旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 勘三郎さん… | トップページ | 山本くん尽くし »

続・勘三郎さん…

私は先代の猿之助さんの歌舞伎の大ファンでしたが、実は初めて見た歌舞伎の舞台に立っていたのは、勘三郎さん(当時は勘九郎さん)でした。
中学の時だったかな?学校で演舞場の切符の斡旋が来て、母と行きました。確か二階席だった。

花形歌舞伎で、團十郎さん、福助さん、三津五郎さん(当時はもちろん名前が違う)などが出ていた。
幕間に母に「お母さん、あの人上手いね。何て役者さん?」と聞いたら、それが当時の勘九郎さんでした。

本当に早すぎますよ…。
テレビで見た長男・勘九郎さんの口上に涙…。

芝翫さん、まだ早い!って、追い返してくれないかなぁ。

« 勘三郎さん… | トップページ | 山本くん尽くし »

芝居・歌舞伎、古典等」カテゴリの記事

コメント

私はTVの時代劇で、勘九郎当時に若侍姿で出ていた姿に魅了されました。その後、日生劇場での「アルトハイデルベルヒ」はどうしようかと思ったけれど見送り、テレビのオンエアで観たこともはっきりと覚えています。
だから勘三郎襲名披露興行で歌舞伎を本格的に観ることになったのだと思います。
好江さん、1年ちょっとの間に父と夫を続けて亡くされたわけで、どんなにおつらいかと思ってしまいます。中村屋の兄弟二人と成駒屋の兄弟二人が組んで、しっかりとした座組みで公演ができるようになっていくといいなぁと思い描いているところです。

こんばんは。コメント、ありがとうございます。
何か力が抜けちゃってます。未だに信じられない思いでいっぱいです。

歌舞伎ファンでなくても、演劇を愛する方はみな嘆いてますよね。
阿修羅城2003の楽を見にいらしてて、「鼠小僧は歌舞伎座にいる」の台詞が、「鼠小僧はそこにいる!」と客席を指してた、なんて事を思い出しました。
本当に日本の演劇界にとって、大切な存在でした。

>好江さん、1年ちょっとの間に父と夫を続けて亡くされたわけで、どんなにおつらいかと思ってしまいます。

同感です。奥様も息子さんも、どれだけ辛いのだろうかと…。
橋之助さんの口上をテレビで見て、また涙が…。

花梨さま
ほんとうに、「なぜ勘三郎さんが」という思いでいっぱいです。
信じられないし信じたくない。悪い夢なら早く醒めてほしいです。

私も初めて観た歌舞伎は勘九郎時代の勘三郎さんでした。
最近でも、平成中村座や野田版など、「勘三郎さんで歌舞伎を
初めて観た」という人も多いですよね。
歌舞伎界にとっても演劇界にとっても喪失感は並大抵ではない
と思います。そしてそれは私にとっても。
勘三郎さんがいなくなって、改めてこんなに勘三郎さんのことが
好きだった自分に気づいてオロオロしています。

こんばんは。コメントありがとうございます。
日本の演劇界にとって、あってはならない事が起こってしまいました。

初めての歌舞伎が、勘三郎さんという方、たくさんいらっしゃいますね。
私も初歌舞伎は勘三郎さん(当時は勘九郎さん)でした。

もっと見に行けば良かったなぁ。
新しい歌舞伎座に、勘三郎さんの姿が無いなんて…。
今でも信じられません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/48100194

この記事へのトラックバック一覧です: 続・勘三郎さん…:

» 12/12/05 十八代目中村勘三郎の訃報、早すぎるよ・・・・・・(T-T) [ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記]
NHK朝ドラ「純と愛」に続く「あさイチ」の冒頭の2人の会話で初めて知った。 かねて病気療養中だった中村勘三郎が亡くなったという。一昨年12月に突発性の難聴で休養、昨年7月平成中村座の信州まつもと大歌舞伎、11月の浅草公演で復帰。今年6月に食道がんで手術、療養...... [続きを読む]

« 勘三郎さん… | トップページ | 山本くん尽くし »