リンク

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 『ロックオペラ モーツァルト』インディゴVer | トップページ | 願望です »

『ロックオペラ モーツァルト』ルージュVer

『ロックオペラ モーツァルト』ルージュVer

モーツァルト:中川晃教
サリエリ:山本耕史

2回目の観劇終了。今回は3階より。
初めてのオーブの3階、手摺は邪魔だが、思ったより見易いのは有難い。
照明と舞台美術、衣装が上から見ると、とても綺麗に調和している。

しかしこのミュージカル、ヤバい。中毒性がある。
一回目の時は筋はいまいちと書きましたが、そんなのどうでも良い。
無茶苦茶楽しいーーー!

インディゴ→ルージュと見ましたが、事前の予想ではアッキーがモーツァルトを演じるルージュが良いのではと思いましたが、今はインディゴがもう一度見たい。
どちらのバージョンも本当に面白い。

キャストもスタッフも良いし、劇場の中に、作り手、観客の熱気が溢れている。
生の芝居はこうでなくちゃね!
早々にスタンディングになった客席に、アッキーが嬉しそうに「もうこんな立ってる!」と言ったのが印象的。

東宝やホリプロ等、毎回同じメンバーでどうもワクワクしないキャスティング・企画にうんざりしていたので、この
『ロックオペラ モーツァルト』には心から喝采を送りたい。
アッキーと山本くんの共演というだけで、心躍るもの。

とりあえずアンケートに再演希望と、熱く書いてきた。アンケート書いている人、とても多い。
パンフも、少しだけどグッズも買った。大したお金では無いが、主催者にささやかながら貢献したい。
CDも両バージョン買う予定。

アッキーのモーツァルトはまさに水を得た魚。
可愛くて、無邪気に、舞台を走り回る。靴がびっくのする程の厚底ブーツで大変そう。
アッキーの歌は聞いているだけで、鳥肌がたちます。

サリエリの山本くん。アッキーのサリエリと全く違った役作り。
怜悧でとても頭が切れそう。だからこその苦悩か。
二幕はサリエリの見せ場が多く、歌も心を持って行かれた。

案外このミュージカル、モーツァルトとサリエリが2人でがっつり歌う所が少ない。
アッキーの高音と、山本くんの中低音が響いて良いのにもったいない。

しかし山本くんはどんな扮装でも、何でんなに似合うのだろう。
今回のような西洋風の衣装も似合うが、テレビで見せる時代劇の扮装も色っぽいし。
レクイエムを依頼に来るときの、黒ずくめの衣装と帽子も素敵。
(この衣装はさすがにアッキーには厳しかった。スミマセン。)
山本くんのサリエリのロン毛を見ていたら、マリウスを思い出したよ。

この日、客席に新感線のいのうえひでのり氏を発見。
この2人で何か企画してくれないかなぁ。
『SHIROH』でもよいよ~。

« 『ロックオペラ モーツァルト』インディゴVer | トップページ | 願望です »

芝居・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/49447075

この記事へのトラックバック一覧です: 『ロックオペラ モーツァルト』ルージュVer:

« 『ロックオペラ モーツァルト』インディゴVer | トップページ | 願望です »