旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月の24件の記事

岩隈が先発初勝利!

世間はロンドンオリンピック一色。
もちろん私も毎日寝不足になりつつ、テレビで観戦してます。

それでも今日は野球!

岩隈が先発初勝利、「13奪三振を誇りに思う」

ハイライト映像見たけど、キレキレ!
ファンとしては、勝利はもちろん嬉しいのだが、こういう投球見せられると、それだけで大満足!
オリンピックがあるから、どうしてもスポーツニュースの取り上げ方も小さくて、それが非常に残念。

次回の登板はリアルタイムで見たいな。

後味悪い…

ただ今体操終了。
審判ちゃんとしろと毎晩思う、オリンピックの夜。

さて水泳決勝まで起きてられるか?

澤瀉屋襲名興行千穐楽

日付変わってしまいましたが、2か月の襲名興行も29日で千穐楽でした。
私は楽は見には行っていないのですが、この暑い中の2か月間、本当にお疲れ様でした。
6月も7月も素晴らしかったです。

襲名が行われると知った時、「黒塚」絶対見たい!と思いましたが、周囲の歌舞伎好きも同意見の方が多くて。
やはり今回の襲名の、最大の見所は「黒塚」ですよね。
あえて亀治郎さんと書きますが、亀ちゃん踊り上手いし、昔から「黒塚」を亀ちゃんて見たかったので、念願叶ってとても嬉しかったです。

もちろん「ヤマトタケル」はじめ、他の演目も素晴らしかったですよ。

ルドルフ ザ・ラスト・キス

『ルドルフ ザ・ラスト・キス』
帝国劇場 一階最後列

演出:デヴィッド・ルヴォー
音楽:フランク・ワイルドホーン
脚本・歌詞:ナン・ナイトン

出演:井上芳雄 和音美桜
 吉沢梨絵 坂元健児 一路真輝 村井國夫 他

前回上演時の演出は宮本亜門さん。
演出に関しては、一長一短という感じ。
(宮本亜門さん版の感想)

ただ演出・役者よりも、脚本というか、題材がよくない。
どんなにルドルフが悩んでも、父や妻、ターフェの言うことの方が正論に聞こえるし。
マリーは逞しくて、とても心中しそうに見えないし。

物語としては面白かった。
演出もスタイリッシュで、時代や思想に振り回され、苦悩するルドルフが良かった。
政治絡みの話に比重が増えた(ように見えた)のも良かったし。

それだけに帝国劇場のような、大きな劇場には合わない。
一階最後列での観劇だったので、置いてきぼり感が…。
もう少し小さい劇場だったら、もっと物語に入り込めたのかも。

芳雄くん、スタイル良いし、軍服が実に似合う。
ファンが多いのも納得。

曲も聞き応え売り、セットの動きや衣装の色との調和等も楽しめる。
それでも演目としては、ちょっと微妙でした。

帝劇のような大劇場で上演する演目の選択は難しそうです。

ところで吉沢梨絵さん、劇団四季でアンを演じていた方だったのですね。
私、彼女の「赤毛のアン」が大好きで、号泣して観ましたよ。
「赤毛のアン」は大作では無いけれど、脚本も纏まってて、登場人物もみな魅力的。
よく出来た芝居の見本のような作品でした。
「赤毛のアン」の感想

三宅選手、格好良い!

ウエイトリフティング女子48キロ級で銀メダル!
五輪という大舞台で、自己ベスト、自己ベスト更新。
メンタル強いよね。競技中は美しく男前で、素敵だった。
ウエイトリフティング面白くて、ずっと見てしまった。

三宅選手、お疲れ様。
こうして今夜も寝不足…。

いよいよロンドンオリンピック

スポーツミーハーなので、夏バテでも体力削られてても、オリンピック見る!
もう楽天連敗してイライライライラしてますから。
(点取れよ、打線。夏なんだからさ)

なでしこも頑張って見た。
(なでしこを見るか、早寝して岩隈先発マリナーズ見るか迷ったが、なでしこを取った。)

男子サッカーも見た!スペインに勝った!
素人ながら、OA枠当たりだと思った。

さてこれから睡眠不足の日々だ…。

「スリル・ミー」感想

ミュージカル「スリル・ミー(Thrill me)」
天王洲銀河劇場

原作・音楽・脚本 STEPHEN DOLGINOFF
演出 栗山民也
翻訳・訳詞 松田直行
出演:「私」良知真次 「彼」小西遼生

平日、しかもいまひとつアクセスの悪い銀河劇場。
マイナス要素多いにも関わらず、客席は満員。今までの上演が好評で、更に今回も期待が高いからだろう。
不況で演劇は苦戦が多いが、出演者二人とピアノ一台という一見地味なミュージカルにきちんとお客が入ってる。
素晴らしいことだ。

前回は若い松下&柿澤ペアで観劇。
今回は初登場の良知&小西ペアを見る。

松下&柿澤ペアは、強烈な共依存の関係を感じたが、良知&小西ペアはまた違った印象。
小西くんが絶対的専制君主の色が強い。
背が高くて正統派の美形なので、余計に何でも意のままになる王様。
良知くんは、そんな「彼」をひたすら盲目的に崇め、自分を見て貰おうと思う。

開始当初はまだちょっと硬いかな…という印象。
声質なのか良知くんの歌がやや聞きずらい。

前回は狭い会場だったからか、やたらとラブシーンが色っぽくて目のやり所に困った。
今回はラブシーンそのものより、床に寝転ぶ姿の方が、妙に色っぽくてドキドキした。

そんな良知&小西ペアだったが、物語終盤からの怒涛の展開の芝居が凄かった。
下手の席だったので、衝撃の告白をする良知くんの表情がとてもよく見えて。
微笑みながら狂気を宿して、真相を告げる「私」に、背筋が凍った。
ホントに、ホントに怖かった。凄い、良知くん…。
そして完璧なまでに綺麗な小西君の顔が、どんどん歪んでいき…。

どんでん返しを知っていても、衝撃的なラストだった。
「スリル・ミー」、何度見ても面白いし、また別のキャストでも見たくなる。
麻薬のような魅力があるミュージカルです。

イチローがヤンキースに移籍!

体調不良で芝居の感想も滞りがち。
本日は限界で休み。
朝、ゴミ出ししてからもう一眠りと思ったら…。

イチローがヤンキースに移籍!

びっくりして目が覚めちゃったよっっっ!
ニュース見たり、ネットで情報集めたりしてたら、少し前から噂にはなっていたのね。

もう本日からヤンキースの選手で、ヤンキースとマリナーズの試合が早速あるのだよな。
寝ようと思ったけど、試合見たい…。

あ、ムネリンどうするんだ?

AM11:00、ヤンキースVSマリナーズはじまります。うわぁ、イチロー、ホントにヤンキースの選手だ。衝撃がでかすぎる…。

「新・猿之助誕生」

NHKで亀治郎さんというか、四代目猿之助さんの襲名のドキュメンタリーが放送されるそうです。

「新・猿之助誕生~異端その先へ~」

8/23(木) 後7:30~8:43 NHK総合

ところで私は、澤瀉屋が異端と言われると凄く違和感を感じる。
三代目は鬼才であり、猛優であるというのには、激しく同意ですが。

「スリル・ミー」

ミュージカル「スリル・ミー(Thrill me)」
良知真次&小西遼生ペア 天王洲銀河劇場

取り急ぎ。
役者違うと、印象変わるな~。
小西くんが凄く色気のある「彼」だった。
良知くん、もうもう最後のどんでん返しの部分の芝居が凄すぎ。
怖すぎる「私」でした。

チケット取るのに苦戦した舞台。
銀河劇場、平日にも関わらず満員でした。
評判が良くて、もちろん良い舞台なので、人気があるのは演劇ファンとしてとても嬉しい。

良い舞台は何度見ても面白い!

椿組 「20世紀少年少女唱歌集」

椿組2012年夏・花園神社野外劇
「20世紀少年少女唱歌集」

鄭義信:脚本
松本祐子:演出

恒例の椿組の野外劇。私が行くのは二回目。
暑さ対策、虫除け対策して挑みましたが、やはり終演後は蒸し蒸しのテントにぐったり。
とはいえ頑張って観劇する価値、大いに有りです。

脚本は「焼肉ドラゴン」の鄭義信さん。
「焼肉ドラゴン」より書かれたのは前の作品でしょうか?勉強不足で曖昧で申し訳ない。
より強い作品になったのが「焼肉ドラゴン」なのかな。
どこか優しいけど、雑多に印象なのが「20世紀少年少女唱歌集」。

廃線のレールが残っている土地とバラック小屋。下手には井戸。
四姉妹とその旦那と娘のミドリ。
ミドリは大きくなったら男になりたい。
母をはじめてとした、四姉妹を間近で見て来たからか。

春江が実に良い。
金をせびる夫と、理想しか見てない妹の夫。2人に愛される、足が悪くて何処へもいけない春江。

現実は辛い。海の向こうの国を信じたのに船は沈む。
バラック小屋が建っていた土地は国のもので、住むところを、故郷を追い出される。
ミドリは大人になっても、所詮女になるしかなく。

廃線に電車が走り、泥んこになって遊んでた子供が走り、開いたテントの向こうにはたくさんのひまわりが咲く。
ラストシーンの美しさは秀逸。

泥だらけの地面は、この舞台の世界にとても合っていたし、野外劇ならでは。

ラスト、向日葵の前で池下重大さん演じる春江の夫と、井上カオリさんの春江を抱き上げていたのが心に残ってる。

それと「四つのお願い」。「四つのお願い」が叶えられた登場人物はいたのかな。

暑いですね

いや~、本当に暑いですね。皆様お体大丈夫でしようか。
月曜は5時に起きて、岩隈先発のマリナーズ戦を見ていたのですが、ぐだぐだなピッチングにしょんぼり。
岩隈降板後は、庭の手入れへ。

だんだんフラフラしてきて、草むしり途中で自宅へ避難。
ポカリ飲んで昼寝しましたよ。まいったー。

この連休は、演舞場と椿組へ。いずれも素晴らしかった。
暑さでバテバテなので、のんびり感想書いていきます。

『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックⅢ』出演者発表

なかなか詳細が発表されなかった、新感線の年末の公演。
そろそろ詳細出るのかと、毎日公式サイトチェックしてたら、今朝ようやく発表されました。

劇団☆新感線2012年冬興行・出演者決定!

Sponichi Annex

いや、楽しみなんだけど、楽しみなんだけど。
何でもっと早く発表されなかったのかなぁ?
ここまで引っ張っるって、相当意外な人がキャスティングされているのか?と勝手に勘ぐってたので。

浦井くんは、もちろんめちゃ嬉しいです。蒼井優さんは結構意外だった。舞台は「オセロ」しか見たこと無いが、こちらも楽しみ。

あ、麿赤兒さんはもの凄くびっくりした。
どんな役なのか期待。

大阪公演2月か。1月だったら、松竹座と絡めて遠征しようかと思ってたのだが。
東京は年末カウントダウンあるかな?
朧の森のカウントダウン、楽しかったな。
カウントダウンあったとしても、チケット取れる気がしない…。
(朧の森の時は歌舞伎界ゴールド会員だったので取れた)

『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックⅢ』

東京公演:東急シアターオーブ
2012年12月19日(水)~2013年1月27日(日)

大阪公演:オリックス劇場
2013年2月6日(水)~2013年2月28日(木)

稼頭央、格好良すぎ

前日予約でとある芝居に行こうと企んでいた金曜日。
楽天の試合、木曜に投げる筈だったマー君が、雨でスライドで金曜の登板と知り、予約の手を止める。
これは早く帰宅して、テレビ観戦だ。

8回無失点。四球0は凄い。ランナー出ると鬼ピッチング。
対照的に四球だらけの祐ちゃん。あんなにコントロール悪かったけ。

一番テンション上がったのは、松井稼頭央のこのプレー。
追いつくだけでも凄いのに、正確に一塁投げてアウトにするのがね。
ホント、上手いし、凄いし、格好良い。

パ・リーグチャンネルより

「王様と私」

「王様と私」 ゆうぽうとホール

松平健 紫吹淳
はいだしょうこ 藤岡正明 真島茂樹 他

3500円という格安なお値段のミュージカル。
客席は超満員!子供も多かったけど、皆お行儀よく楽しそうだった。
舞台装置等は簡素なのだけど、衣装はとても素敵!
見に来た人が笑顔で帰れる素敵な舞台です。

マツケンはやはり存在感ありますね!
衣装も凄く似合っているし、魅力的な王様でした。
紫吹さんのアンナ先生と息もびったり。
見栄えのする2人の 「Shall we dance」は、とても素敵でした。
お互いの立場を尊重し、敬愛する2人の距離感が良い。

そして聞かせるのは、何といってもタプチムとルンタ。
今更ですが、「王様と私」は音楽が素晴らしい。さすがロジャース&ハマースタインのミュージカル。
特に2人のデュエット曲は、じっくりと聞かせます。

今回母と一緒だったのですが、本田美奈子さんのタプチムが素晴らしかったと言っていたので、検索したらルンタが石井一孝さん!
タプチムとルンタは、歌の上手い方の役なのですね。

花山さんも素晴らしかった。一番心動かされた。
花山さんはじめ、ベテランの方が脇をしっかりと固め、子役たちはみな可愛いし、とても楽しい舞台でした。

現在全国巡業中です。
スタッフさん、役者さん皆大変と思いますが、お体に気を付けて、幸せな舞台を各地に届けて欲しいです。

7/10のテレビ録画

月曜は野球が無いので、TBSの「浪花少年探偵団」を見る。
多部ちゃん可愛いし、脇は充実してるし、大変面白い。視聴決定。

さて今夜から明日にかけての、録画を忘れない為のリスト。
「ピーターパン」、見に行きたいだが時間が…。
新感線の特集、画質を上げて録画し直す予定。

7/10 2:38~3:03 フジテレビ「プレミアの巣窟」 武田真治ゲストで「ピーターパン」 の話題

7/10 9:00~10:40 NHK-BSプレミアム BSアーカイブス 「劇団☆新感線 三十年の疾走」(再放送)

『ミス・サイゴン』(プレビュー)

『ミス・サイゴン』(プレビュー)
2012年7月3日 めぐろパーシモンホール 2階前方から

Dsc_3657 エンジニア:市村正親
キム:知念里奈
クリス:山崎育三郎
ジョン:岡幸二郎
エレン:木村花代
トゥイ:泉見洋平
ジジ:池谷裕子

見終わって、こんなにぐったりした芝居は久し振り。
心地よい疲労。それだけ舞台に魂を持っていかれた。

好きだったエンジニアとクリスが今回は不在ということで、二の足を踏んでしまったのだけど、本当に見に来て良かった。
帝劇で見た演出も好きでしたが、新演出版はより凄いというか、よりリアルというか。
単にセットをツアー用に簡単にしただけかと勘違いしていました。

ミュージカルなのだけど、芝居の部分により重点がおかれている。
キムとクリスの恋愛が、余りに痛々しすぎて。
キスしたりと、スキンシップが増えているのだが、甘さよりも必死にお互いを求めているという感じ。
もしクリスがキムを連れてサイゴンを脱出出来たとしても、この2人の恋は長続きしなかったかも。

新演出でここまで変わるとは。

戦争に引き裂かれた悲恋、というより、異常な状況下で、お互いにのめり込み過ぎた故の悲劇と見える。
クリスはアメリカに戻り、支えてくれる人もいて、夢から覚めたけど、キムは永遠に覚める事が出来なかった。
結局キムの精神の拠り所は、クリスへの愛だけだったから。

凄く哀しいキムを演じていた知念さん、素晴らしかった。
育三郎くんも予想外(失礼)に良かった。
体もしっかり鍛えていたのはさすが。

ただこれだけ新演出で、キムとクリスの関係がより迫ってくるようになると、前回のキャストの方でも見たかったなというのが本音。
井上・藤岡・照井クリス、今回の演出で見たかったです。

エンジニアの立ち位置はそんなに変わってない印象。
市村さん、一幕前半はいまひとつでしたが、サイゴン陥落後は圧巻。

セットは今回のバージョンの方が全体的に好きですが、あの映像は無くても良いのでは。
かなり安っぽい使い方で興醒め。

そんな訳で新演出版、一回見たら良いかと思ってたけれど、現在青山劇場いつ行くか検討中です。
大・お勧めです、新生『ミス・サイゴン』。

祝・岩村NPB復帰後、第1号HR

今日は『王様と私』の観劇。
休憩にスマホで試合経過チェックして、「投手戦か…」と思っていたら、終盤に大量得点!
どうなっているのだ?

HRメールも届いたよ。
岩村選手、この調子で復活お願いします!

動画はパ・リーグチャンネルより。

明日のスタジオパーク

本日のワイドショウは、演舞場の『楼門五三桐』を大きく取り上げてくれている模様。
録画を見るのが楽しみだ。

明日はスタジオパークに海老蔵さん登場!
まさに瞬な登場。忘れずに録画予約だ。

7/6 13:27~14:00 NHK総合
「スタジオパークからこんにちは」 出演:市川海老蔵

明日はテレビチェック

眠い…完全にミス・サイゴン疲れだ。
こんなに魂持って行かれるなんて予想外。
恐るべき、新演出のミス・サイゴン。

本日は7月演舞場初日。
ネットで拾ったちょっだけの情報でも、かなり楽しみ。

とりあえず明日のワイドショーが取り上げると思うので、テレビは要チェックです。

8年ぶり芝居に復帰=二代目市川猿翁さん「楼門五三桐」で

『ミス・サイゴン』 簡易感想

雨の中、めぐろパーシモンホールのプレビュー公演に行ってきました。

新演出、物語がよりリアルに迫ってくる。
セットもこちらの方が好きかも。(映像はちょっと…)

キムとクリスの恋が、ヒリヒリする程痛々しい。
キスを交わしていても、甘さより必死さを感じる。

予想を遥かに上回る素晴らしさ。新演出凄い。
魂持ってかれて、ぐったり。休前日に観るべきだった。
疲れているのに変な興奮状態。

知念ちゃんのキムを、思い出すだけで涙腺がヤバい。
今夜眠れるのだろうか、自分。

7月の観劇予定

Dsc06099

ようやく7月になり、職場の空調も動きはじめました。ふー。
今月は見たい芝居も多いが、暑いし、オリンピックもはじまるしで、何処まで頑張って観劇出来るかです。

今月チケット確保済の芝居です。

劇団☆新感線『シレンとラギ』 青山劇場

『ミス・サイゴン』 めぐろパーシモンホール

『王様と私』 ゆうぽーと

『スリル・ミー』 天王洲銀河劇場

『七月大歌舞伎』昼の部 新橋演舞場

『七月大歌舞伎』夜の部 新橋演舞場

新感線はすでに観劇済。
最近の私にしては珍しくミュージカルが多いな。
今月も本命は演舞場です。「黒塚」が楽しみすぎる!

他に見たいなと企んでいる芝居。

『ルドルフ ザ・ラスト・キス』 
『しみじみ日本・乃木大将』
『椿組・20世紀少年少女唱歌集』
『デス電所・神様のいないシフト』

最近は仕事の帰りに当日券で見に行こうと思っても、疲れてそのまま自宅へ直行してしまう。
見たい芝居は前売りをちゃんと買わないといけないと思う次第です。

「とんねるずのスポーツ王」18.5%

7/1に放送された「とんねるずのスポーツ王は俺だ!!真夏の特訓スペシャル」、あの長時間の放送で視聴率18.5%とか。
この番組好きな自分もどんだけ人気なんだとびっくり。
冒頭でノリさんが、テレ朝は相棒、スポーツ王、相棒、スポーツ王でみたいな事言ってて吹いた。
(相棒のロゴはもちろん右京&尊Ver。もう見られないロゴかと思ったら、こんな所で…)

やはり野球BAN面白いわ。清原良かったー。
タカさんチームに吉岡さん(元・楽天)出演で嬉しかった!
吉岡・浜中は現役辞めたばかりなので、スイングの速さが全然違ったのがツボ。

今度は清原率いるPLチーム(宮本、稼頭央、マエケンとか)で参戦して下さい。
打ちまくるマエケン見たいぞ。

劇団☆新感線「シレンとラギ」

劇団☆新感線2012年春興行 
いのうえ歌舞伎 「シレンとラギ」  青山劇場

千秋楽も近いからか、客席が豪華だった。
中でも多部未華子さん、さすがに目を引く。可愛かったな。

「シレンとラギ」 、前回の感想でも書きましたが、この物語とても好きです。ただ色々と惜しいというか…。
怒涛の展開の一幕は、息をもつかぬ面白さなのに、その後は粗が目立ってしまい非常にもったいない。

続きを読む "劇団☆新感線「シレンとラギ」" »

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »