旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 五右衛門ロック3@表参道 | トップページ | ファイターズ勝った! »

ジェーン・エア

『ジェーン・エア』
2012年10月27日(土) 12:00開演 日生劇場 1階後方

原作:シャーロット・ブロンテ
脚本・演出・作詞:ジョン・ケアード
作詞・作曲:ポール・ゴードン

初演の評判が良かったので、再演を観に行きましたが、評判通りの質の高いお芝居でした。
松たか子さんのジェーン・エアと、橋本さとしさんのロチェスターが実にはまり役。
お2人のファンの方は、リピートし甲斐のある舞台でしょうね。

主催は松竹さん。普段はミュージカルの上演はそんなにありませんが、良い演目を選定したと思います。
恐らく松さんありきの企画でしょうが、彼女にぴったりの役。
淡々と進むストーリーとシンプルな演出。松さんとさとしさんが上手いから成り立つのでしょう。
演目を決め、このキャスト、スタッフを集めたプロデューサーに拍手を送りたい。
やはり日本のミュージカルは、まだまだスターシステムでないと、1000人以上の劇場で上演するには厳しいと思う。

自分がイギリスが舞台になっている作品を見て、なかなか実感出来ないのが身分や階級への意識。
ジェーン・エアはそういった世の中で、きちんと自立した女性として生きようとした。
凛とした松さんの佇まいが素敵でした。

松さんもさとしさんも、歌が依然より良くなっている気がする。
お稽古でかなり唄いこんだのかなと思える、安定した歌唱力。

お2人の事ばかり誉めてますが、他の出演者さん、アンサンブルさんも皆良かった。
特に寿ひずるさんは素晴らしかった!
ロチェスターのお屋敷の方々が、みな思いやりをもって主人に仕えている感がして素敵でした。
小西くんはやはり品がある。品のある役者さん、好きなんですよ。牧師さん、ハマってました。
舞台美術も綺麗。

目茶目茶感動したー!という訳では無いけれど、本当にしっかりと創られたした、上質の舞台を見せて頂き、大満足でした。

« 五右衛門ロック3@表参道 | トップページ | ファイターズ勝った! »

芝居・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/47625247

この記事へのトラックバック一覧です: ジェーン・エア:

« 五右衛門ロック3@表参道 | トップページ | ファイターズ勝った! »