リンク

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月の29件の記事

日本シリーズ第4戦

確かロッテと中日の日本シリーズで、延長戦をずっと放送していたのはフジテレビだったと思うのだが、本日の放送もフジテレビ。
フジが放送すると、延長戦になるというジンクスでもあるのか?

0-0の緊迫した試合、延長12回日本ハムファイターズのサヨナラ勝ち!
いやぁ、見応えのあった試合だったわ。
両チームとも良い守備が、多々出たし。

こういう試合は、ミスしたチームが負けるなぁ…。
それにしても北海道のファンは熱い!

「将軍江戸を去る」TV放送

寝るかと思いつつ、結局スポーツニュース見てる。
見ながら自分用TV備忘録。

「将軍江戸を去る」、実は観劇中にちょっと意識を失ってしまった。スミマセン…。
なのでテレビ放映は、本当に有り難いです。

芸能百花繚乱スペシャル
NHK Eテレ 11/16(金)22:00~22:5

演目:『将軍江戸を去る』
出演:市川團十郎、市川中車、市川猿弥、市川月乃助、市川右近、市川海老蔵 ほか

ファイターズ勝った!

日本シリーズ第3戦。
6:15の中継開始からずーっと頑張って見てた。
何でこんなに試合長いんだよ。

やはり日本ハムは稲葉だわ。
1戦が大差で負け、2戦は勝さん見殺しの完封負けの中、
HR打ったらムード変わった。さすが。

本日のゲストはダルビッシュ。
淡々と話すのだが、言うことがホント的確。
増井投手が8回ピンチになった時も、「ここは思いっきりストレート」と言ってたが、その通りだった。

スポーツニュース見たいけど、とりあえず風邪薬飲んで寝る。
明日「蛮幽鬼」見たかったが、平日に終演11:00はさすがに無理だ。

ジェーン・エア

『ジェーン・エア』
2012年10月27日(土) 12:00開演 日生劇場 1階後方

原作:シャーロット・ブロンテ
脚本・演出・作詞:ジョン・ケアード
作詞・作曲:ポール・ゴードン

初演の評判が良かったので、再演を観に行きましたが、評判通りの質の高いお芝居でした。
松たか子さんのジェーン・エアと、橋本さとしさんのロチェスターが実にはまり役。
お2人のファンの方は、リピートし甲斐のある舞台でしょうね。

主催は松竹さん。普段はミュージカルの上演はそんなにありませんが、良い演目を選定したと思います。
恐らく松さんありきの企画でしょうが、彼女にぴったりの役。
淡々と進むストーリーとシンプルな演出。松さんとさとしさんが上手いから成り立つのでしょう。
演目を決め、このキャスト、スタッフを集めたプロデューサーに拍手を送りたい。
やはり日本のミュージカルは、まだまだスターシステムでないと、1000人以上の劇場で上演するには厳しいと思う。

自分がイギリスが舞台になっている作品を見て、なかなか実感出来ないのが身分や階級への意識。
ジェーン・エアはそういった世の中で、きちんと自立した女性として生きようとした。
凛とした松さんの佇まいが素敵でした。

松さんもさとしさんも、歌が依然より良くなっている気がする。
お稽古でかなり唄いこんだのかなと思える、安定した歌唱力。

お2人の事ばかり誉めてますが、他の出演者さん、アンサンブルさんも皆良かった。
特に寿ひずるさんは素晴らしかった!
ロチェスターのお屋敷の方々が、みな思いやりをもって主人に仕えている感がして素敵でした。
小西くんはやはり品がある。品のある役者さん、好きなんですよ。牧師さん、ハマってました。
舞台美術も綺麗。

目茶目茶感動したー!という訳では無いけれど、本当にしっかりと創られたした、上質の舞台を見せて頂き、大満足でした。

五右衛門ロック3@表参道

Dsc_3717 また新感線です。
昨日日生劇場観劇の後、渋谷へ。
表参道を通ったら、駅がこんな事に!
10/28が一般チケット発売日だったのですね。
宣伝格好良くて、公演が楽しみになりました。

ゲキ×シネレパートリー上映

またしても新感線の話題。
先日ゲキ×シネレパートリー上映のお知らせがあったが、更に上映が増えていた!

http://www.geki-cine.jp/schedule/

全国であるよ!
『アカドクロ』『SHIROH』」も有り。
とりあえず来週、品川プリンスシネマで『蛮幽鬼』を見るぞ!

『朧の森に棲む鬼』
15:45
『蛮幽鬼』(ばんゆうき)
11:50/19:30

10月27日(土)~11月2日(金)
品川プリンスシネマ

「五右衛門ロック3」制作発表

日付変わったし、そろそろ寝るかと思いつつ「NEWS ZERO」を見てたら、いきなり古田さん!
本日、劇団☆新感線「五右衛門ロック3」の制作発表があったのですね。
明日のワイドショー関係は、チェック必須かも。

のぼうの城@試写会

試写会が当たったので、行ってきました。

ちゃんとした映画館では無い場所での上映は、試写会とはいえマイナスの方が大きいと思う。
音響が悪くて、台詞がなかなか聞き取れない。
豊臣側は市村さん以外はほぼ全滅。成田家側は比較的大丈夫。
舞台の役者さん、時代劇経験の多い役者さんと、こういう所で差が出ますね。
ぐっさんが実に良い声というのに気付いたのが収穫。

公開前なので簡単に。ネタバレ有りです。

続きを読む "のぼうの城@試写会" »

ようやく復活した別所さんの公式HP

余りにも長い事落ちていた別所哲也さんの公式HP。
ドラマ「TOKYOエアポート」で、自分の中の別所さんへのファン度が少々減ってきているので、公式HPが復活したのは有り難い。

来年の舞台が出てました。

「ホテル マジェスティック」

新国立劇場 中劇場 2013年3月7日(木)-17日(日)
脚本:樫田正剛
演出:星田良子
出演:玉木宏 酒井美紀 徳山秀典 秋山真太郎(劇団EXILE)/紫吹淳/別所哲也

フォトジャーナリスト・澤田教一さんの物語なのかな?
見応えのある舞台だと良いな。

セ・リーグCSシリーズ

少し前にパのCSの方が面白いと書いたが、今年のセ・リーグのファイナルステージは面白かった!
あっさりファイターズが勝ってしまったパ・リーグに比べ、セはもつれまくり。
先発に怪我人の出ている中日は厳しそうだったが、思わぬ大健闘!
12球団で一番イケメンだと私が勝手に思ってる伊藤準規くんも、たっぷり見られたしね!今日は打たれたけど。

最終戦は試写会(のぼうの城が当たったのだ)に行っていたので見られなくて残念。
実は一番頑張ったのは、副音声に毎日出ていた亀梨くんかもしれない。

日本シリーズも楽しみ!
ハム外野の守備力の高さが発揮される試合が見られると良いな。

劇団扉座『人情噺 端敵★天下茶屋』

劇団扉座『人情噺 端敵★天下茶屋』 座・高円寺1
脚本・演出:横内謙介

扉座さんの人情噺シリーズ。
『神崎与五郎 東下り』も『紺屋高尾』も面白かった。
今回は『敵討天下茶屋聚』がベース、しかも六角さんの主演と知り、とても楽しみでした。
最近前売りでチケット買わない私が、ちゃんと前売りを買うくらいに。
(いや、友人にお願いしただけだが。その切はありがとうございました)

だがねちょっと期待が高すぎたか。
同じ六角さん主演の『神崎与五郎 東下り』がリピートしたくらい面白かったのに比べて、今回はいまひとつ。
起承転結の、転の後半くらいからの展開が残念。

それでも六角さんのせこい悪党っぷりは、楽しめた。
何といってもバッド・ファイプの五人衆!岡森さんはじめ、皆さん格好良かった。
殺陣も良かったし、劇中劇面白そうでもっと見たかった。
小ネタも楽しかった。

前述した通り扉座さんの次回公演は『つか版・忠臣蔵~スカイツリー篇~』。
凄く楽しみです。

AUNの次回公演は「冬物語」

吉田鋼太郎さん主催の劇団AUN。
次回公演のスケジュールが発表になっていました。

今月は「ロミオ&ジュリエット」(ミュージカルだけど)、「リチャード三世」とシェイクスピアが続いてますが、ホントどんな演出、どんな役者で見てもシェイクスピアは面白い。
なかなか上演されない「冬物語」を、鋼太郎さん演出がどう魅せるのか。
日程的に『ピアフ』と完全に被っているので、谷田さんの出演が厳しいのが残念。
まぁ「りゅーとぴあ能楽堂シェイクスピアシリーズ」の「冬物語」に出演済だしね。

AUN第20回公演「冬物語」

作:W.シェイクスピア
訳:小田島 雄志
演出:吉田 鋼太郎

2013年1月23日~27日 恵比寿・エコー劇場

相棒がつまらない…

録画してたS11-2「オークション」を見た。
S11-1に続き、つまらない内容。
単なる「杉下右京と愉快な仲間たち」だなぁ。
キャラ回も良いのだけど、新シーズンはじまったばかりだし、もう少し脚本そのもので魅せて欲しかった。
オークションが舞台なら、S4-14「アゲハ蝶」の方が全然上質だし。
甲斐くんのキャラも、ちゃんと事件に絡めて見せて欲しい。

とはいえ初回の輿水さんがそもそも軽い脚本だったので、Season11はこの路線なのだろうな…。
小野田官房長と右京さんの愛憎劇も、右京さんにずっと影を落としてた外務省公邸人質監禁・篭城事件も、何だかもうS11からは無かったことになっているようで、別のドラマを見ているようですわ。

とりあえず櫻井さん回までは僅かでも期待するが、Preから見ていたウチの親は早くも2話で脱落気味です。

あ、藤木孝さん、まさかの別役での再登場には驚いた。(S5-最終回に出演済)
「窓際の英国風紳士」の朗朗とした声色は、本当に素敵でした。(ここが最大の見所というのがね…)

再登場といえば松尾貴史さんが、ご本人のtwitterによると再登場するようで。
「神隠し」といえば、右京さん告解の経験があると言ってたのだよね…。

祝!扉座『つか版・忠臣蔵~スカイツリー篇~』再演

扉座の人情噺『端敵★天下茶屋』を見に、座・高円寺へ。
6月に上演した『つか版・忠臣蔵』、再演のちらしが入ってました!

非常に素晴らしかった芝居なので、恐らく評判も良かったのでしょう。
こんなに早く再演とは喜ばしい限りです。

劇団扉座第52回公演
幻冬舎プレゼンツ『つか版・忠臣蔵~スカイツリー篇~』.
2013年2月19日(火)~3月3日(日)
すみだパークスタジオマル倉 3000円

『端敵★天下茶屋』、小ネタが豊富でした。
某監督の一億円ネタに大爆笑。
岡森さんが途中で「相棒」のスタッフジャンバー着てた。(ちらりと見えたロゴは二代目?)
全体的にはちょっと微妙…。

「リチャード三世」

『リチャード三世』 新国立劇場

作・シェイクスピア 翻訳・小田島雄志
演出・鵜山仁
出演 岡本健一 中嶋朋子 浦井健治
   倉野章子 立川三貴 今井朋彦 ほか

2009年「ヘンリー六世」上演後、待望の「リチャード三世」上演。
新国立での「ヘンリー六世」は残念ながら未見。
蜷川演出版の方は見てますが、「ヘンリー六世」を見ると、その続きである「リチャード三世」が見たくなるし、「リチャード三世」への理解が深まる。
どうしても日本人には馴染みのない薔薇戦争。系図を頭に入れるだけでも大変です。

「リチャード三世」の世界の中の呪いであるマーガレット。
マーガレットの呪いの深さは、「リチャード三世」以前を知らないと理解出来ない。
今回の演出は白いドレスのマーガレットが、非常に印象的でした。
フランス版「ロミオ&ジュリエット」の「死」も白いドレスの女性だった。

舞台が一面の赤い砂。ちょっとSFちっく。でも照明や役者さんが映えて、素敵な美術です。

岡本健一さん演じるリチャード三世は、大悪人では無く、ちっぽけな男だった。
明らかに王の器ではない。
これが端的に表現されるのが、リッチモンドを演じる浦井くんが登場した時。
自分は浦井くんの「ヘンリー六世」を見ていないので何ともいえないが、浦井くんの存在が良い意味で物語から浮いている。
明らかに他の人間とは違う人種。(王子様オーラとでも言おうか)
これを狙ったキャスティングなのかなと思ったり。

なので岡本リチャードは、王座から蹴落とされるのが、明明白白なのだ。

「リチャード三世」といえば、クライマックス、彼が殺した人々が亡霊となって現れ「絶望して死ね!」と呪いを吐く場面。
リチャードに呪い、リッチモンドに祝福。この場面の演出が素晴らしかった。

上演時間は、約3時間35分。さすがに集中保つのが大変でした。

野球面白いわ

CSシリーズ。
毎年不思議なのだが、セよりパの方が盛り上がっている気がする。
去年は杉内と涌井の凄まじい投げ合い。
一昨年はロッテの大躍進。
その前は…思い出したくない!

今年もソフトバンクと西武が熱い試合を繰り広げてくれた。
しかし岡島おさえたー、SB勝ったー、ではセ・リーグはとチャンネル変えた途端、中日ブランコ満塁HRで驚いた。

ファイナルステージは水曜から。楽しみ♪

ところでWBCの山本監督、発表の会見の時に比べて、明らかにスリムになってるのだが。
ダイエット?禁酒?どちらにしろ体調維持を考えているのだろう。
監督としてどうなるかは判らないが、この点はさすが。
年を重ねる毎に体重が増えていく自分を反省しなければ。

意外に面白かった『猿飛三世』

BS時代劇。前回の『薄桜記』が非常に手堅い作りだったので、次作はどうかなと思って見たら、意外にといっては失礼だがとても面白かった。

主人公は伝説の忍者猿飛佐助(その声はサニー千葉!)の孫。
腕はあるが色々弱点もあり、現在は半人前忍者。
演じるのは伊藤淳史。
彼が守る家老の娘が水川あさみ。

何というか、番組ロゴといい、オープニングといい、新感線の『レッツゴー!忍法帖』を彷彿。
もともと新感線が昔の時代劇(それこそ影の軍団とか)をリスペクトしているし、ようやく映像で痛快忍者アクションドラマが見られた!という感じです。

綺麗なお嬢様とそれを守る忍者の成長物語という筋も、ベタだけど良い。
敵役のビジュアルも漫画ちっくで格好良い。
水川あさみが着物も鬘も実に似合っていて綺麗。
ギバちゃんの正体はいつ明かされるのか。

アクションも頑張ってるし、次回も期待。

『ロミオ&ジュリエット』

フランス招聘版ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』
東急シアターオーブ 一階後方

作・音楽 ジェラール・プレスギュルヴィック
出演 シリル・ニコライ ジョイ・エステール ステファヌ・ネヴィル ジョン・エイゼン トム・ロス 他

評判通りの面白さ!
曲も良いし、演出も格好良い。
初見のミュージカルにも関わらず、終わった後も音楽が頭の中を何度も回るくらい印象的な曲だった。

モンタギュー家とキャピュレット家の対立。
衣装を青と赤できっちり分けていて分かり易いし、視覚的にも綺麗。
青と赤の衣装のアンサンブルさん達のダンスが映えている。
死の衣装が白だったり、他の色の使い方も面白い。

マキューシオは紫。プログラムに「モンタギュー側に身をおくが、一族の色を身につけられない」と書いてあった。

セットはかなり高さを生かしている。
自分は後方なので、舞台に映えて良かったが、前だと首が痛くなるかも。

個人的には大公さんが格好良くて、惚れた。
私が観劇した日はマチネのみだったこともあり、カーテンコール4曲と大サービス。
大公さんも歌ったのですが、客席には降りるし、日本語で盛り上げるし、日本のお客のハート鷲掴み。

前述した通り、終演後に出演者がロビーに出てくるのだが、大公さんはウィンクしてくれました。

音楽良かったので、フランス版のCDが欲しいが、アマゾン見ても売切れらしいのが残念。
劇場でプログラムを購入。2000円の割には内容薄かった。

惜しむらくは音響がいまいちだったこと。
でももう一回見たいな。テレビで映像見たら、余計に見たくなった。

相棒新シーズンスタート

朝から宣伝しまくりの新シーズン。ついに開始。

しかし輿水さんの脚本、ホント衰えちゃったな…。
9:00くらいから面白くなるよと言いながら見てたが、その通りだった。何の為の香港なのやら。
右京さんの変人っぷりはさすが生みの親。

甲斐くん、右京さんとがっつり組んだ後半が良かった。(前半はいまいち)
まぁ右京さんが最初からデレモードで、視聴者も腰抜かしそうだったが。

甲斐くんの設定をしっかり作ってきてたのは、伏線らしきもの多数放置したまま卒業の神戸編への反省か?
神戸くん不憫だわ。名前出て嬉しかったけど。

賀来千香子さん、相変わらず美しい。
上品な役を演じられる役者さんは貴重。

演劇ブログなのでヅカ好きな方も見てると思うが、悪いけど甲斐くんの恋人役の方はちょっとなぁ…。
甲斐くんのキャラクターがしっかりしてるだけに、もったいない。
美和子ポジを狙ったのだろうが。

2話は戸田山さんで、3話は太田愛さん。面白いといいな。

そだ、甲斐くんの飲み物って何?次回のお楽しみ?

もういっこ追加。幸子の着物と所作がマシになっててホッ。
S10の着付けはプロの女優とは思えない酷さだったよ…。

楽天最終戦

昨夜は疲れてしまって更新出来ず。一日遅れのですが、やはり最終戦なのでちゃんと記事にする!

10/8 千葉での対マリーンズ戦にて、東北楽天ゴールデンイーグルス全日程終了。
最終戦はマー様がピンチをむかえても全く打たれる気配無く、6-0で大快勝!気持ちの良い勝利でした。
9回は青山投手。CS逃した試合の戦犯になってしまったけれど、守護神・青山がいなければここまで残れなかった訳だし。
最後の試合の最後のイニングを、青山投手に任せたのは、首脳陣の強い思いを感じました。
今期で退団する田淵コーチに、青山投手がボールを渡していたのも良かった。

何だかんだいって、丁度5割で4位。3位とは1ゲーム差でした。ううう、残念。

そんな10/8は集中して楽天の最終戦見るデーの筈でしたが、さすがに途中は西くんのノーヒットノーランに浮気した。
西くん、二年目くらいの時かな?大差のついた負け試合で、1イニング投げて、にこにこした笑顔と元気の良いピッチングが印象的で。
その印象が凄く残ってて、ちょっと好きだったので嬉しい。
伊藤捕手が号泣してるの見たら、こちらもじーんときた。

しかしオリックス、森脇監督代行になってから好調ですね。来年怖いわー。
森脇さん、現役の時も超絶イケメン選手でしたが、今も凄く格好良い。
日本プロ野球界歴代1位のイケメンだと、勝手に私は思ってる。

楽天はかなりコーチ人事に変更がありましたが、投手コーチがどうなるか心配。
来年はとにかくHR打てる4番だ!

「ロミオ&ジュリエット」とりあえず

フランス招聘版ミュージカル「ロミオ&ジュリエット~ヴェローナの子どもたち~」を見てきました。
ミュージカル版「ロミオ&ジュリエット」は初めての観劇。
日本版はチケット持ってたのですが仕事で行かれず。

フランス版、ネットで感想等拾う限り、かなり評判良いのですが、納得。
凄く良かったっっっ!
終演後、リピーターチケットには長蛇の列。平日限定でなければ私も買いたかった。

この日はカーテンコールで4曲。
大公役の方が格好良くて素敵でした。

終演後はロピーに出演者登場。
そんなイベントがあるとも知らず、一階後方の席だったので早めにロビーに出たら、人が集まりはじめたので思わず自分のその中へ。
ははは、最前列で出演者見ちゃったよ。どんだけミーハー。

そんな訳でミュージカル本編は元より、その後もめいっぱい楽しみました。
もう一回見たいなぁ。ああ、素敵なミュージカルだった。

そして本日TBSで特番!

10月7日(日)深夜25時54分~ フランス招聘版ミュージカル「ロミオ&ジュリエット~ヴェローナの子どもたち~」

明日休みだし、このまま起きて見るぞ。
あ、明日は朝からMLBでイチローだ。起きられるか?

相棒の再放送のラインナップ

10/10からseason11がはじまる「相棒」
番宣も兼ねて、怒涛のSP再放送祭り。

10/08(月)14:04-16:30 10-10 ピエロ(SP)
10/09(火)15:00-16:53 10-1 贖罪(SP)
10/10(水)14:04-15:57 10-19 罪と罰(SP)

土曜も「カナリアの娘」と「亡霊」を放送していた。
昼間の再放送の視聴率が圧倒しているので、他局の再放送の編成も力を入れざるを得なくなったらしい。
まぁ本放送でも見てて、録画もしてるのに、家にいると絶対見ちゃうのだよね、相棒の再放送。麻薬か?

しかしこの再放送祭りでも飛ばされるseason8最終回「神の憂鬱」。
オービスの誤作動が不味いのか、警察の天下りが不味いのか、FRSシスムテが不味いのか。
HDDを思い切ってあけたので、画質上げて録画したいのだけが…。

さりげなく10/11(木)に「1-9 人間消失」の再放送だ。 篠井さんを見なくては!

青山投手、一点差を逃げ切る

10/6の試合。
出掛けていたので試合は見られなかったですが。
鷹に勝ちましたよ。一点差で。
9回リリーフは青山投手。一昨日やってくれ~。

ホーム最終戦で勝てて良かった!

終戦のあとに

10/4に9回に3点差を守れず、引き分けでCS進出を逃した楽天。
10/5は打ちまくって勝ちました。鷹はオリックスに負けるし。
勝負の世界にたらればはいけないけど、ちょっともやもや。
美馬投手にようやく勝ち星がついたので、良しとしよう。

そんなもやもやしたまま、今朝はMLBを見ていたら、レンジャース負けた。
そもそも何で地区優勝出来なかったのやら。
今期のダルビッシュ投手はこれで見納め。残念。
上原投手のピッチングは凄まじかった。

今日は辛島投手に勝ちつけてあげてくれ、楽天。

楽天終わった…

まさか青山が最後の最後に今シーズン最悪の投球をするとは…。
鷹のCSマジック1なので、どう足掻いても難しい状況に陥ってたのだけどね。
終わり方が後味悪すぎた。

しかし9回裏、ベンチで声出してたの嶋だけじゃないか!
若い選手たくさんいるのに、何やってるの?
それが一番腹立った。

MLBに切り替えて、岩隈の先発での防御率が素晴らしいとか
他にも色々書きたい事はあったが、本当に何もやる気がしない。

酒飲んで寝る。

終わった終わったといいつつ、明日の美馬頑張れ!
切り替えて、何とか美馬に勝ちつけてー。

10月の観劇予定

Birthday_2

ファイターズ優勝です。
戦前の予想を覆した栗山監督凄いわ。
中田翔選手が監督大好きらしいよ。
試合無いのに、札幌ドームにはたくさんのファン。
北海道の野球ファンはアツいね!

10月も余り事前のチケットは確保してませんが、多分増えそうです。

「ロミオ&ジュリエット」 シアターオーブ

「リチャード三世」 新国立劇場

「扉座・端敵☆天下茶屋」 座・高円寺

他に「K.ファウスト」「ジエーン・エア」を検討中。
今月はもっと増えそう。

先月追加で野田さんの「エッグ」を観劇。凄く刺激的な舞台で、なかなか感想がまとまりません。

写真は身内のお誕生日用のお花。
かなり綺麗で大満足。

また楽天の首の皮が繋がった

本日当面のライバル、ホークスに勝った!
もう田中さま、田中さま、大エース田中さまさま。
苦しいところでいつも踏ん張ってくれます。
104球無四球完封は凄すぎ。

ほんっと攻撃陣は、ランナー出てもホームに返してくれない。
見ているこっちはイライライライラ。
マー君でなけば踏ん張れなかった試合展開。

残り試合も頑張ってくれ!
明日は18歳釜田投手だー。

CSあきらめない!マー君、無四球完封で9勝目

スクリーン・ミュージックの宴 part3

映画音楽は人生の道しるべ
―音楽と映像&映画を語るコンサート―
『スクリーン・ミュージックの宴 part3』
9/28(金) めぐろパーシモンホール

出 演 別所哲也 新妻聖子
BackUpVocal SUITE VOICE 
編曲・指揮 寺嶋民哉 
演 奏 シネマトリップ・オーケストラ 
ナビゲーター 増田久雄/津島令子 
演出 増田久雄 

「ミス・サイゴン」でも訪れためぐろパーシモンホール。
音良くて、見やすかったので、今回も楽しみにしていたら、一階前方はやはりほぼ段差無し。見辛かった…。

まず構成が実に良かった。
古い映画が中心なので、若い人には厳しいかもしれないが(私ですらうまれる前の映画が多数)、映画好きには非常に楽しめると思う。
所々映像も挟んでおり、見た事のあるものや、見た事の無いもの。
「赤い風車」とか、少しの映像だけでも素敵でした。

今回コーラスとして参加していたSUITE VOICEという女性4人組のグルーブが、めちゃめちゃ上手かった!
何度か変えた衣装も可愛くて、センス良くて、特に振り付きで歌った「私を野球に連れてって」が最高でした。
ジーン・ケリーとフランク・シナトラの映像も格好良い。

MLBの話題で、何とマッシー村上氏登場!
野球ファンにとっては伝説の選手です。お姿見られて感激。

マッシー村上氏のコラム(アメリカに行った時の話など、とても面白いです)

聖子ちゃんは「メリー・ポピンズ」メドレーが特に良かった。
さすがに聞かせます。

別所さんはやや頑張り過ぎな印象。特にプレスリーが。
とはいう久し振りに歌声が聞けたのは嬉しい。
「雨にぬれても」が一番良かったな。この時の衣装も素敵でした。

アンコールは、「炎のランナー」のテーマ、「West Side Story」メドレー。
TonightでもQuintetの方が好きなので、かなり盛り上がりました。

素敵なコンサートでした。

また楽天の首の皮が…

今日から8連戦!
なのだが…。

勝った→首の皮一枚で繋がった
負けた→ああ首の皮が…

ここ一カ月くらいこの繰り返しです。
毎日胃が痛いのですが、残り試合全勝するつもりで応援します!

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »