リンク

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 5/13(月)のテレビ | トップページ | 交流戦スタート »

こまつ座『うかうか三十、ちょろちょろ四十』

こまつ座『うかうか三十、ちょろちょろ四十』

作:井上ひさし 
演出:鵜山仁
紀伊國屋サザンシアター

初期の井上作品。割引チケッをゲットして行ってきました。
東北弁で展開される物語であるが、その実、皮肉な物語でもある。

桜が美しく咲くあばら屋は、時がたちその姿を留めなくなる。
住んでいた初々しい少女は、大人になり結婚し子を産む。
やがてその子は、亡き母親によく似た容貌を持つ娘となる。

物語の終わり、もうあばら屋も、少女もいない。

殿様の足が悪いというのは、何かの象徴なのだろうか。
短いながらも色々と深読みしたくなる物語だ。

その上演時間だが、1時間20分という短さ。
長らく上演されなかった戯曲らしいが、この短さが原因なのだろうか。
短いのは構わないが、正規のチケット代は6,500円。
上演時間を考えると、随分強気の値段設定だと思う。
芝居そのものは悪くないのだが、何処かスッキリしなかった。

« 5/13(月)のテレビ | トップページ | 交流戦スタート »

芝居・一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/51644484

この記事へのトラックバック一覧です: こまつ座『うかうか三十、ちょろちょろ四十』:

« 5/13(月)のテレビ | トップページ | 交流戦スタート »