旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« MLBオールスター! | トップページ | 朝からMLB »

『非常の人 何ぞ非常に』

パルコ・プロデュース『非常の人 何ぞ非常に ~奇譚 平賀源内と杉田玄白~』

脚本・演出:マキノノゾミ 
佐々木蔵之介 岡本健一
小柳友 奥田達士 篠井英介

二幕。休憩込みで2時間30分。(もう少し長かった気がする)
キャストは男性のみ5人。奥田さん、篠井さんは何役も演じます。
その複数役も見所。特に篠井さんの美しい着物姿は必見。

私の好きなタイプのお芝居でした。
平賀源内と杉田玄白。2人の全く個性の違う天才2人の物語。

天才を知る者は天才である
そして自分に無いものに、人は惹かれる

天才肌で器用に何でもこなしてしまう源内。
「解体新書」というタイトルも、キャッチコピーも考え、玄白に出来る限りの協力をする。
でも実はじっくりと一つの事に取り組み、常に努力し続ける友人の事を、好ましくもあり羨ましくも思っていたのかもしれない。(毎日努力し続ける事って、無茶苦茶難しい)

最近は映像での活躍が多い蔵之介さんだが、久しぶりに主役で出ずっぱりで、喋りっぱなしの舞台を見た気がする。
蔵之介さん、粋に着物を着こなすのよね。関西出身なのに、何故か江戸っ子の雰囲気が出せる不思議な方。(生瀬さんとか、上手くて好きな役者さんだが、大河で江戸っ子の勝を演じているのには、どうしても違和感が…。)

天才であり、時に傲慢。他人と親密になりきれない内面を抱える源内。ぴったりの役柄でした。

不勉強で申し訳ないが、源内が男色家とはこの舞台ではじめて知った。
いきなり芳町で陰間が出てくるので、どういう芝居???とびっくりした。

岡本健一さん、坊主頭で熱演。
コミカルな芝居(翻訳に行き詰る場面。笑いすぎた)有り、ラストはしみじみと泣かせる。

2人とも素晴らしかった!

源内の心の闇を見抜いていたのが、陰間の菊千代。 
玄白は彼を源内近付れたくないと思うが、源内は切り捨てる事が出来ず…。
演じていたのは小柳友さん。
一幕の陰間姿とか、かなり所作に気を使っているのも判るし、冷たい美形。以前テレビの時代劇で見た時よりは随分上手くなってたのだけど、周囲が上手いからなぁ。やや物足りず。

何役も演じるお二人は圧巻。上手いね~。
篠井さんはさすがに所作が美しい!特に瀬川菊之丞の裾捌きが綺麗で見惚れた。
奥田さん、蘭画家の小田野直武役が私はお気に入り。

「エレキテル」のくだりは、何だか考えさせられる。

舞台美術も衣装も素敵で、とても良い舞台でした。満足です。

『ああ非常の人、非常のことを好み、行いこれ非常、何ぞ非常に死するや』
玄白が非業の死を遂げた源内に送った言葉です。泣けるなぁ…。

« MLBオールスター! | トップページ | 朝からMLB »

芝居・一般」カテゴリの記事

コメント

花梨さま
おもしろいお芝居でしたね。
花梨さんのおっしゃる通り、蔵之介さんが江戸っ子の雰囲気を
よく出していらっしゃるのに驚きました。
私がこれまで観た蔵之介さんの役の中で一番ハマッていたかも。

篠井さんもすごかったですね。
瀬川菊之丞なんて、このまま歌舞伎の女方として通じるんじゃない?
と思いました。加納さんとの女形競演、また観てみたいです。

スキップさま

こんばんは。コメントありがとうございます。

蔵之介さん、映像で売れっ子ですが、もっと舞台で見たい役者さんです。
源内ははまり役でしたね。

篠井さん、本当に美しかった。瀬川菊之丞の衣装も素敵でした。
スキップさまのブログで「衣裳アドバイザー:市川猿之助」と知り驚きました。

脚本も良かったし、再演して欲しい舞台です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/52496309

この記事へのトラックバック一覧です: 『非常の人 何ぞ非常に』:

« MLBオールスター! | トップページ | 朝からMLB »