旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 8/14のテレビ | トップページ | 釜田くん初完封! »

桜姫東文章

八月花形歌舞伎 昼の部
「桜姫東文章」 新橋演舞場

福助さんの桜姫、愛之助さんの清玄、海老蔵さんの権助。

「桜姫東文章」、面白い芝居だが、案外上演回数が少ない。
今回見て納得。難易度の高い芝居だからなのだろう。

比較対象がどうしても玉三郎さんになってしまうのだけど、かつて7月歌舞伎座で観た玉三郎&段治郎の「桜姫東文章」に比べると、どうにも面白くないのだ。
配役発表された時から疑問だったのだが、どうして清玄と権助が同じ役者で無いのか。
これだけで面白さが半減していると思う。

愛之助さんの清玄の評判が良いようだが、私には余り…。
正直に言うと、段治郎さん(月乃助)の方が私の心には響いてきた。

逆に権助の方が演じやすいのだろうか。
過去見た何人かの権助は、みな良かった。(逆に段ちゃんは権助はソツ無くこなしていた印象。)

おとされ、病の中、無念の死。
妄執でストーカーのように桜姫に付きまとう。
段ちゃんの清玄、素晴らしく良かったなぁ…。

玉三郎&段治郎の「桜姫東文章」、何度もリピートしたけど、今月を観た後だともっと見ておけば良かったと。ポスターからしても、色っぽくて素敵だった。

博多座で上演した「三人吉三」も良かった。
お嬢(玉三郎)とお坊(段治郎)がラブラブすぎてまいりましたが。

« 8/14のテレビ | トップページ | 釜田くん初完封! »

芝居・歌舞伎、古典等」カテゴリの記事

コメント

 全く、今日8/20頑張って行ってきましたんですけどね。
本当は玉三郎で見たかったのですが、桜姫東文章、なかなか掛らないし、筋書き是非見てみたかったので、とりあえず福助でもって、見に行ったのが間違いでした。
なんて言うか。私歌舞伎見に行ったはずなのに、大衆演劇だか、志村けんだかと思っちゃいましたわ。
エロはお客が恥ずかしくなっちゃったら、駄目でしょう?あんな歌舞伎有りですか?
海老蔵も夜の演目の為に力取って置くんだか
みたいだったし、大枚はたいてこれですか?という感じでしたわ。
皆様の拍手のまばら、致し方ございませんわね。
お客が悪いのではなく、演じている方が問題なんでしょうね。本当お客は正直!
ああ、もう玉三郎様で上演されないのかしら?玉三郎様の桜姫どうしても見たいと思ってしまったのは私だけかしら?

マダム様

こんばんは、コメントありがとうございます。
「桜姫東文章」、面白い演目なのに、なかなか掛からない訳が今回良く判りました。

昔、国立劇場で高麗屋親子でも見ましたが、こちらも詰まらなかったです。
(染五郎さんもまだ若かったし…)

玉三郎さんはエロシーンも、ゾクゾクする程素敵でした。
桜姫は、ホント難しいのですね…。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/46717046

この記事へのトラックバック一覧です: 桜姫東文章:

« 8/14のテレビ | トップページ | 釜田くん初完封! »