旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 祝・岩村NPB復帰後、第1号HR | トップページ | 7/10のテレビ録画 »

『ミス・サイゴン』(プレビュー)

『ミス・サイゴン』(プレビュー)
2012年7月3日 めぐろパーシモンホール 2階前方から

Dsc_3657 エンジニア:市村正親
キム:知念里奈
クリス:山崎育三郎
ジョン:岡幸二郎
エレン:木村花代
トゥイ:泉見洋平
ジジ:池谷裕子

見終わって、こんなにぐったりした芝居は久し振り。
心地よい疲労。それだけ舞台に魂を持っていかれた。

好きだったエンジニアとクリスが今回は不在ということで、二の足を踏んでしまったのだけど、本当に見に来て良かった。
帝劇で見た演出も好きでしたが、新演出版はより凄いというか、よりリアルというか。
単にセットをツアー用に簡単にしただけかと勘違いしていました。

ミュージカルなのだけど、芝居の部分により重点がおかれている。
キムとクリスの恋愛が、余りに痛々しすぎて。
キスしたりと、スキンシップが増えているのだが、甘さよりも必死にお互いを求めているという感じ。
もしクリスがキムを連れてサイゴンを脱出出来たとしても、この2人の恋は長続きしなかったかも。

新演出でここまで変わるとは。

戦争に引き裂かれた悲恋、というより、異常な状況下で、お互いにのめり込み過ぎた故の悲劇と見える。
クリスはアメリカに戻り、支えてくれる人もいて、夢から覚めたけど、キムは永遠に覚める事が出来なかった。
結局キムの精神の拠り所は、クリスへの愛だけだったから。

凄く哀しいキムを演じていた知念さん、素晴らしかった。
育三郎くんも予想外(失礼)に良かった。
体もしっかり鍛えていたのはさすが。

ただこれだけ新演出で、キムとクリスの関係がより迫ってくるようになると、前回のキャストの方でも見たかったなというのが本音。
井上・藤岡・照井クリス、今回の演出で見たかったです。

エンジニアの立ち位置はそんなに変わってない印象。
市村さん、一幕前半はいまひとつでしたが、サイゴン陥落後は圧巻。

セットは今回のバージョンの方が全体的に好きですが、あの映像は無くても良いのでは。
かなり安っぽい使い方で興醒め。

そんな訳で新演出版、一回見たら良いかと思ってたけれど、現在青山劇場いつ行くか検討中です。
大・お勧めです、新生『ミス・サイゴン』。

« 祝・岩村NPB復帰後、第1号HR | トップページ | 7/10のテレビ録画 »

芝居・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/46252380

この記事へのトラックバック一覧です: 『ミス・サイゴン』(プレビュー):

« 祝・岩村NPB復帰後、第1号HR | トップページ | 7/10のテレビ録画 »