リンク

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 年内の「相棒」再放送 | トップページ | 「宝塚BOYS」2013年上演 »

SHINKANSEN☆RX『ZIPANG PUNK~五右衛門 ロックⅢ』

三連休は体調崩し、結局ほとんど寝て過ごす。
そんな中見た「五右衛門 ロック」
4時間近かったが、あっという間でした。楽しかったー!
かずきさんの隆慶一郎オマージュな作品好きとしては、今回久し振りの隆慶一郎色の強い脚本で、ツボに嵌りました。
同行者は今回はいまいちとの感想でしたが。確かに歌多すぎで、飽きるかもしれませんけどね。

すぐに二回目の観劇が控えているので、ネタバレにならない程度で簡単に。

古田さんの出番と見せ場が案外少なかった。
でもお約束のネタは満載だし、登場シーンが凄い!びっくりした。

その分三浦春馬くんが大活躍。和装が似合うのが嬉しい。
じゅんさんの前田慶次郎、ちゃんと大きな馬に乗っていた!

マローネやシャルルが出てくると知り、どんな話になるかと思ったら、こうきたか!
シャルルは、もう存在そのものが卑怯でしょう。いつ出て来るかワクワクして待ってました。
創っている方もシャルル大好きでしょ?と聞きたくなる。

音楽はもう少し何とかならなかったのか。曲数半分でも良いと思うけど。
冠くんの歌、意外に少ない?

ラストの波布の使い方の格好良さに痺れた!

しかし音響が悪すぎる。スピーカー近かったからか?
「ロミオ&ジュリエット」も音が悪いと感じたが、それ以上でした。
「ミリオンダラー・カルテット」の時は、ここまで酷くなかったのですが…。

« 年内の「相棒」再放送 | トップページ | 「宝塚BOYS」2013年上演 »

芝居・新感線関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/48454537

この記事へのトラックバック一覧です: SHINKANSEN☆RX『ZIPANG PUNK~五右衛門 ロックⅢ』:

« 年内の「相棒」再放送 | トップページ | 「宝塚BOYS」2013年上演 »