに対し、人格者であるアントニオ。
裁判にも勝ち、海で失われた筈の財産も戻る。めでたしめでたし。
でもアントーニオって、カトリックで一応禁止されている男色家と思われる…。
いいのか?皮肉なのか?

アントーニオの愛を利用して、お金を借りるバサーニオ。
お金持ちで頭も良いのに、何でポーシャはそんなバサーニオが良いのか。だめんず・うぉ~か~?

駄目だ、登場人物批判になっている。
本当に「ヴェニスの商人」は不思議な戯曲だ。

猿之助さん、実に見事な老けっぷり。その芝居にはどうしても先代の影を重ねてしまう。
歌舞伎調演技は、キリスト教徒の中の異端者を表しているのか。
その辺りの演出の意図がいまひとつ不明。

ポーシャ役、中村倫也さんが実に良かった。特に男装姿になってから。

横田さん、「ヴェニスの商人」では毎回違う役でお見掛けしている気が。

今回の見て、アントーニオというのは実は為所の無い役というのが判った。
過去見たアントーニオ役(西岡徳馬さん、AUNの中井出健さん
)の方々が強烈だったのだな。

面白かったけれど、劇団AUNで上演した「ヴェニスの商人」の方が、私は好きかも。

« 楽天中継ぎ陣何やっているの | トップページ | 岩隈、J.バーランダーとの投げ合い制し13勝目 »

芝居・一般」カテゴリの記事

コメント

連投すみません。
「ヴェニスの商人」、わたしもやっぱり喜劇とはどうしても思えませんでした。
花梨さんの「借りた金は返そうよ」以下、うんうんと頷きながら読んでしまいましたよ(笑)。
中村くんのポーシャは凄く良かったですよねv
ポーシャの描き方で、受ける印象がこんなにも違うんだ、とびっくりしました。
AUNのこのお芝居を観れなかったのが、返す返すも残念です・・・

恭穂さん、こちににもコメントありがとうございます。

AUN版の「ヴェニスの商人」、凄く面白かったですよ。アントニオにかなり焦点当てた演出でした。
バサーニオが谷田さんだったので、あれだけ格好良ければだめんずでも惚れちゃうよね、と思わせてくれました。

それにしても「ヴェニスの商人」、現代の日本人から見ると、理解し難い部分が多いですよね。戯曲が書かれた当時とは時代も違いますし。
それでも面白い戯曲だと思わされるのは、さすがシェイクスピアです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/53308862

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヴェニスの商人」:

« 楽天中継ぎ陣何やっているの | トップページ | 岩隈、J.バーランダーとの投げ合い制し13勝目 »