旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 六月大歌舞伎 夜の部『ヤマトタケル』感想その1 | トップページ | 「21」の日 »

六月大歌舞伎 夜の部『ヤマトタケル』感想その2

大昔、初めて「ヤマトタケル」を見た時は、舞台の迫力の前にただ圧倒されてしまったのだけど、何度か見る内に、征服される側の悲嘆、帝の命ずるままに戦いに明け暮れるタケルの自分自身に対する疑問に、心を動かされるようになった。
そんな風に疑問を抱きつつも、自分の力に慢心していくタケル。

私は三代目猿之助さんの演出が大好きなので、どうしても演出力に目がいくのですが、改めて梅原さんの脚本の素晴らしさを感じる。

三幕、尾張の国造りの家では、舞台装置も演出も変わっていた。
一番大きな変更箇所と、初日を観劇した友人に聞いてはいたが、私のお気に入りの伊吹山への転換が変わっていてちょっとがっかり。

婚礼を祝っての踊りが盛り上がる中、音楽が徐々に変化し、背景の幕が透け浮かび上がる伊吹山の鬼達のシルエット。
以前の感想でも書きましたが、これからのタケル一行の運命を暗示するような不安と不気味さを、見事に表現。
今回は廻り舞台で伊吹山になりましたが、私は以前のシルエットの演出の方が好きでした。

初演の演出に戻す意図があるようだが、初演当時はどうだったのだろう。さすがに覚えていない。

山神、姥神の夫婦愛。熊襲兄弟、蝦夷兄弟もだが、肉親の情が強く描かれている。タケルと父の関係とは真逆だ。
伊吹山は舞台の色が一層鮮やか。白い雪と雹と、真紅の衣装のタケルの対比。
まさにビジュアリストな演出。彌十郎さんの山神、本当にノリノリです。

今回一番良かったのが、能煩野で病に伏したタケルの場面。
四代目猿之助さん、やはり芝居上手い。

最後はワカタケルに台詞があってぴっくり。團子ちゃん、達者。
テレビでお稽古映像見たら、今回の上演に当たって付け加えたとか。

宙乗りの白い鳥の扮装は、先代の猿之助さんによく似ていた。

最後に今まで触れなかった中車さん。
香川さんの舞台は、『7Days Judgement -死神の精度-』の死神役で見ただけですが、スーパーとはいえ、歌舞伎の舞台はハードル高いですね。
今までスーパー歌舞伎には金田龍之介さん、中村屋の歌舞伎には笹野高史さんが出演してますが、改めて上手かったのだなと痛感。
とはいえ口上含め、その真摯に舞台を務める姿は、とても好感が持てました!
私は将来中車さんで「暗闇の丑松」が見たいので、ぜひぜひ頑張って欲しい!

カーテンコールには猿翁さんの姿。
駄目ですね、お姿見ただけで涙でます。いつまでもお元気でいて欲しいです。

客席も大変な盛り上がりの四代目猿之助さんによる「ヤマトタケル」。
何度見ても、ワクワクするし、面白いです!

前回も書きましたが、スーパーとかそういう先入観抜きにして、ぜひ多くの人に見て欲しい。
本当に素晴らしい芝居だから。(全日完売だけど…。)

« 六月大歌舞伎 夜の部『ヤマトタケル』感想その1 | トップページ | 「21」の日 »

芝居・歌舞伎、古典等」カテゴリの記事

コメント

私もようやく6月の襲名公演の記事アップが完結したので、最後の「ヤマトタケル」編をTBさせていただきました。同じ猿之助でも三代目と四代目はずいぶんと違うし、それでよいのだなぁと6月公演を観終わってつくづく思いました。カーテンコールで猿翁が出てきたら客席の拍手が大きくなって、復帰を待っていたという思いが劇場にあふれていたのが嬉しかったです。
7月はさすがに「ヤマトタケル」はリピートせず、「黒塚」があり夜の部を前楽に観に行く予定です。

ぴかちゅうさん、こんばんは。

待望の亀ちゃん改め四代目猿之助の「ヤマトタケル」、素晴らしかったですね。
「ヤマトタケル」は歌舞伎云々というより、一本の芝居としてホント優れているので、こうして受け継がれていくのがとても嬉しいです。

私は来月も昼夜見る予定です。
「黒塚」が楽しみすぎます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/45655356

この記事へのトラックバック一覧です: 六月大歌舞伎 夜の部『ヤマトタケル』感想その2:

» 12/06/23 澤瀉屋の団体襲名披露公演夜の部(3)「ヤマトタケル」に一門の新時代到来を確信 [ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記]
澤瀉屋の団体襲名披露公演六月大歌舞伎夜の部の「ヤマトタケル」は、観劇のお仲間で誘い合わせて23日に観劇。(前後のオフ会の記事はこちら)。7月に入ってしまったが、しっかりと感想をアップしておこう。 三代目猿之助のスーパー歌舞伎は「新・三国志?」「新・三国志?」...... [続きを読む]

« 六月大歌舞伎 夜の部『ヤマトタケル』感想その1 | トップページ | 「21」の日 »