« 「プレミアの巣窟」 | トップページ | 『ロックオペラ モーツァルト』ルージュVer »

『ロックオペラ モーツァルト』インディゴVer

インディゴVer観劇。とりあえず短感想。
ネルケプランニングの本気度が凄い。何だこのお金の掛け方。
舞台美術も衣装も凄い。アロイジアの蝶のドレス、どのくらいお金掛かってるのだろう。

ストーリーはアレだけど、山本くんとアッキー萌えの自分は、大変楽しかったです。
コンスタンツェ役の秋元さんが凄く頑張ってた。首が長くて、スタイル良いのはドレスの舞台では利点。
アロイジア役のAKANE LIVさんの歌に聞き惚れた。もちろん本職のソプラノ歌手の歌姫は凄すぎ。
ローゼンベルク伯爵、ツボ入りまくり。
アンサンブルさんも格好良いし、気合いの入った良い舞台だった。

主役のお2人はもちろん文句無し。素敵だった!
山本くん、スタイルが異次元。チャラ男でも色気ある。
アッキーの歌、当然ながら圧巻。

舞台後のトークショーで、アッキーがモーツァルトのキーが高い発言はびっくり。
でも何も金八先生の物真似を振らなくても…。

ストーリーはまぁ物足りないのだが、凄く楽しい舞台でした。
ルージュももちろん見に行きます!

« 「プレミアの巣窟」 | トップページ | 『ロックオペラ モーツァルト』ルージュVer »

芝居・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ロックオペラ モーツァルト』インディゴVer:

« 「プレミアの巣窟」 | トップページ | 『ロックオペラ モーツァルト』ルージュVer »

リンク

無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31