« トッカン | トップページ | 『ミス・サイゴン』 »

音楽劇『オリビアを聴きながら』

音楽劇『オリビアを聴きながら』
脚本・演出:横内謙介
音楽監督:尾崎亜美

扉座さんの評判の良かった作品の再演。
おもだかファンだし、横内さんの脚本好きなので、楽しみでした。

良い芝居だと思います。
でも正直私の好みでは無かったな…。済みません。
最近の横内さんの芝居ですと、『神崎与五郎 東下り』や『紺屋高尾』は好きなのですが。
パワハラ上司とか、社畜な会社員とか、身近すぎて余り見たくないのでしょうね。

主人公である三木さんの切ないラブスートリーや、彼を取り巻く舘さん、柳瀬さんの優しさとかは、凄く好きでした。
ピアノの近くの席だったので、綺麗な音色も満喫。

今回は私的には余り惹かれない内容だったのですが、秋の次回公演人情噺シリーズ第3弾はとても楽しみです。

« トッカン | トップページ | 『ミス・サイゴン』 »

芝居・一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音楽劇『オリビアを聴きながら』:

« トッカン | トップページ | 『ミス・サイゴン』 »

リンク

無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29