リンク

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 交流戦スタート | トップページ | 桃沢温泉@2013年5月 »

お勧め!『バブー・オブ・ザ・ベイビー』

『バブー・オブ・ザ・ベイビー -UNDEAD OR UNALIVE-』
本多劇場 前方下手

作・演出 池田鉄洋
出演 田中圭/福士誠治/大口兼悟/田口浩正/池田鉄洋

パワフルで体張ったエンタメ芝居。めちゃめちゃ面白かった!

久しぶりの下北沢。若い人が多いな、と年寄りめいた事を思う。
自分の初・本多劇場は高校生の時。20代の頃は芝居に飲みにと、よく下北沢に来ていた。
本多劇場の中も、可愛らしいお嬢さんがいっぱい。
補助席まで出る盛況の中、ホントにワクワクする舞台で、何だか若い頃と同じような感覚で楽しめた。

自分の中では、今年一番集中して見られたお芝居です。
(以下ネタバレ有)

新宿歌舞伎町の雑居ビルが舞台。
歌舞伎町ではゾンビが発生して、雑居ビルの中の人々は孤立無援。
物語の発端は、1Fイタリア料理店に来た臨月の妊婦さん(田口浩正さん)で、ゾンビ騒動の中産まれた子供が、成長して当時の事を語る形式。

1Fイタリア料理店→3F古地図の出版社→4Fヤクザ事務所→2Fメイド喫茶と、舞台は変わっていく。
たった5人の出演者で、各フロアの登場人物を演じるので、一人何役もこなす。

これは舞台裏は運動会状態だろうな…。
ビルの階段はゾンビに占拠され、唯一の脱出ルートは通風孔のみ。
各フロアに話が変わる際は、暗転の中、映像を上手く使って、通風孔での移動の様子を見せたりしている。
その間に着替えたり、メイク変えたりしているのだろう。体張っている分、観客もホント楽しめる。

登場人物も普通の人からぶっ飛んだ人、女装まで様々。
4Fヤクザ事務所はホモ祭りだし(笑いすぎて涙出た)、2Fメイド喫茶は当然女装祭り。
田中圭くん、メイドの扮装可愛かった。
池田鉄洋さんも、別の意味で何だか女装がよく似合ってた。
メイドさん達は実に逞しい。ゾンビに包囲されているのに、その様子をネット中継する。

イケメンの使い方も実に正しい。
下手前列だったので、はじまった途端福士くんのギャルソンが目の前で、ちょっとときめいたよ。
出版社の草食系メガネ男子も可愛い。

見所が多すぎて、書き切れない。出演者、みな良かった。
見ている時は、笑ってばかりだったが、後からストーリーについて考えたりも。

こんな楽しい舞台を作ってくれた、池田鉄洋さん及び関係者の方々、本当にありがとうございます。
残念なのは、公演期間短いし、チケット無いしで、周囲にお勧め出来ない事かな。(当日券はある模様)

« 交流戦スタート | トップページ | 桃沢温泉@2013年5月 »

芝居・一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/51658576

この記事へのトラックバック一覧です: お勧め!『バブー・オブ・ザ・ベイビー』:

« 交流戦スタート | トップページ | 桃沢温泉@2013年5月 »