旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「祈りと怪物」の上演時間 | トップページ | 本日のスポーツ報知 »

『組曲虐殺』

『組曲虐殺』
天王洲銀河劇場 1階F列

作:井上ひさし
演出:栗山民也
音楽・演奏:小曽根真

キャスト:井上芳雄 石原さとみ
山本龍二 山崎 一 神野三鈴 高畑淳子

井上ひさしの最後の戯曲。
良い作品だが、上演時間が長い為か平日夜の開演時間が6:30。
銀河劇場でこの開演時間は、ちょっと厳しいと思うが、終演時間を考えると仕方が無いのだろう。

小林多喜二が拷問で殺されるまでの生涯を描いている、と書くと非常に重苦しいものを感じるが、音楽劇であり、軽妙に芝居は進んでいく。
さすがに逃亡生活を続けるラストの方は、重苦しくなっていくが。

井上くんが多喜二を演じる事を想定して書かれたのかな?と思うほど、井上くんが役に嵌っていた。
久し振りに前列で井上くんを見たが、スタイル良くてとても格好良いのだが、それは何処か泥臭い格好良さで、芝居に合っている。
辛さ、苦しさも、その明るさや信念の強さで吹き飛ばすような。

こういった話を読んだり見たりすると、自分のような軟弱な人間は、何故そこまで信念を貫くのかと思ってしまうのだが、井上くんの演じる多喜二の柔らくて強い部分はとても説得力があった。
チャップリンの扮装が、似合っていて、何処か悲しい。

他のキャストもみな良かったし、評判の高かった音楽が何といっても素晴らしかった。
女性陣の衣装も可愛かったな。洋装も和装も。

見終わったあとは、ちょっと思想が感じられて苦手と思ったが、数日たって思い返すとじわじわ来ている。
多喜二を巡る2人の女性、姉(高畑さん最高!)、警察官2人。絶妙のコンビネーション。

それにしても銀河劇場周辺。来る度にどんどん寂れている。
アートスフィアという名前だった時代は、周囲の商店、飲食店も賑わっていたのだけど。
渋谷がヒカリエのオープンで賑わっているのを見ると、アクセスの悪さがネックなのだろう…。

« 「祈りと怪物」の上演時間 | トップページ | 本日のスポーツ報知 »

芝居・一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/48291118

この記事へのトラックバック一覧です: 『組曲虐殺』:

« 「祈りと怪物」の上演時間 | トップページ | 本日のスポーツ報知 »