旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« イーグルス、ようやく連敗脱出 | トップページ | 3軒茶屋婦人会5『ブライダル』 »

『今ひとたびの修羅』

『今ひとたびの修羅』
新国立劇場 一階席より

原作:尾崎士郎「人生劇場」より
脚本:宮本研
演出:いのうえひでのり
出演:堤真一、宮沢りえ、風間杜夫、岡本健一、小出恵介、小池栄子、浅野和之ほか

劇団☆新感線のいのうえひでのりさんの演出。
大正・昭和の任侠もの+新感線という組み合わせ。
それが吉と出るか凶と出るか…。

いのうえさんの演出好きですが、幕開けは少し違和感がありました。(自分は大正・昭和の戯曲は割と好きな方。)
昭和の芝居に、いのうえさんの派手な演出が合っていないというか…。そのミスマッチを狙ったのかな。
ただ芝居が進むにつれ、段々気にならなくなりましたが。多分2回目の観劇があれば、冒頭からすんなり入り込めるのかもしれない。

主要キャストは素晴らしかった。
特に風間さんの上手さに脱帽。台詞や佇まいに本当に味がある。
風間さんの存在で、この芝居の世界観が定まっている感じ。

堤さん痩せた?着流しが実に色っぽい。
宮沢さん演じるおとよ、こういった女性は男性からみたら堪らないだろうな。
小池さんもだけど、やはり和装、特にあの長襦袢姿は、色白で肌が綺麗で無いと似合いませんよね。
女性から見ても、お二人とも美しい。着物も素敵。半襟も凝っている。
小池さん、所作が綺麗。また時代物の舞台で見たい。

主要キャストに比べると、脇のいわゆる劇団員の芝居はどうにもこの舞台の世界から浮いている。お稽古中、何とかならなかったのかな。

舞台美術も素敵。
かつていのうえさんは、先代の猿之助さんの事を「ビジュアリスト」と言ったが、いのうえさんもビジュアリストと思う。

堤さんの主演、いのうえさんの演出というと、隆慶一郎原作『吉原御免状』を思い出すのだが、時代が違うとはいえあの舞台の方が世界観が統一されていて、私は好きでした。
『今ひとたびの修羅』、決して面白くない訳では無いし、堤さんは無茶苦茶格好良いし、概ね満足なのですが、少しだけモヤモヤした芝居でした。

« イーグルス、ようやく連敗脱出 | トップページ | 3軒茶屋婦人会5『ブライダル』 »

芝居・一般」カテゴリの記事

コメント

花梨さま
自分の感想を書いたのでお邪魔しました(笑)。
そうそう!
風間杜夫さんの吉良常、本当によかったですね。
堤さんはもちろんとてもカッコよかったのですが、
ある意味吉良常が主演かなぁと感じたりもしました。
そして、主要な役者さんとそれ以外の人たちのお芝居の
落差という点でも同感です。
すっごく楽しみにしていた舞台だったので、こちらの
期待が大きすぎたのかしら(笑)。

スキップさま

こんばんは、コメント返すのが遅くなって申し訳ありません。
風間杜夫さん、本当に素敵でした。舞台に佇んでいるだけで、もう空気が違うというか。
それと小池栄子さん、所作綺麗でしたね。また着物姿を見たい女優さんです。

多少残念な部分もありましたが、面白い舞台でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/51362183

この記事へのトラックバック一覧です: 『今ひとたびの修羅』:

« イーグルス、ようやく連敗脱出 | トップページ | 3軒茶屋婦人会5『ブライダル』 »