旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 『組曲虐殺』 | トップページ | ゲキ×シネ「髑髏城の七人」試写会 »

本日のスポーツ報知

日付変わっちゃったけど、12/11のスポーツ報知の記事。
蜷川さんのコメントですが、『たいこどんどん』が元々勘三郎さんだったことにも触れていた。

演劇ファンの間では、何となく知られていた話ですが、改めて蜷川さんの口から聞く事が出来て感慨深い。
『たいこどんどん』は初見を新感線ファンの友人と見たのですが、友人はそんな話は全然知らず、見終わった後「勘三郎さんで見たい役だね」と言ったのにびっくりした。
「いや元々勘三郎さんで予定していたらしいよ」と言ったら驚いていたっけ。

蜷川幸雄氏、勘三郎さん悼む「あんな天才的な俳優が…」

« 『組曲虐殺』 | トップページ | ゲキ×シネ「髑髏城の七人」試写会 »

芝居・雑感」カテゴリの記事

コメント

蜷川さんが「たいこどんどん」で勘三郎さんと組むのを私も楽しみにしていました。代役の橋之助はすごくよかったので、また別の作品で一緒に何かやってくれるだろうことを信じて疑いもしていませんでした。蜷川さんが力を認める若手が先に逝かれてしまって本当に残念だろうと思います。新しい歌舞伎座での芝居も踊りも観たかった観たかった・・・・・・。歌舞伎ファンはみんなそう思ってますよね。ああ、また泣けてしまう(T-T)
蜷川さんに、息子たちを是非起用してくださいとお願いしたいです。

ぴかちゅうさん、こんにちは。
「たいこどんどん」の橋之助さんは、私もお気に入りです。古田さんと同い年だったとは!
とはいえ勘三郎さんで見たかったという思いも有り…。
勘三郎さんの訃報は、歌舞伎ファンだけでなく、日本の演劇を愛する全ての人にとって、余りに悲しくてショックな出来事でしたね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/48291403

この記事へのトラックバック一覧です: 本日のスポーツ報知:

« 『組曲虐殺』 | トップページ | ゲキ×シネ「髑髏城の七人」試写会 »