リンク

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月の26件の記事

劇団☆新感線「シレンとラギ」

劇団☆新感線2012年春興行 
いのうえ歌舞伎 「シレンとラギ」


作:中島かずき
演出:いのうえひでのり
出演:藤原竜也 永作博美 高橋克実 三宅弘城  
北村有起哉 橋本じゅん 高田聖子 粟根まこと 古田新太 ほか

東京開幕してすぐに観劇。
前述した通り、かなり満足したし、面白かったです。
確かに賛否両論ありそうなテーマだし、一幕に比べると二幕はいまひとつ纏まりが無いというか。
でもそんな部分も含めて、この勢いのある芝居が私は大好きです。
(以下ネタバレ有)

続きを読む "劇団☆新感線「シレンとラギ」" »

もの壊しそうだった

杉内、完全逃すも堂々のノーヒットノーラン!

久し振りに野球見てもの壊しそうになったわ。
今はようやく冷静。
「全責任は俺にある」のコーチ談話で何とか落ち着いた。

まぁ今日のノーヒットノーランはしゃーない。
とりあえずマー君が元気に帰って来たし!

明日は頑張れ!と言いたいが天敵・内海か…。

【追記】すぽるとの中島選手のインタビューで更に気持ちが落ち着いた。
「なかじま」では無くて「なかしま」なのだけどね。

劇団☆新感線「シレンとラギ」取り急ぎ簡易感想

ようやく見ました。取り急ぎ簡易感想。

無茶苦茶面白かったっっっ!!!

大阪で見た方の感想が賛否両論だったのですが、私は大好きです「シレンとラギ」。
元々かずきさんの脚本にそんな綿密なの求めてないし。
勢いと迷いのあるストーリーで、とても良かった。

高橋克実さんが圧倒的すぎ。カーテンコールでも一番拍手が大きかった。
藤原くんの一途な想いに胸が痛かったよ…。
古田さんとじゅんさんの掛け合いが、超安定。

チケット増やそうかな…。

行かれません

「朗読劇 私の頭の中の消しゴム」大阪公演に別所さん出演。
お相手はもちろん坂本真綾さん。
東京で見て、非常に感動した舞台。

行きたい、行きたい、大阪でも行きたい。
7月で無ければ…。

6、7月は演舞場で精一杯ですわ。

『私の頭の中の消しゴム』 別所哲也×坂本真綾の感想

試練すぎる

楽天・嶋が1軍登録抹消…。
がちがちにテーピングして試合出てたからな。
骨折だなんて。ある意味田中以上に痛い離脱だ。

絶対的エース、守護神、内野の要のキャプテンに続き、
選手会長の正捕手まで一軍からいなくなったよ。
呪われてるのか、楽天。

連戦が続くけど、頑張ってくれー。

シレンとラギ開幕

本日私用でお休み。
だったら初日のチケット取れば良かったよ。
もちろん週末すぐに見に行きます。

シネマトゥデイに詳しいニュースが出てます。

五右衛門ロックの詳細もそろそろ発表されるかな?

ミュージカル「ウィズ」上演

ネット検索していたら出てきました。
宮本亜門さんの演出で、9月より上演。

中学生くらいかな?映画版の「The Wiz」を見たのは。
「Ease on down the road」という曲が大好きでした。

ドロシー役、現在オーディションらしい。
他キャストに唄える人が来るなら、見たいなぁ。
音楽、格好良いんだよね…。

ノーゲームといえばヘッスラ

本日の楽天-中日戦は降雨ノーゲーム。
野球でノーゲームといえば、若手選手によるパフォーマンス。
楽天は結構派手にヘッドスライディングする印象。
ええ、本日もやってくれました。
KスタのBGMも気が利いてます。

こちらは通常のヘッスラ。

こちらは偽聖澤が登場。笑った~。

パ・リーグ公式チャンネルより

朗読活劇レチタ・カルダ『義経』

朗読活劇レチタ・カルダ
『義経』

池上本門寺本殿前・特設ステージ 
出演 別所哲也、スパニッシュコネクション、浅野瑞穂

初めて行った池上本門寺。その本殿での前での幻想的なステージ。
想像以上に面白かったし、素晴らしかった。
本日1回だけなのが、非常にもったいない。

「レチタ・カルダ」とは、イタリア語で「熱い朗読」の意味だそうです。
ホントに熱くて、ワイルドな朗読でした。

別所さんは野性的で格好良かったです。
司馬義経、内容忘れてましたが、別所さん見た瞬間、確か戦馬鹿で政治音痴の義経像だったと思い出した。

このレチタ・カルダは、どなたが脚本や構成、演出を担当しているのでしようか。
名前が見当たらないのですが、実に上手く創ってる。

義経の生涯、というか源氏と平家の物語が、判りやすく構成されており、この時代に馴染みの無い観客にも、受け入れやすいと思う。
もちろん時間的な制約があるので、大胆に端折ってありますが。
木曽義仲も義経の女性関係もスルー。義仲がカットなので、いきなり平家一門が都からいなくなっていたが。

特に一幕が良かった。
黒のスーツに白いシャツのボタンを派手に開けた別所さん、手には首桶を持って登場。
上手にテーブルと椅子があるが、ほとんど座らず。
別所さんの衣装とこのテーブルと椅子は洋。背景とダンスの浅野さんの衣装は和。
不思議な雰囲気。

鞍馬の寺に預けられ、自分を持て余す遮那王。やがて出生の秘密を知り…。
奥州へ行き、そして頼朝に面談。別所さん、荒々しくも時に涙を流す熱演。
良席だったので、別所さんの芝居が直接伝わって来る。

二幕ではスーツの上着を脱ぎ、シルバーのコート。
背が高いから問答無用で格好よい。やはり舞台映えって大事だ。

二幕は案外短くて、合戦に明け暮れ、やがて朝廷の思惑に飲み込まれ、頼朝との決定的な反目。
堀川の夜討ちから、いきなり衣川になり、随分端折ったなと思ったら、原作も堀川の夜討ち以降はスルーだった。

それにしても義経って本当に面白いキャラクターだ。
自分は源平ものの小説って、5、6種類くらいしか読んだことが無いのだが、そそもそ定番の村上元三と司馬遼太郎では別人のようだし。

ドラマでも色々な方が演じてますが、私はやはり10代の頃に強烈な印象だったドラマ、中村吉右衛門さんの「武蔵坊弁慶」の、川野太郎さんの義経が好きかな。

池上本門寺というロケーションも素晴らしく、照明も、そして何といってもスパニッシュコネクションの音楽が凄かった。
何度も書きますが、一回ではもったいない。

別所さん、朗読劇上手いな。また朗読劇で見てみたいです。
『LOVE LETTERS』も別所さん版が一番好き。これは役が本人のキャラクターに合ってるというのも大きいですが。
書いてたら、別所さんのアンディがまた見たくなったよ…。

楽天はルーキー釜田先発

今日はルーキー釜田先発。
何たって背番号は「21」。
楽天の「21」は創設以来岩隈が付けていた。ファンにとっては特別すぎる背番号。
期待の大きさが伺えるルーキーだ。

良いボールほおるなぁ。頑張れ!
それにしてもショート枡田は何やってるんだ(怒)

【追記】勝ちました!銀ちゃん大活躍だ。
銀ちゃん、スタメン定着して欲しい。捕手2人制の楽天では、元捕手の銀ちゃんがいるのも大きいし。
美馬が勝ち投手だ!やったー。

Daydreamイーシャン天国

演劇ユニット「青唐辛子」
Daydreamイーシャン天国

藤岡正明くんの演劇ユニット青唐辛子の旗揚げ公演。

良い意味でも悪い意味でも、手作り感溢れる舞台。
もちろんそれが魅力になっていて、面白かったですよ。
ただ5500円というチケット代は、高いかな。

私の観劇日は、終演後に藤岡くんのミニライブ有り。
音楽劇なのに、歌が少なかったので、これは凄く嬉しかった。
ライブ付だと、申し訳ないけど、途端にお得感が。
(「Your Eyes」も有り)

忌野清志郎さんの曲が舞台で使われてて、懐かしくて帰宅してリピート。
曲のセレクトが良いね。UNICORNも聞いてみたかった。

次はあるのかな?
出来ればもっと音楽メインの芝居が希望!

別所さんのインタビュー

演劇ライフに別所哲也さんのインタビューが掲載されていました。

http://blog.engekilife.com/2012/04/yoshitsune.html

明日の朗読劇、事前にもう少し情報仕入れれば良かった。
「義経」なのはもちろん知っていましたが、司馬遼太郎さん原作だったのか。
ウチに本あるよ。随分前に読んだものなので、余り覚えてない。
事前に読み返せば良かった…。

松井VS松坂

風邪っぽいので早々に帰宅。
野球無いのに早く帰ってもなぁ、と思ったら、J-sportsでマイナーの松井VS松坂放送してた!

マイナーで実現した2人の対決。
アメリカのマイナーの試合なんて、見られる機会無いから貴重でした。
何か日本の二軍戦とはまた雰囲気違って面白かった。

しかしチケット売切れとか。
まぁ自分ももしアメリカに住んでて、近くで松井VS松坂の試合あったら行くわな。
近所の日本人皆で行くね。

チケットも安いし、球場の食べ物も安いらしい。
うーん、楽しそう。

プレミアムアーカイブス

以前の記事でも触れた、NHKBSのプレミアムアーカイブス。
公式HPに番組が紹介されています。
「市川猿之助襲名」特集で5/28~30です。

「猿之助奮闘」は何と1980年の放送らしい。30年前とか。
当然見た事無い番組なので、凄く楽しみです。

「ヤマトタケル」は2時間編集版。
それでもあの素晴らしさは伝わると思う。
一人でも多くの人に見て欲しいな。

録画、忘れないようにしないと!

プレミアムアーカイブス ~市川猿之助襲名~

ゲスト:市川亀治郎(歌舞伎俳優)

「猿之助奮闘」
「市川猿之助 江戸歌舞伎の感動を伝えたい」
2012年5月28日(月)9:15~ NHKBSプレミアム

「スーパー歌舞伎 ヤマトタケル」
2012年5月29日(火)9:15~ NHKBSプレミアム

「伝統芸能の若き獅子(しし)たち 異端(カブキ)を継ぐもの 市川亀治郎」
2012年5月30日(水)9:15~ NHKBSプレミアム

公式HP

ブロードウェイミュージカルライブ2012

新国立劇場にて日曜夜の部を観劇。

ブロードウェイミュージカルライブ2012
[演出]浜畑賢吉
[出演・振付]大澄賢也
[出演]石井一孝、大塚千弘、岡田浩暉、湖月わたる、笹本玲奈、姿月あさと、ソニン、田代万里生、中河内雅貴、藤岡正明、米倉利紀 他

東宝RENTのキャストに気落ちしてたら、「ブロードウェイミュージカルライブ2012」でRENTの曲があると知り、発作的に行くことに。
RENTはもちろんのこと、レ・ミゼラブル他、3時間半もの長丁場、すっごく楽しかったです。CD絶対買うぞ。

続きを読む "ブロードウェイミュージカルライブ2012" »

ファンと青山の胃が持たない

昨年の楽天の開幕の先発ローテーション

岩隈 田中 永井 ラズナー 青山 戸村

現在の楽天の先発ローテーション

塩見 ヒメネス 戸村 辛島 川井 美馬

戸村しか残ってないってどういうことだ。
それでも連日の接戦を勝利し、ラズナーの怪我で新守護神となった青山と、ファンの胃が持たないわ。
もうホントよくやってるとしか言えない。

今日は美馬投手、先発での初勝利。ちょっと古田さんの若い頃に似てるよね。
五連投になった青山投手、本当にお疲れ様でした。

さて次は交流戦だ!

ようやく『RENT』発表

今朝、出勤途中にこのニュースを知りましたが、ミュージシャン系の出演者は自分にはさっぱり判らないので、どんな舞台になるのやら…。
前々回の東宝版『RENT』も、芝居部分がどうしても物足りなかったので、その辺りが不安かな。
さすがに前回は再登板のキャストの方が多くて、舞台も安定、楽しめました。

あ、東宝版初演は演出の酷さが目立ってたか。四畳半セットと謎の青い聖歌隊と突然のスタンドマイクとか。
それと前回、前々回もロジャー役の方の歌唱力に難が…。代役の藤岡くんがダントツに上手かったからなぁ。
出来れば、ロジャーはめちゃめちゃ唄える人に演じて欲しい。
中村倫也くん、「ロッキーホラーショー」見る限りちょっと不安。

そんなネガティブな事を書いてますが、多分幕開いたらすぐに見に行ってると思います。
やはり大好きなのです、「RENT」。

そんな訳で当初行くつもりのなかった「ブロードウェイミュージカルライブ2012」に急遽行くことにしました。
「RENT」の曲あるしね!友人から聞いた曲情報が楽しみすぎるっ!CDも出るらしいぞ。

ミュージカル 『RENT』
シアタークリエ
2012年10月30日(火)~12月2日(日)
脚本・作曲・歌詞=ジョナサン・ラーソン 演出=マイケル・グライフ
公式HP

捕手星退場で野手星が捕手

何だこの早口言葉。元の記事はこちら。

【西武】捕手星退場で野手星が捕手

6-0で楽天リード→大雨→試合成立をアセる間に西武が追い上げる
→試合成立したら雨も弱まり、西武に逆転される
→楽天勝ち越すも西武の捕手がいなくなる→何とか楽天勝利

疲れました、本日の楽天-西武の試合。
馬鹿試合というか、ネタ試合というか。
ホセの三塁打とかすでに記憶の彼方に…。
8回の退場騒ぎの時は、もうはははと笑うしかない状態。

何とか勝って良かったです。

パ・リーグチャンネルより。
このプレーもナイス!嶋の演技とか解説聞いて初めて納得。奥が深いね。

襲名関連テレビ

NHK BSのプレミアムアーカイブスで、猿之助さん、亀治郎さん関連の番組が今月末にあるようです。
帰宅したら番組表を、きちんと確認してみます。

5/28(月)〜30(水)
プレミアムアーカイブス
スーパー歌舞伎「ヤマトタケル」の放映も有り!おおおお!

「渋谷亀博」感想

Dsc_3645襲名前だからか、どうしても亀治郎さんの話題が多くなってます。

旅に出てた為、行き損ねていた亀博に行きました。
かなり楽しいという噂でしたが、ホントに無茶苦茶楽しかったっ!

平日夜というのに、なかなかの賑わい。
着いたらすぐシアターの上演時間で、慌てて飛び込む。HPと時間全然違うし。
立派なシアターでの上映で驚いた。

四の切の舞台裏といった内容なのですが、四の切の仕掛けや苦労話、各役者さんのインタビュー等、無茶苦茶充実したドキュメンタリー。
この亀博だけの上映はもったいない!

寿猿さんが色々教えている場面で涙出てしまったよ…。
こうして芸は受け継がれていくのですね。

一本刀のお蔦さんの話も興味深かった。
中村芝翫さんにそっくりだというと、10年前に毎日見ていたからだという答え。
私も見ましたよ、猿之助さんと芝翫さんの『一本刀土俵入り』。
猿之助さんも芝翫さんも素晴らしかったよ…。

もうシアターだけ一日いてもいいです…。色々と感無量。

昔NHKだったと思うのですが、猿之助さんのスペシャル番組のような企画があって、やはり四の切の仕掛けの説明を細かくしたな、とか思い出しました。
衣装を引き抜く時の詳しい説明って、この番組だっけ?記憶が曖昧…。
間違っていたら済みません。

もちろん他の展示も素晴らしかったです。
四の切セットも堪能。

歌舞伎以外のお仕事の展示も充実。
緒方拳さんのお手紙や、龍馬伝のオファーが来て、じゃじゃ馬の稽古中で蜷川さんに相談した話とか、見るもの全て面白い。

惜しむらくは期間が短いこと。もう一回くらい行きたかったです。
仕事帰りなのでヒカリエ探索は断念。まぁこれから何度か青山劇場行くので、その帰りにでも。

何とかGW4勝4敗1分

GW9連戦、田中ラズナー抜きでとりあえず4勝4敗1分の5分。
あの先発ローテーションを考えると御の字なのだけど、勝てそうな試合を落としているのが残念。
永井はまだか、井坂はまだか。

日曜は何で嶋お休みだったのだろう?
捕手は激務だから、出来れば週イチで休んで欲しいが、何でだ?
横川、もうちょっと頑張ってくれ。当時広島にいたルイスからHRかっ飛ばした時から期待してるのだ。

明日からの西武戦も厳しそうだ…。

朝日新聞に亀治郎さんの記事

朝日新聞は普段は読んでないのですが、泊まっていたホテルの部屋に届けられたのは朝日新聞でした。

5/4の朝日新聞土曜別刷「be」に、市川亀治郎さんの記事有り。
天竺徳兵衛の写真がどーんと載っています。
内容もかなり充実していますが、何といっても注目なのは『オオクニヌシ』の話題。
梅原猛さんが、亀ちゃんのオオクニヌシに、香川くんのスサノオの構想中とか。
実現したら面白いでしょうね!

温泉から帰京

Dsc_3633

二泊三日で静岡へ。
のんびりしに行ったつもりでしたが、案外慌ただしい三日間でした。
行きの電車がかなり遅れて、到着までに疲れてしまったのが原因かも。

本日の朝、露天風呂から見た富士山が、信じられない程綺麗でした。
お風呂だったので写真が撮れず残念。

なので変わりにペンギンの写真。

帰りに小田原の駅ビルで、漬物やらハムやら買い込んで帰宅。
凄く美味しかった…。また行ったら買うぞ!

5月の観劇予定

Hana GWは観劇予定なし。
温泉行って、のんびり過ごします。
5月後半からは、いよいよ新感線の東京公演!
大阪で観劇した友人達には、なかなか評判良いみたいで楽しみです。

チケット確保済は以下の通り。

朗読活劇 レチタカルダ『義経』 
池上本門寺 本殿特設ステージ

音楽劇『Daydream イーシャン天国』笹塚ファクトリー

劇団☆新感線『シレンとラギ』 青山劇場

最近平日の観劇を控えているので、かなり本数減ってます。
とはいえ以下の2本をどこかで見る予定です。

『ハンドダウンキッチン』PARCO劇場
アマヤドリ『幸せはいつも小さくて東京はそれよりも大きい』STスポット

アマヤドリは「座・高円寺2012年プログラム説明会」で広田淳一さんのトークが良かったので。
横浜遠いから、挫折しそうですが。

写真は数日前に撮影した原種チューリップ。
この雨でついに駄目になってしまった…。

お練りの動画

お練り疲れが残っているのか、仕事に行っても疲労困憊。
年は取りたくないですね。
明日から温泉行って、癒されて来ます。

お練りニュースの動画発見!
http://news.tv-asahi.co.jp/ann/geinou/geinou_mov/contents/detail/0645/

PLAY PARK 2012 日本短編舞台フェス

PLAY PARK 2012 日本短編舞台フェス
CBGKシブゲキ!!

扉座・轟組
いいむろなおき
BABY-Q
かわせみ座
熊谷和徳

面白そうな試みだし、一回くらいは行こうと思ったが、なかなか日程が厳しい。
平日のPM7:30開演は仕事終わってから余裕で間に合うのでありがたいが、終演時間の事を考えると二の足踏む。

そんな訳で見たい団体を見送り、金曜日に行くことにした。
初・シブゲキ。案外客席と客席の間が狭いのに驚いた。
男の人とか真ん中の席だったら、通るの大変だろうな。
ロビーにペットボトルの自販機があるのは有り難い。

開演直前は客席がやや寂しかったが、段々と人も集まって来た。
ただこの手の規模のイベントの宿命なのか、関係者率が高い…。
大声で関係者間でのお話をされると、近くの一般観客は引きますよ。

終演後にはちゃんと各団体のアンコールもありましたが、結構残酷な結果になりますね。
明らかに拍手の数が違う。
この日拍手が多かったのは、いいむろなおきさん、熊谷和徳さん。
特に熊谷和徳さんのダンスチームは、最後に会場をむちゃくちゃ盛り上げてくれたこともあり、一番大きな拍手でした。

他の日はどうだったのでしょうね。
デス電所の日に行きたかったなぁ。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »