リンク

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 野球面白いわ | トップページ | 祝!扉座『つか版・忠臣蔵~スカイツリー篇~』再演 »

「リチャード三世」

『リチャード三世』 新国立劇場

作・シェイクスピア 翻訳・小田島雄志
演出・鵜山仁
出演 岡本健一 中嶋朋子 浦井健治
   倉野章子 立川三貴 今井朋彦 ほか

2009年「ヘンリー六世」上演後、待望の「リチャード三世」上演。
新国立での「ヘンリー六世」は残念ながら未見。
蜷川演出版の方は見てますが、「ヘンリー六世」を見ると、その続きである「リチャード三世」が見たくなるし、「リチャード三世」への理解が深まる。
どうしても日本人には馴染みのない薔薇戦争。系図を頭に入れるだけでも大変です。

「リチャード三世」の世界の中の呪いであるマーガレット。
マーガレットの呪いの深さは、「リチャード三世」以前を知らないと理解出来ない。
今回の演出は白いドレスのマーガレットが、非常に印象的でした。
フランス版「ロミオ&ジュリエット」の「死」も白いドレスの女性だった。

舞台が一面の赤い砂。ちょっとSFちっく。でも照明や役者さんが映えて、素敵な美術です。

岡本健一さん演じるリチャード三世は、大悪人では無く、ちっぽけな男だった。
明らかに王の器ではない。
これが端的に表現されるのが、リッチモンドを演じる浦井くんが登場した時。
自分は浦井くんの「ヘンリー六世」を見ていないので何ともいえないが、浦井くんの存在が良い意味で物語から浮いている。
明らかに他の人間とは違う人種。(王子様オーラとでも言おうか)
これを狙ったキャスティングなのかなと思ったり。

なので岡本リチャードは、王座から蹴落とされるのが、明明白白なのだ。

「リチャード三世」といえば、クライマックス、彼が殺した人々が亡霊となって現れ「絶望して死ね!」と呪いを吐く場面。
リチャードに呪い、リッチモンドに祝福。この場面の演出が素晴らしかった。

上演時間は、約3時間35分。さすがに集中保つのが大変でした。

« 野球面白いわ | トップページ | 祝!扉座『つか版・忠臣蔵~スカイツリー篇~』再演 »

芝居・一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/47480206

この記事へのトラックバック一覧です: 「リチャード三世」:

« 野球面白いわ | トップページ | 祝!扉座『つか版・忠臣蔵~スカイツリー篇~』再演 »